エントリー - ikeda

【日本マーケティング学会 研究報告会】地域とともに歩む健康経営の未来図

日本マーケティング学会の研究報告会が2024年3月にオンラインにて開催されました。神奈川大学経営学部の中見先生の司会進行のもと、第1部はIKIGAI WORKSの熊倉による「IKIGAI WORKSが考える健康経営・ワークエンゲーメント」の発表、第2部は「シリーズ:健康×マーケティング ピッチコンペティション2023」に参加した中見ゼミの学生による活動報告、第3部はパネルディスカッションが行われました。本記事では、この順番で研究報告会の内容を紹介していきます。

担当者の課題や手間をファンマーケティングで支援!

【シリーズ:健康×マーケティング ピッチコンペティション2023】⑤ 学生が見つけた「働く」ことの新たな価値〔アップコン〕

「健康×マーケティング ピッチコンペティション2023」(社会的健康戦略研究所主催)のIKIGAI WORKS部門にエントリーしてくれた神奈川大学・中見ゼミの学生たち。ピッチコンペに向けて、神奈川県川崎市に本社を置くIKIGAI企業・アップコンさんにインタビューを行いました。IKIGAI企業の社長との交流を通じて、学生たちが発見した「働く」ことの価値とその喜びとは? 

担当者の課題や手間をファンマーケティングで支援!

【シリーズ:健康×マーケティング ピッチコンペティション2023】② 学生たちの飛躍の夏、始まる!「マイモノサシづくり」と「IKIGAI企業へのインタビュー」

「健康×マーケティング ピッチコンペティション2023」の開催に向けて、専修大学、神奈川大学、九州産業大学、西南学院大学、大阪経済大学の5つチームがIKIGAI WORKSの課題にエントリーしてくれました。7月18日はオンラインにて、全体でのテーマ説明会を開催。その後、8月上旬にチームごとに中間オリエンテーションを実施。今回は、西南学院大学の学びのプロセスを紹介します。そして、8月21日は中間サポートとして、ゼミごとに中間報告を発表。一つひとつプログラムに取り組むごとに熱意をおび、成長していく学生たちの姿。IKIGAI WORKSのピッチコンペの課題の説明とともにお伝えします。

担当者の課題や手間をファンマーケティングで支援!

【シリーズ:健康×マーケティング ピッチコンペティション2023】③ IKIGAI企業の新時代を開く切り札に!学生たちのピッチコンペ最終報告会

IKIGAI WORKS初参加の「健康×マーケティング ピッチコンペティション2023」(社会的健康戦略研究所主催)。準備期間の短い中、「このチームはコンペまでたどりつけるのか」とヒヤヒヤする場面も何度かありました。しかし、各チームとも試行錯誤しながらも走り抜き、コンペでは予想をはるかに超える結果を出してくれました。大学生たちはこんなにも能力が高く、豊かな発想力を持っているのかと感動したピッチコンペ。参加大学である専修大学、神奈川大学、九州産業大学、西南学院大学、大阪経済大学のうち、今回は受賞した3チームのプレゼンテーションを紹介します。

担当者の課題や手間をファンマーケティングで支援!

【シリーズ:健康×マーケティング ピッチコンペティション2023】① 学生が「健康」と「ビジネス」の架け橋に!未来に新たな視点を築け 

社会的健康戦略研究所の主催で行われた「健康×マーケティング ピッチコンペティション2023」。アフターコロナという新たなパラダイムのなか、就職を見据えた大学生や大学講師陣、そして企業が連携し、マーケティングの視点で健康経営という企業課題の解決策を幅広く模索していく産学連携のプロジェクトです。2020年から始まり、今回が4回目となるピッチコンペティションに、IKIGAI WORKSも初めて参加させていただきました。

担当者の課題や手間をファンマーケティングで支援!

【シリーズ:IKIGAI経営と地域連携】地域の力で人財は磨かれ、社会の宝となる〔大橋運輸〕

地域と強い絆を築き、社会貢献を実現している大橋運輸。単に「物を運ぶ」運輸業を超え、地域課題の解決から社員の生きがいまで、地域密着型の活動を展開しています。鍋嶋社長の率直な話には、地域貢献が企業と社員をいかに成長させてくれるかが表されていました。地域とともに成長し、ともに問題を解決していく大橋運輸の歩みからは、ビジネスを超えたメッセージが、私たちの心に訴えかけてきます。

担当者の課題や手間をファンマーケティングで支援!

【シリーズ:健康経営と大学連携】大学生とIKIGAI企業経営者が一堂に会し、働きがい・生きがいについて考えるスタディツアー

2023年8月28日、IKIGAI企業(※1)と各大学の学生が集まって開かれたスタディツアー。学生は、普段から思っている働き方や会社選びについての考え、悩みをぶつけ、それに対し経営者が真摯に応えながら交流を深めていくという、これまでにない画期的なツアーとなりました。

担当者の課題や手間をファンマーケティングで支援!

