健康経営の取組み事例:オムロン ヘルスケア株式会社(前編)

健康経営の取組み事例:オムロン ヘルスケア株式会社(前編)

2017年2月に、「健康経営優良法人〜ホワイト500〜」に認定された、オムロン ヘルスケア株式会社。健康経営プロジェクトを引っ張っている、人事総務部の大家 明子さんと山本 裕輔さんにお話を伺いました。 インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


後編はこちら

1. ホワイト500申請の経緯

─ 御社の考える優良な健康経営について、またホワイト500に申請されることになったきっかけや経緯などを教えてください。

大家 明子さん(以下、大家さん):そもそもオムロン ヘルスケア株式会社は、「地球上の一人ひとりの健康ですこやかな生活への貢献」を掲げ、みなさまに健康をお届けする会社です。みなさまに健康になっていただくには、まず自分たちが健康であることが大切。入社したときからそのような風土のなかで働いてきましたので、自然と社員全員が健康であることを意識するようになっています。心身の健康維持・促進や、元気でいきいきと働くことができる環境づくりが、健康経営に必要だと考えています。

“われわれの働きで われわれの生活を向上し よりよい社会をつくりましょう”(社憲)

─ 健康経営という言葉が認知されてきたのは、ここ数年のこと。御社の社長は、健康経営やホワイト500という言葉を聞いたとき、どんな反応をされましたか?

山本 裕輔さん(以下、山本さん):会社自体が健康になるよう努力していますので、オムロングループのなかでも非常に理解が早く、健康経営宣言も早い段階で出しました。

2.ホワイト500認定に役立つ、健康経営の施策

─ それでは実際、御社が注力している健康経営の施策や、御社ならではの特徴的な施策などを教えてください。

大家さん:まずひとつめは、「オムウォーク」という、職場対抗のウォーキングイベントです。健康習慣を身につけるために、みんなでモチベーションを高めようと、社員・派遣社員に活動量計を配布し、毎年5〜6ヶ月ほどかけて行なっています。日々の活動量・歩数やランキングなどは、社員専用のWebサイトで閲覧できます。実名で表記されるので、職場の話題にもなりますし、コミュニケーション活性化にも役立っています。上位の職場には賞品を贈呈したり、インタビュー記事を紹介したりしています。

社員全員が所持している活動量計

─ すでに9年間実施されているそうですが、参加率が毎年80%を超えているというのは本当にすごいですね。

山本さん:ちなみに昨年は参加率98%でした。

大家さん:会社全体で習慣となっているので、毎年継続できています。

─ 健康保険組合さんにこのようなイベントを提案しても、こんな高い参加率にはならないので驚きました。どうやって参加率を上げているのかと思っていましたが、そもそも健康に対する感度が違うんですね。

山本さん:若手がけっこう盛り上げてくれるんですよ。先輩、上司をグッと引っ張っています。

─ 実名でランキングが表示されるとなると、上位の方はまだしも、下位の方にプレッシャーがかかるということはないのでしょうか。

大家さん:当初は、ニックネーム制でした。実名に変えたときは反発があるかと思いましたが、杞憂に終わりました。問題なく実行できています。

職場対抗「オムウォーク」の様子

─ ほかに注力している施策はありますでしょうか。

大家さん:ストレスチェックを起点とした組織活性化活動を行なっています。部・課単位の組織診断も4年位行なっていて、部門長への結果説明とヒアリングを行い、組織改善の方向性を一緒に考えています。これはとても難易度が高く、部門と協力しながら進めています。

─ 高ストレス判定が出て医師の面談を希望された方、またはそれ以外でもフォローを希望される方はいらっしゃいますか?

