健康経営の取組み事例:オリンパス株式会社(前編)

健康経営の取組み事例:オリンパス株式会社(前編)

2017年2月に、「健康経営優良法人〜ホワイト500〜」に認定された、オリンパス株式会社。人事部 健康・安全衛生グループ 健康支援チームの大橋 宏樹さんにお話を伺いました。 インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


中編はこちら

1.ホワイト500申請の経緯

─ 御社の考える優良な健康管理について、またホワイト500に申請されることになったきっかけや経緯などを教えてください。

大橋 宏樹さん(以下、大橋さん):わたしは健康支援チームに入ってまだ4年ですが、それより前から健康管理に関する取り組みは行われていました。自社の健康管理の取り組みが、世間水準と比較してどのくらいのレベルなのか、改善項目はなにかを把握する機会と捉え、ホワイト500に申請しました。

─ 以前から取り組まれていたとのことですが、始まりからの歴史や健康管理において、御社の特徴はどういったところでしょうか。

大橋さん:1998年に本社の人事内に「健康管理センター」ができて、健康管理や安全衛生の領域を統括し始めたのがキッカケです。現在は専属の産業医が7名、看護師が全体で25、6名いて、各事業所に常勤してもらっています。わたしは人事部の所属ですが、オリンパス健康保険組合を兼務しています。健康増進の取り組みは健保主導ではなかなか進まないので、会社側のレポートラインも活用しています。会社と健保が健康管理の取り組みに関して、一緒に動いているということがオリンパスの特徴だと思います。

─ ホワイト500に申請するにあたり、なにか紆余曲折などはありましたか。

大橋さん:最初にホワイト500の存在を知ったときは、私個人はそんなに積極的に申請しようとは考えていませんでした。人事や健保がいくら旗振りをしても、従業員がついてこなければ意味がないですからね。

─ そうだったんですね。それでも自社の健康管理のレベルを見定めるために申請に踏み切ったと。

大橋さん:はい。世間と比較してオリンパスがどの位置にいるのかなどフィードバックももらえるので。実際申請してみて、世間のホワイト500や健康経営銘柄に対する注目度の高さも実感しましたし、ほかの企業がどのように取り組んでいるのかもわかったので、乗り遅れないでよかったと思っています。

2.ホワイト500認定後、社内外の反応は

─ ホワイト500に認定されてから、社内外の様子に変化はありましたか。

大橋さん:社内はそこまで大きな反応はありませんでした。逆に社外から「ホワイト500とったんですね」といった声をいただくことが多いです。実は昨年「がん患者の治療と仕事の両立への優良な取組を行う企業表彰」で東京都から奨励賞をいただきまして、セミナーなどでの事例紹介のお話もいただくようになってきました。今回ホワイト500を取得し、わたくしどもの取り組みが少しずつ認知されてきているように感じます。

─ ホワイト500につながるような賞ですね。具体的には、会社の健診メニューが充実しているなどが評価ポイントだったのでしょうか。

大橋さん:はい。がん検診は力を入れて実施してきていますが、就労支援という観点では、産業医を中心に関係者と協力しながら、復職支援にあたっています。復職後、通院が続く場合などは、勤務地変更を検討したり、体調に配慮した業務を考えたりするなど、そんなに特別なことをやっている意識はありませんが、結果的に就労支援につながっていると思います。

─ 先ほどセミナーなどで事例紹介をされたとおっしゃっていましたが、具体的にどんなアドバイスをされているのですか。

大橋さん:一気に仕組みを整備することはなかなか難しく、時間も要するので、ある程度できるところから動かしていくことが大切、とお伝えしています。中小企業ですと代替要員がいないという問題もありますから。幅広い議論が必要だと思います。

─ がんで代替要員が必要になる、といった事態が想定できず、準備が間に合っていない企業は本当に多いですね。

大橋さん:その点、オリンパスは事業として医療に携わっていることも背景にあって、従業員の病気、特にがんに対する知識と理解が比較的進んでいると思います。がんは早期発見・早期治療すれば職場復帰もできる病気であることへの理解が、就労支援につながっているのかもしれません。

中編はこちら

企業データ

会社名:オリンパス株式会社(Olympus Corporation)
事業内容:精密機械器具の製造販売
所在地:〒163-0914 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス
資本金:1,245億円
連結従業員数:約35,000人

取材・講演の依頼はこちら

関連するキーワード


健康経営 事例 ホワイト500

関連する投稿


ウェルビーイング経営とは?健康で幸せな働き方をするためのポイント

ウェルビーイング経営とは?健康で幸せな働き方をするためのポイント

2019年12月4日(水)、ベルサール神田にて開催された「健康経営フォーラム2019 in東京」。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科、研究科委員長・教授である前野隆司氏が登壇され、「幸福経営学」について語りました。働き方改革が進む中、より一層重要度の増すウェルビーイング経営に関して、詳しく学ぶことができました。


