健康経営の取組み事例:オリンパス株式会社(前編)

健康経営の取組み事例:オリンパス株式会社(前編)

2017年2月に、「健康経営優良法人〜ホワイト500〜」に認定された、オリンパス株式会社。人事部 健康・安全衛生グループ 健康支援チームの大橋 宏樹さんにお話を伺いました。 インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


中編はこちら

1.ホワイト500申請の経緯

─ 御社の考える優良な健康管理について、またホワイト500に申請されることになったきっかけや経緯などを教えてください。

大橋 宏樹さん(以下、大橋さん):わたしは健康支援チームに入ってまだ4年ですが、それより前から健康管理に関する取り組みは行われていました。自社の健康管理の取り組みが、世間水準と比較してどのくらいのレベルなのか、改善項目はなにかを把握する機会と捉え、ホワイト500に申請しました。

─ 以前から取り組まれていたとのことですが、始まりからの歴史や健康管理において、御社の特徴はどういったところでしょうか。

大橋さん:1998年に本社の人事内に「健康管理センター」ができて、健康管理や安全衛生の領域を統括し始めたのがキッカケです。現在は専属の産業医が7名、看護師が全体で25、6名いて、各事業所に常勤してもらっています。わたしは人事部の所属ですが、オリンパス健康保険組合を兼務しています。健康増進の取り組みは健保主導ではなかなか進まないので、会社側のレポートラインも活用しています。会社と健保が健康管理の取り組みに関して、一緒に動いているということがオリンパスの特徴だと思います。

─ ホワイト500に申請するにあたり、なにか紆余曲折などはありましたか。

大橋さん:最初にホワイト500の存在を知ったときは、私個人はそんなに積極的に申請しようとは考えていませんでした。人事や健保がいくら旗振りをしても、従業員がついてこなければ意味がないですからね。

─ そうだったんですね。それでも自社の健康管理のレベルを見定めるために申請に踏み切ったと。

大橋さん:はい。世間と比較してオリンパスがどの位置にいるのかなどフィードバックももらえるので。実際申請してみて、世間のホワイト500や健康経営銘柄に対する注目度の高さも実感しましたし、ほかの企業がどのように取り組んでいるのかもわかったので、乗り遅れないでよかったと思っています。

2.ホワイト500認定後、社内外の反応は

─ ホワイト500に認定されてから、社内外の様子に変化はありましたか。

大橋さん:社内はそこまで大きな反応はありませんでした。逆に社外から「ホワイト500とったんですね」といった声をいただくことが多いです。実は昨年「がん患者の治療と仕事の両立への優良な取組を行う企業表彰」で東京都から奨励賞をいただきまして、セミナーなどでの事例紹介のお話もいただくようになってきました。今回ホワイト500を取得し、わたくしどもの取り組みが少しずつ認知されてきているように感じます。

─ ホワイト500につながるような賞ですね。具体的には、会社の健診メニューが充実しているなどが評価ポイントだったのでしょうか。

大橋さん:はい。がん検診は力を入れて実施してきていますが、就労支援という観点では、産業医を中心に関係者と協力しながら、復職支援にあたっています。復職後、通院が続く場合などは、勤務地変更を検討したり、体調に配慮した業務を考えたりするなど、そんなに特別なことをやっている意識はありませんが、結果的に就労支援につながっていると思います。

─ 先ほどセミナーなどで事例紹介をされたとおっしゃっていましたが、具体的にどんなアドバイスをされているのですか。

大橋さん:一気に仕組みを整備することはなかなか難しく、時間も要するので、ある程度できるところから動かしていくことが大切、とお伝えしています。中小企業ですと代替要員がいないという問題もありますから。幅広い議論が必要だと思います。

─ がんで代替要員が必要になる、といった事態が想定できず、準備が間に合っていない企業は本当に多いですね。

大橋さん:その点、オリンパスは事業として医療に携わっていることも背景にあって、従業員の病気、特にがんに対する知識と理解が比較的進んでいると思います。がんは早期発見・早期治療すれば職場復帰もできる病気であることへの理解が、就労支援につながっているのかもしれません。

中編はこちら

企業データ

会社名:オリンパス株式会社(Olympus Corporation)
事業内容:精密機械器具の製造販売
所在地:〒163-0914 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス
資本金:1,245億円
連結従業員数:約35,000人

取材・講演の依頼はこちら

関連するキーワード


健康経営 事例 ホワイト500

関連する投稿


健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第4回)

健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第4回)

2018年9月、健康経営の名づけ親:特定非営利活動活動法人健康経営研究会と大塚製薬の共催による「健康経営実践セミナー2018」が43会場で盛大に開催され、健康経営における現在の取組み状況、企業のこれからの課題、さらに実際に企業内で行なわれている取組み事例紹介を軸として4つの講演が開催されました。健康経営の広場では、このセミナーの4つの講演内容をご紹介してまいります。4つ目の講演は、全日本空輸株式会社人材戦略室労政部厚生チームリーダー・佐藤成俊氏、キャノン株式会社安全衛生部副部長の矢内美雪氏の2名が登壇し、それぞれの企業の健康経営の取り組みについての説明が行われました。


働き方改革で時間外勤務は8時間以下!三共精機株式会社の健康経営

働き方改革で時間外勤務は8時間以下!三共精機株式会社の健康経営

社内の仕組みを上手に管理して、時間外勤務時間が月平均8時間以内という三共精機株式会社。社長の石川 武さんが経営理念に込めた『想い』が、まさに形になった健康経営の取り組みとなっています。そんな三共精機株式会社の具体的な施策や、取り組みを詳しくお聞きしてきました。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第3回)