大家さん:多くはないですがいらっしゃいます。毎月開催している産業保健スタッフ会議で、どのようにフォローするかを話し合っています。基本は、face to faceで話すことです。個室で話してもいいですし、廊下で会った時に声をかけてもいい。「様子はどうかな」「顔色はどうかな」というのを看護職がチェックするようにしています。

─ 高ストレス判定が出ても、いきなり医者にかかるのは気が引ける……という方も多いと思います。その点、看護職の方にならライトな気持ちで相談しやすい。ちなみに、一部の職場では全員参加のワークショップもあるようですが。

山本さん:ワークショップを行なった部門は、前年よりストレスチェックの結果もよくなっています。本音で語る部分がメインのワークショップなので、お互い何を考えているのかなどがよくわかります。普段仕事をしていると、そういう機会は少ないですからね。─ ワークショップを離れて、普段の仕事にもうまく活かされていくのでしょうか。

山本さん:ワークショップのなかで、働きやすい職場づくりのために自分たちで何をしていくか決めます。実際に、職場のホワイトボードにそれぞれの仕事の緊急度・重要度などマトリックスをつくって貼り、可視化しているところもあります。

大家さん:どういう職場にしたいか、では現状はどうか、そのギャップを埋めるためにどうしたらいいか……ということをワークショップにて自分たち自身で決めて、可視化しています。

─ 活動量計による健康習慣の意識づけ、ストレスチェックによる組織活性化活動、そのほかに注力している施策はありますか?

山本さん:働き方改革ですね。特に弊社らしいというと、2015年の11月から定時退社日を月・水・金に設定しています。

─ 週3日が定時退社日となると、現場から反発はありませんでしたか。

山本さん:おそらく始めのほうはあったと思います。しかしただやみくもに残業を抑制しているのではなく、「やる仕事・やらない仕事を自分たちで選別して取り組む」というところが本質。ここを丁寧に説明しました。結果、効率化をはかったり、仕事を見直したりするきっかけになりました。

大家さん:ヒアリングも行ないました。残業時間半減を目標に掲げることで、やらなくていい仕事は何かを本質的に考えるきっかけになったと、ポジティブな意見ももらっています。

本社のアトリウムにはバランスボールも

後編はこちら

企業データ

会社名:オムロン ヘルスケア株式会社(OMRON HEALTHCARE Co., Ltd.)
事業内容:家庭用・医療用健康機器の開発・販売、健康管理ソフトウェアの開発・販売、健康増進サービス事業の展開など
所在地:〒617-0002 京都府向日市寺戸町九ノ坪53番地
資本金:50億円
従業員数:約680名

取材・講演の依頼はこちら

関連するキーワード


健康経営 事例 ホワイト500

関連する投稿


ウェルビーイング経営とは?健康で幸せな働き方をするためのポイント

ウェルビーイング経営とは?健康で幸せな働き方をするためのポイント

2019年12月4日(水)、ベルサール神田にて開催された「健康経営フォーラム2019 in東京」。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科、研究科委員長・教授である前野隆司氏が登壇され、「幸福経営学」について語りました。働き方改革が進む中、より一層重要度の増すウェルビーイング経営に関して、詳しく学ぶことができました。


健康経営のその先へ。人と組織を活性化し、社会の「しあわせ」を創る丸井グループのウェルネス経営

健康経営のその先へ。人と組織を活性化し、社会の「しあわせ」を創る丸井グループのウェルネス経営

丸井グループが取り組んでいる「ウェルネス経営」は、人と組織、社会を活性化させ、すべてのステークホルダーの「しあわせ」を実現するというもの。その中核として推進してきたのが産業医の小島玲子先生(丸井グループ専属産業医 執行役員健康推進部長)。健康経営を社員の単なる健康管理ではなく、企業や社会に利益をもたらす経営戦略として捉え、企業風土をも変革していきました。(インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和)


まさにお手本!ビックカメラの健康経営の進め方

まさにお手本!ビックカメラの健康経営の進め方

コジマ、ソフマップというグループ企業を合わせると、約14,000もの従業員がいるビックカメラ 。そんな大企業が、いかに健康経営を推し進めていったのでしょうか。まず誰かがやりたい と声をあげ、専門家や社内各部署の協力を仰ぎながら進めていく姿は、まさに健康経営推 進の理想型。今回は推進の中核を担った『いきいき働く推進チーム』のリーダーを務める 根本さんにお聞きしました。(インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和)


