「ホワイト500」認定企業:オムロン ヘルスケア株式会社 お取組み事例(後編)

「ホワイト500」認定企業:オムロン ヘルスケア株式会社 お取組み事例(後編)

2017年2月に、「健康経営優良法人〜ホワイト500〜」に認定された、オムロン ヘルスケア株式会社。健康経営プロジェクトを引っ張っている、人事総務部の大家 明子さんと山本 裕輔さんにお話を伺いました。 インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


前編はこちら

3.ホワイト500であり続けるための取り組み

─ 活動量計を使用したウォーキングやストレスチェック、それに週3日の定時退社日など、健康経営が社会的に始まる前からやられていますね。御社の取り組みを、ホワイト500が追いかけているようなイメージすらあります。

大家さん:健康経営の取組みに関しては、申請に必要な調査票に回答することで、棚卸しができたと思っています。チームをつくって現状を把握し、棚卸しのために健康白書をつくり、健康経営宣言を社内外に発信して……と、キックオフの機会になりました。

ホワイト500申請に必要な調査票。経済産業省のWebサイトより問い合わせの上入手可能。

─ 実際にホワイト500に認定されてからは、社内外で変化がありましたか?

大家さん:健康や健康経営に対する意識が、社内外ともに高まったと感じます。認定後、全社員の名刺にホワイト500のロゴを入れています。営業はもちろん、対外活動に活かすために、もっと健康経営について知識を深めたい、認定企業にふさわしい取り組みをもっと進めたいなど、ポジティブな声が多いです。社外からは取材や講演のお声がけも頂戴し、注目の大きさを感じています。

─ ホワイト500の認定取得において、なにか苦労なさったことはありましたか?

大家さん:従来から健康増進・管理を行なってきましたが、「健康経営」というフレームを得て改めて現状の棚卸しを行なうとともに、自社らしい取り組みについて喧々諤々の議論を長時間しました。プロジェクトにおいては、部門横断のメンバーが情報や知恵を持ち寄り、課題の明確化、施策の決定、実行に取り組んできました。効果検証については、なかなか短期間で成果が出るものではないので今も苦労していますが、長期視点で取り組んでいます。

─ ホワイト500に認定された企業として、これからどのようなことに力を入れたいか教えてください。

山本さん:弊社は、「脳・心疾患の発症ゼロ(ゼロイベント)」「自分で測り自分で創る健康社会」を目指しています。そこで、社内で「高血圧アンコントロールゼロ」というプロジェクトを立ち上げました。全社員に血圧計を配布し、毎日朝晩測定してもらうというもの。我々が世の中に推奨していることを、まず社員が当然のように習慣づける。目指すところは、全社員が家庭血圧の基準値135mmHg/85mmHg以下になることです。

─ これは健康保険組合でもやりたい取り組みですね。

山本さん:ゼロイベントに向けて、まず我々が実践する。そのノウハウをサービスに活かし、世の中に広げていく。そうすることでゼロイベントが実現できると考えています。

4.これからホワイト500を目指す企業にアドバイス

─ ホワイト500の調査票の14項目のうち、11項目をクリアするために何か始めなければ……と考えている企業も多いです。これからホワイト500を目指すという企業にアドバイスをお願いします。

山本さん:まずは自分の会社の現状を把握することからですね。

大家さん:そうですね、現状を把握するためにも、調査票に回答するのがおすすめです。どこができてないのか、何をしなければならないのかが明確になるので、そこにまずは注力してみよう、と。どうやったら認定されるかという相談も実際にいただくんですが、やはり調査票に回答してみるところから、とお伝えしています。会社の体力テストみたいな感覚です。

─ 勉強になりました、本日はありがとうございました。

大家さんと山本さん。ホワイト500の認定証とともに。

前編はこちら

企業データ

会社名:オムロン ヘルスケア株式会社(OMRON HEALTHCARE Co., Ltd.)
事業内容:家庭用・医療用健康機器の開発・販売、健康管理ソフトウェアの開発・販売、健康増進サービス事業の展開など
所在地:〒617-0002 京都府向日市寺戸町九ノ坪53番地
資本金:50億円
従業員数:約680名

取材・講演の依頼はこちら

関連するキーワード


健康経営 事例 ホワイト500

関連する投稿


~厚生労働省主催~データヘルス・予防サービス見本市2018開催迫る

~厚生労働省主催~データヘルス・予防サービス見本市2018開催迫る

今年で4回目を迎える厚労省主催の「データヘルス・予防サービス見本市2018」。「健康経営」および「データヘルス」の展示会で国内最大級の規模を誇るこのイベントは、今年2018年は東京と大阪の2都市で開催。事前登録を行った方のみお越しいただける「完全予約制」の大変貴重なイベントとなっています。私達、株式会社セルメスタも東京会場にてセミナーを行う予定です。日本全国の様々な企業や組織で取り組まれている、健康経営やデータヘルスにまつわる「最新事例」を数多く学べるこのチャンスを是非お見逃し無く!