健康経営のその先へ。人と組織を活性化し、社会の「しあわせ」を創る丸井グループのウェルネス経営

健康経営のその先へ。人と組織を活性化し、社会の「しあわせ」を創る丸井グループのウェルネス経営

丸井グループが取り組んでいる「ウェルネス経営」は、人と組織、社会を活性化させ、すべてのステークホルダーの「しあわせ」を実現するというもの。その中核として推進してきたのが産業医の小島玲子先生(丸井グループ専属産業医 執行役員健康推進部長)。健康経営を社員の単なる健康管理ではなく、企業や社会に利益をもたらす経営戦略として捉え、企業風土をも変革していきました。(インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和)


まさにお手本!ビックカメラの健康経営の進め方

まさにお手本!ビックカメラの健康経営の進め方

コジマ、ソフマップというグループ企業を合わせると、約14,000もの従業員がいるビックカメラ 。そんな大企業が、いかに健康経営を推し進めていったのでしょうか。まず誰かがやりたい と声をあげ、専門家や社内各部署の協力を仰ぎながら進めていく姿は、まさに健康経営推 進の理想型。今回は推進の中核を担った『いきいき働く推進チーム』のリーダーを務める 根本さんにお聞きしました。(インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和)


大塚製薬2019年健康経営実践セミナー 事例紹介編

大塚製薬2019年健康経営実践セミナー 事例紹介編

2019年10月10日(水)、ライブオン形式(都内のスタジオから生中継)で全国48会場を結び、約800名が参加して行われた健康経営®︎実践セミナー。事例発表として登場したのが、株式会社井上蒲鉾店 代表取締役の牧田知江子氏と『セイムス』を始め、ドラッグストアを1337店展開する株式会社富士薬品。前者は、食を扱う老舗としてのモノづくりのこだわり、中小企業の健康経営で大切なことなどについて。後者は管理栄養士のマネジメントや店舗での相談会などを担当する鎌田梨菜氏が、『ドラッグストアの地域貢献 〜働く人の健康づくり〜』というテーマで事例を発表してくれました。


シリーズ『私の生きがい組織』(第二回) 仕事が生きがいになる時、強い会社が生まれる

シリーズ『私の生きがい組織』(第二回) 仕事が生きがいになる時、強い会社が生まれる

赤字が続く中、会社の経営を引き継いだ大橋運輸株式会社 代表取締役 鍋嶋洋行氏。業界の競争も激化する中、事業方針を大きく転換。規模ではなく、付加価値の高い仕事に注力。社員の働きがいと利益率を重視しながら、会社の立て直しに成功。地域貢献にも力を入れ、地元になくてはならない会社となるとともに、国内外から求人応募が届くなど、今、熱い視線が向けられています。(インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表取締役社長 熊倉利和)


最新の投稿


ウェルビーイング経営とは?健康で幸せな働き方をするためのポイント

ウェルビーイング経営とは?健康で幸せな働き方をするためのポイント

2019年12月4日(水)、ベルサール神田にて開催された「健康経営フォーラム2019 in東京」。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科、研究科委員長・教授である前野隆司氏が登壇され、「幸福経営学」について語りました。働き方改革が進む中、より一層重要度の増すウェルビーイング経営に関して、詳しく学ぶことができました。


【講演&ディスカッション】健康づくりの未来 ~2040年に向けた挑戦~

【講演&ディスカッション】健康づくりの未来 ~2040年に向けた挑戦~

2019年11月26〜27日にプリズムホール(東京都文京区)で開催された『データヘルス・予防サービス見本市2019』。津下一代氏(あいち健康の森健康科学総合センターセンター長)がコーディネーターとなって開かれた講演&ディスカッションでは、経済産業省、スポーツ庁、厚生労働省の課長というまさに最前線で日本の課題に取り組む人たちによる大変示唆に富むお話が聞けました。


【講演】社会課題で“熱狂”をうむ方法 ~注文をまちがえる料理 店のつくりかた~

【講演】社会課題で“熱狂”をうむ方法 ~注文をまちがえる料理 店のつくりかた~

2019年11月26〜27日にプリズムホール(東京都文京区)で開催された『データヘルス・予防サービス見本市2019』。小国士朗氏(『注文をまちがえる料理店』発起人)の講演テーマは、『社会課題で“熱狂”をうむ方法 ~注文をまちがえる料理店のつくりかた~』。認知症の方々が働くレストランを開いた理由、そして、そこから感じ取ったことについて話してくれました。


【講演】“暮せば健康になるまち”松本の実現へ

【講演】“暮せば健康になるまち”松本の実現へ

2019年11月26〜27日にプリズムホール(東京都文京区)で開催された『データヘルス・予防サービス見本市2019』。小林浩之氏(松本市商工観光部健康産業・企業立地担当部長)の講演のテーマは、「“暮せば健康になるまち”松本の実現へ」。長野県松本市の様々な取り組みについて話してくれました。


【講演】健康経営における食生活改善の推進

【講演】健康経営における食生活改善の推進

2019年11月26〜27日にプリズムホール(東京都文京区)で開催された『データヘルス・予防サービス見本市2019』。武見ゆかり先生(女子栄養大学・大学院教授〔食生態学研究室〕)の講演テーマは、『健康経営における食生活改善の推進』。健康寿命を延ばすための食事や、その食事を提供していくための環境づくりについて話してくれました。