大塚製薬2019年健康経営実践セミナー 事例紹介編

大塚製薬2019年健康経営実践セミナー 事例紹介編

2019年10月10日(水)、ライブオン形式(都内のスタジオから生中継)で全国48会場を結び、約800名が参加して行われた健康経営®︎実践セミナー。事例発表として登場したのが、株式会社井上蒲鉾店 代表取締役の牧田知江子氏と『セイムス』を始め、ドラッグストアを1337店展開する株式会社富士薬品。前者は、食を扱う老舗としてのモノづくりのこだわり、中小企業の健康経営で大切なことなどについて。後者は管理栄養士のマネジメントや店舗での相談会などを担当する鎌田梨菜氏が、『ドラッグストアの地域貢献 〜働く人の健康づくり〜』というテーマで事例を発表してくれました。


シリーズ『私の生きがい組織』(第二回) 仕事が生きがいになる時、強い会社が生まれる

シリーズ『私の生きがい組織』(第二回) 仕事が生きがいになる時、強い会社が生まれる

赤字が続く中、会社の経営を引き継いだ大橋運輸株式会社 代表取締役 鍋嶋洋行氏。業界の競争も激化する中、事業方針を大きく転換。規模ではなく、付加価値の高い仕事に注力。社員の働きがいと利益率を重視しながら、会社の立て直しに成功。地域貢献にも力を入れ、地元になくてはならない会社となるとともに、国内外から求人応募が届くなど、今、熱い視線が向けられています。(インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表取締役社長 熊倉利和)


最新の投稿


ウェルビーイング経営とは?健康で幸せな働き方をするためのポイント

ウェルビーイング経営とは?健康で幸せな働き方をするためのポイント

2019年12月4日(水)、ベルサール神田にて開催された「健康経営フォーラム2019 in東京」。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科、研究科委員長・教授である前野隆司氏が登壇され、「幸福経営学」について語りました。働き方改革が進む中、より一層重要度の増すウェルビーイング経営に関して、詳しく学ぶことができました。


【講演&ディスカッション】健康づくりの未来 ~2040年に向けた挑戦~

【講演&ディスカッション】健康づくりの未来 ~2040年に向けた挑戦~

2019年11月26〜27日にプリズムホール(東京都文京区)で開催された『データヘルス・予防サービス見本市2019』。津下一代氏(あいち健康の森健康科学総合センターセンター長)がコーディネーターとなって開かれた講演&ディスカッションでは、経済産業省、スポーツ庁、厚生労働省の課長というまさに最前線で日本の課題に取り組む人たちによる大変示唆に富むお話が聞けました。


【講演】社会課題で“熱狂”をうむ方法 ~注文をまちがえる料理 店のつくりかた~

【講演】社会課題で“熱狂”をうむ方法 ~注文をまちがえる料理 店のつくりかた~

2019年11月26〜27日にプリズムホール(東京都文京区)で開催された『データヘルス・予防サービス見本市2019』。小国士朗氏(『注文をまちがえる料理店』発起人)の講演テーマは、『社会課題で“熱狂”をうむ方法 ~注文をまちがえる料理店のつくりかた~』。認知症の方々が働くレストランを開いた理由、そして、そこから感じ取ったことについて話してくれました。


【講演】“暮せば健康になるまち”松本の実現へ

【講演】“暮せば健康になるまち”松本の実現へ

2019年11月26〜27日にプリズムホール(東京都文京区)で開催された『データヘルス・予防サービス見本市2019』。小林浩之氏(松本市商工観光部健康産業・企業立地担当部長)の講演のテーマは、「“暮せば健康になるまち”松本の実現へ」。長野県松本市の様々な取り組みについて話してくれました。


【講演】健康経営における食生活改善の推進

【講演】健康経営における食生活改善の推進

2019年11月26〜27日にプリズムホール(東京都文京区)で開催された『データヘルス・予防サービス見本市2019』。武見ゆかり先生(女子栄養大学・大学院教授〔食生態学研究室〕)の講演テーマは、『健康経営における食生活改善の推進』。健康寿命を延ばすための食事や、その食事を提供していくための環境づくりについて話してくれました。