健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第3回)

2018年9月、健康経営の名づけ親:特定非営利活動活動法人健康経営研究会と大塚製薬の共催による「健康経営実践セミナー2018」が43会場で盛大に開催され、健康経営における現在の取組み状況、企業のこれからの課題、さらに実際に企業内で行なわれている取組み事例紹介を軸として4つの講演が開催されました。健康経営の広場では、このセミナーの4つの講演内容をご紹介してまいります。3つ目の講演は、経済産業省ヘルスケア産業課・紺野春菜氏が登壇し、日本の健康経営の浸透度合いについて、具体的な数値をもってご紹介いただきました。


データヘルス見本市 主催者セミナー:健康経営の新しいカタチ「ウェルビーイング経営」とは

データヘルス見本市 主催者セミナー:健康経営の新しいカタチ「ウェルビーイング経営」とは

スグに満員になってしまったデータヘルス見本市の主催者セミナー。健康経営や健康スコアリング、特定保険指導などについてのセミナーが開催されました。 「ウェルビーイング経営」は、健康経営のさらに進化したスタイルであるという新しい提案や研究を行っている、武蔵大学経済学部経済学科・森永雄太氏が登壇しました。 ウェルビーイング経営は今後のトレンドとなる可能性もあることから、聴き逃すことのできない内容のセミナーとなりました。


健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第2回)

健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第2回)

2018年9月、健康経営の名づけ親:特定非営利活動活動法人健康経営研究会と大塚製薬の共催による「健康経営実践セミナー2018」が43会場で盛大に開催され、健康経営における現在の取組み状況、企業のこれからの課題、さらに実際に企業内で行なわれている取組み事例紹介を軸として4つの講演が開催されました。健康経営の広場では、このセミナーの4つの講演内容をご紹介してまいります。 企業の労働者が置かれている現状、問題点はいったいどのようになっているのでしょうか?第2回目は良い睡眠のためのスキルやそのポイントについて、北里大学大学院医療系研究課産業精神保健学・教授の田中克俊氏の講演内容のご紹介です。


最新の投稿


データヘルス見本市2018 主催者セミナー:健康スコアリングの活用とコラボヘルス推進方法のすべて

データヘルス見本市2018 主催者セミナー:健康スコアリングの活用とコラボヘルス推進方法のすべて

2018年10月に大阪で開催された「データヘルス・予防サービス見本市2018」では、健康経営や健康スコアリング、特定保健指導などについてのセミナーが開催されました。健康スコアリングによる「見える化」についてのセミナーは、「健康寿命」という著書を20年前に出版したことで有名な東北大学大学院医学系研究科教授・辻一郎氏が登壇しました。いま非常に注目が集まっている健康スコアリングについての本格的なセミナーということで会場は熱気に包まれました。


健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第4回)

健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第4回)

2018年9月、健康経営の名づけ親:特定非営利活動活動法人健康経営研究会と大塚製薬の共催による「健康経営実践セミナー2018」が43会場で盛大に開催され、健康経営における現在の取組み状況、企業のこれからの課題、さらに実際に企業内で行なわれている取組み事例紹介を軸として4つの講演が開催されました。健康経営の広場では、このセミナーの4つの講演内容をご紹介してまいります。4つ目の講演は、全日本空輸株式会社人材戦略室労政部厚生チームリーダー・佐藤成俊氏、キャノン株式会社安全衛生部副部長の矢内美雪氏の2名が登壇し、それぞれの企業の健康経営の取り組みについての説明が行われました。


データヘルス見本市講演:お薬手帳によるジェネリック切替健保様事例

データヘルス見本市講演:お薬手帳によるジェネリック切替健保様事例

11月20日に文京区プリズムホールで行われたデータヘルス・予防サービス見本市2018。その中で一際盛り上がりを見せた出展者セミナーの様子をご紹介します。登壇者は、健保設立以来15年ほど常務理事として在任されていて保健事業に大変造詣の深い、ひかり健康保険組合常務理事の太田幸生氏、株式会社ヘルスケアマーケティングでジェネリックの担当、及び健康ポータルサイト「健やか」の開発責任者である小林剛氏、司会進行は株式会社セルメスタ代表 熊倉利和です。


働き方改革で時間外勤務は8時間以下!三共精機株式会社の健康経営

働き方改革で時間外勤務は8時間以下!三共精機株式会社の健康経営

社内の仕組みを上手に管理して、時間外勤務時間が月平均8時間以内という三共精機株式会社。社長の石川 武さんが経営理念に込めた『想い』が、まさに形になった健康経営の取り組みとなっています。そんな三共精機株式会社の具体的な施策や、取り組みを詳しくお聞きしてきました。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


問合せ殺到!ひかり健保の電子お薬手帳と健康ポイントによる後発医薬品使用の促進

問合せ殺到!ひかり健保の電子お薬手帳と健康ポイントによる後発医薬品使用の促進

11月20日のデータヘルス見本市2018東京会場で開催された「ひかり健康保険組合の後発医薬品の使用促進 事例紹介」のセミナー。後発医薬品への使用促進は健康保険組合にとって定番の保健事業ですが、ひかり健康保険組合の取組みはこれまでに無いまったく新しい取組みがスタートしています。 そこに至る背景とまったく新しい電子お薬手帳や健康ポイントによる後発医薬品の使用促進の概要について講演しました。講演終了後はひかり健康保険組合と同様の問題を抱えている健康保険組合からのお問合せが殺到しております。 この記事はデータヘルス見本市でのひかり健康保険組合の講演内容をダイジェストにした紹介動画になります。