【ホワイト企業オンライン座談会④】健康経営を推進するホワイト企業の新たな挑戦

健康経営の広場のシリーズ企画「大学生×ホワイト企業インタビュー」に登場の33社にお声かけをし、実施したオンライン座談会。4回にわけて開催された座談会の最終回となる今回は、大橋運輸様、ソフトウェアプロダクツ様、ボルテックスセイグン様、東陽電気工事様、シー・システム様、NSK様の6社、計7名が参加されました。

担当者の課題や手間をファンマーケティングで支援!

【パネルディスカッション】運輸業における健康経営のメリットについて

2022年4月20日に開かれた、ブライト500企業による人的資本経営の実例『運輸業における健康経営のメリットについて』。健康経営に力を入れ成果を出している3社のトップが集まり、今、聞いておきたい実践的な事例やノウハウなども含め、大変興味深いパネルディスカッションが展開されました。

担当者の課題や手間をファンマーケティングで支援!

【IKIGAI企業インタビュー】保険とは「お客さまの未来を笑顔にする道具」。社員の幸せから〝ハッピー〞の連鎖を紡ぐ(TIS株式会社)

TISは石川県金沢市に本社を置くブライト500企業。「関わる方々みんな〝ハッピー〞でありたい」という経営理念を掲げる総合保険代理店です。今回インタビューをした代表取締役と取締役はご夫婦。その経営理念には、社員の幸せがお客様の笑顔あふれる未来と地域社会の豊かさにつながっていくという、お二人の深くて温かな愛情が込められています。(インタビュアー:健康経営の広場 編集長/IKIGAI WORKS代表取締役  熊倉 利和)

担当者の課題や手間をファンマーケティングで支援!

【シリーズ:健康経営と大学連携】江島ゼミ生、最終報告会でプロジェクトの成果を発表し、高い評価を受ける(かちぞうゼミ2023 第4回)

大阪経済大学経営学部の江島由裕ゼミとタッグを組んで実施しているかちぞうゼミ(※1)のPBL活動(PBL:Problem Based Learning)。テーマは『学生とIKIGAI企業で創る新しい就活のカタチ』-学生とIKIGAI企業の交流&就活プラットフォームづくり- 。今回は半年間の活動の成果を発表する最終報告会の様子をお伝えします。

担当者の課題や手間をファンマーケティングで支援!

【ホワイト企業オンライン座談会③】

健康経営の広場のシリーズ企画「大学生×ホワイト企業インタビュー」に登場の33社にお声かけをし、実施したオンライン座談会。4回にわけて開催された座談会の3回目となる今回は、I-QUON様、サンヨー・シーワィピー様、HNS様、ネクストビジョン様、東京すずらん様、リライアンス・セキュリティー様の7社、計8名が参加されました。

担当者の課題や手間をファンマーケティングで支援!

【シリーズ:健康経営と大学連携】ホワイト企業へのインタビューを経験し、多くの学びを得る江島ゼミ生たち(かちぞうゼミ2023 第3回)

大阪経済大学経営学部の江島由裕ゼミとタッグを組んで実施しているかちぞうゼミ(※)のPBL活動(PBL:Problem Based Learning)。テーマは『学生とIKIGAI企業で創る新しい就活のカタチ』-学生とIKIGAI企業の交流&就活プラットフォームづくり- 。今回は江島ゼミ生たちがホワイト企業の経営者にインタビューを敢行。様々なことを学ぶとともに、その経営姿勢に深い感銘を受けたようです。

担当者の課題や手間をファンマーケティングで支援!

【ホワイト企業オンライン座談会②】「自分が〝喜ぶ〞ことを健康経営に!」 地道な声かけで社員を動かす

健康経営の広場のシリーズ企画「大学生×ホワイト企業インタビュー」に登場の33社にお声かけをし、実施したオンライン座談会。4回にわけて開催された座談会の2回目となる今回は、セクテック様、リップルネット様、エーオーエーアオバ様、伊豆義様、ワダカルシウム様の5社、計7名が参加されました。

担当者の課題や手間をファンマーケティングで支援!

【ホワイト企業オンライン座談会①】業界は違っても願いは共通。「いかに社員に健康であってもらうか」

健康経営の広場のシリーズ企画「大学生×ホワイト企業インタビュー」に登場の33社にお声かけをし、実施したオンライン座談会。4回にわけて開催された座談会の1回目となる今回は、山八商事様、日本介護サービス様、三幸土木様、ウエーブ様、ベイラインエクスプレス様の5社、計7名が参加されました。

担当者の課題や手間をファンマーケティングで支援!