たった2分でストレス減少!生産性・創造力も向上させる瞑想のススメ

たった2分でストレス減少!生産性・創造力も向上させる瞑想のススメ

弊社セルメスタでは今回、米国グーグルなどのIT企業でも導入されていることで話題の「マインドフルネス」第2弾として、「NLP~神経言語プログラミングと瞑想のススメ」を実施いたしました。NLPとは人間が持つ「五感」から、その人の特徴を把握してコミュニケーションに活用します。さらにその五感を使った瞑想を行い、ストレス減少、そしてリラックスして生産性や創造力を高めることを目標としています。身体的な疲労に対して軽視されやすい「心の健康を保つこと」は、これから健康経営を進め、そして健康経営優良法人を目指す企業には欠かせない分野です。セミナー前後で行ったストレスチェックで驚きの結果も出た、今回のセミナーをみていきましょう。


小さなことからコツコツと:森平舞台機構株式会社の健康経営

小さなことからコツコツと:森平舞台機構株式会社の健康経営

2018年2月に経済産業省/日本健康会議が共同で行う「健康経営優良法人(中小規模法人部門)」に2年連続で認定された森平舞台機構株式会社。同年3月には健康企業宣言東京推進協議会が行う「健康企業宣言」における「金の認定」に東京都初となる認定番号『協金第1号』としても認定されている。同社は契約産業医と密に連携しながら健康経営を推進していらっしゃいました。森平舞台機構株式会社の健康経営について、森社長と、企業内の健康経営を推し進めている経営管理部の方々にお話を伺いました。 インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉利和


社長の社員への愛情が健康経営の原点:株式会社東京すずらん

社長の社員への愛情が健康経営の原点:株式会社東京すずらん

「健康経営優良法人(中小企業部門)」に認定された、株式会社東京すずらん。中小企業ならではの取り組み事例や社内外の反応効果などを代表取締役の石川啓夫さんと総務部長の池ノ谷幸枝さんにお伺いしました。お取組み事例の背景には、社長の社員に対する深い愛情があり、その愛情をひとつひとつ形にしてまとめたものが東京すずらんの健康経営でした。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


[メンタルヘルス対策としてのマインドフルネス実践セミナー]動画紹介

[メンタルヘルス対策としてのマインドフルネス実践セミナー]動画紹介

健康経営、メンタルヘルス対策として、社員向けマインドフルネスセミナーが開催されました。このセミナーは健康経営優良法人認定やストレスチェックの対策の実践事例という位置づけで構成されています。これらの対策としてのマインドフルネスセミナーの様子を動画でご覧ください。


最新の投稿


~厚生労働省主催~データヘルス・予防サービス見本市2018開催迫る

~厚生労働省主催~データヘルス・予防サービス見本市2018開催迫る

今年で4回目を迎える厚労省主催の「データヘルス・予防サービス見本市2018」。「健康経営」および「データヘルス」の展示会で国内最大級の規模を誇るこのイベントは、今年2018年は東京と大阪の2都市で開催。事前登録を行った方のみお越しいただける「完全予約制」の大変貴重なイベントとなっています。私達、株式会社セルメスタも東京会場にてセミナーを行う予定です。日本全国の様々な企業や組織で取り組まれている、健康経営やデータヘルスにまつわる「最新事例」を数多く学べるこのチャンスを是非お見逃し無く!


たった2分でストレス減少!生産性・創造力も向上させる瞑想のススメ

たった2分でストレス減少!生産性・創造力も向上させる瞑想のススメ

弊社セルメスタでは今回、米国グーグルなどのIT企業でも導入されていることで話題の「マインドフルネス」第2弾として、「NLP~神経言語プログラミングと瞑想のススメ」を実施いたしました。NLPとは人間が持つ「五感」から、その人の特徴を把握してコミュニケーションに活用します。さらにその五感を使った瞑想を行い、ストレス減少、そしてリラックスして生産性や創造力を高めることを目標としています。身体的な疲労に対して軽視されやすい「心の健康を保つこと」は、これから健康経営を進め、そして健康経営優良法人を目指す企業には欠かせない分野です。セミナー前後で行ったストレスチェックで驚きの結果も出た、今回のセミナーをみていきましょう。


小さなことからコツコツと:森平舞台機構株式会社の健康経営

小さなことからコツコツと:森平舞台機構株式会社の健康経営

2018年2月に経済産業省/日本健康会議が共同で行う「健康経営優良法人(中小規模法人部門)」に2年連続で認定された森平舞台機構株式会社。同年3月には健康企業宣言東京推進協議会が行う「健康企業宣言」における「金の認定」に東京都初となる認定番号『協金第1号』としても認定されている。同社は契約産業医と密に連携しながら健康経営を推進していらっしゃいました。森平舞台機構株式会社の健康経営について、森社長と、企業内の健康経営を推し進めている経営管理部の方々にお話を伺いました。 インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉利和


社長の社員への愛情が健康経営の原点:株式会社東京すずらん

社長の社員への愛情が健康経営の原点:株式会社東京すずらん

「健康経営優良法人(中小企業部門)」に認定された、株式会社東京すずらん。中小企業ならではの取り組み事例や社内外の反応効果などを代表取締役の石川啓夫さんと総務部長の池ノ谷幸枝さんにお伺いしました。お取組み事例の背景には、社長の社員に対する深い愛情があり、その愛情をひとつひとつ形にしてまとめたものが東京すずらんの健康経営でした。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


[メンタルヘルス対策としてのマインドフルネス実践セミナー]動画紹介

[メンタルヘルス対策としてのマインドフルネス実践セミナー]動画紹介

健康経営、メンタルヘルス対策として、社員向けマインドフルネスセミナーが開催されました。このセミナーは健康経営優良法人認定やストレスチェックの対策の実践事例という位置づけで構成されています。これらの対策としてのマインドフルネスセミナーの様子を動画でご覧ください。