シリーズ:【健康経営はじめました】従業員の健康こそが企業発展の礎。未来を見据えた健康経営の実践(大同硝子興業②)

大同硝子興業さんへのシリーズ2回目のインタビュー。前号は、若き4代目が自ら陣頭指揮を執り、健康経営をスタートさせたお話を中心にお届けしました。今回のインタビューは、健康経営優良法人認定の申請を終えたところで実施。認定に向けてどんなことを行って、従業員を巻き込んでいったのでしょうか。平均年齢が50歳という大同硝子興業さんの健康経営。社員の高齢化が進む会社ならではの取り組みもお聞きしていきます(インタビュアー:健康経営の広場 編集長/IKIGAI WORKS代表取締役  熊倉 利和)

担当者の課題や手間をファンマーケティングで支援!

シリーズ『健康経営はじめました』「健康」を軸に新たな時代を築く。若き4代目の挑戦(大同硝子興業①)

シリーズ『健康経営はじめました』の第2弾は大同硝子興業さん。若き4代目が自ら旗振り役となって、一歩一歩着実に健康経営を進めています。「工場で働く社員のケガなくしたい」「社員にいつまでも元気に働いてほしい」「心豊かに仕事をしてほしい」という社長の熱い思いを原動力に、健康経営優良法人認定に向けていよいよスタートします!(インタビュアー:健康経営の広場 編集長/IKIGAI WORKS代表取締役  熊倉 利和)

担当者の課題や手間をファンマーケティングで支援!

【シリーズ:健康経営と大学連携】江島ゼミ生、マイプロジェクトで働きがい、生きがいを見つめる。(かちぞうゼミ2023 第2回)

大阪経済大学経営学部の江島由裕ゼミとタッグを組んで実施しているかちぞうゼミ(※1)のPBL活動(PBL:Problem Based Learning)。テーマは『学生とIKIGAI企業で創る新しい就活のカタチ』-学生とIKIGAI企業の交流&就活プラットフォームづくり- 。今回は自分の働きがい・生きがいを知るために役立つマイプロシートの作成にゼミ生たちが挑みます。

担当者の課題や手間をファンマーケティングで支援!

【IKIGAI企業インタビュー】ウェルビーイングな街づくりを通じ、働きがい・生きがいを創造(加賀建設)

加賀建設は石川県金沢市に本社を置くブライト500認定企業。健康経営やウェルビーング経営をベースとしながら、コアビジネスである土木・建築、飲食や物販などの新規事業、地域貢献活動などを通じ金沢の活性化に力を入れています。(インタビュアー:健康経営の広場 編集長/IKIGAI WORKS代表取締役  熊倉 利和)

担当者の課題や手間をファンマーケティングで支援!

【シリーズ:健康経営と大学連携】大阪経済大学とのプロジェクトがスタート(かちぞうゼミ2023 第1回)

2022年はIKIGAI WORKSと関西学院大学の松本ゼミとで実施したかちぞうゼミ(※1)のPBL活動(PBL:Problem Based Learning)。2023年の今回は、大阪経済大学経営学部の江島由裕ゼミとタ […]

担当者の課題や手間をファンマーケティングで支援!

シリーズ『私の生きがい組織』(第九回)お客さまに感動と幸せを!警備業界に新風を吹き込むリライアンス・セキュリティー株式会社代表取締役 田中敏也

リライアンス・セキュリティー株式会社の社長、田中敏也さん。「警備のお兄ちゃん」から「お客さまと感動を共有できる存在」へと、警備員の地位向上に半生を捧げてきました。原動力となっているのは、お客さまも従業員も、出会った人みな […]

担当者の課題や手間をファンマーケティングで支援!

【シリーズ:ホワイト企業インタビュー】〔健康経営編〕徹底した社員教育と健康経営で、〝警備業界のテーマパーク〟を目指す(リライアンス・セキュリティー株式会社)

「警備業界のテーマパークを目指しています!」というユニークなキャッチコピーで、新卒採用を行ったリライアンス・セキュリティー株式会社。テーマパークのキャストのように、お客さまを感動させる警備を日々追求しています。それを可能としているのは、業界でも評判になるほど熱心な社員教育と従業員にとことん寄りそう健康経営。その独自の取り組みをお聞きしました(インタビュアー:健康経営の広場 編集長/IKIGAI WORKS代表 熊倉利和)

担当者の課題や手間をファンマーケティングで支援!

Vol.5 株式会社サンヨー・シーワィピー

株式会社サンヨー・シーワィピー (その他(印刷・同関連業))製版課サブリーダー 新谷 幸一 様 他 by 北島 創太 (東京経済大学) / 村瀬 奈采香(学習院大学)

他のインタビュー動画 (全33社)