ホワイト500認定企業:富士ソフト株式会社 お取組み事例(後編)

ホワイト500認定企業:富士ソフト株式会社 お取組み事例(後編)

働き方改革はもちろん、以前から健康管理・健康経営にも力を入れている富士ソフト株式会社。人事部 健康管理センター課長の益満 博子さんにお話を伺いました。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


前編はこちら

前編では、健康経営の特徴や時間外労働の削減とメンタルヘルスについてお伺いしました。後編となる本記事では、健康保険組合とのコラボヘルスや今後の課題についてお話しいただきます。

4.健康保険組合とのコラボヘルス

─ 御社と健保組合とのコラボヘルスについて教えてください。

益満さん:実は特定保健指導については、健保から弊社に業務委託してもらい、当社の保健師が対応しています。保健師4人で年間1,500件ほど保健指導をしていますね。そもそも特定保健指導の委託を受け始めたのは、健康管理から一歩踏み込み、予防・未病へと進めるため。健保のほうで外注されるのであれば、弊社の保健師に業務委託を……という流れですね。社員に対して保健指導するノウハウを持つことで、保健師の知見をもっと生かせると思いますし、なにより社員が重症化する前に健康を取り戻すためのきっかけにもなります。保健師さんが保健指導を担当するようになってから、実施率が80%まで上がりました。

─ コラボヘルスをやりたいけれどなかなかうまくいかないという企業も多いです。御社は人事サイドが健保組合から積極的に仕事をもらってきているんですね。

益満さん:健保が外注に依頼していた費用が内製化により減少することから、その分サービスを充実させてもらいたいなどの要求範囲が広がりました。健保の運営に関わるものは社員に直結しますし、将来的に保険料が下がれば社員にもメリットがありますからね。実は昔は健保とは距離があったというか、お互いそれぞれ独自に動いていました。健康管理センターを設置してグループ全体に目を向ける際に、連携させてほしいとお声がけしてコラボヘルスをスタートさせたことが、現在の連携を可能にしているのだと思います。

─ 健保組合主導でやってもらっている具体例を教えてください。

益満さん:マイカルテのようなWebサイトをつくってもらっています。具体的には今年の4月から、ジェネリック医薬品の使用を促進するコンテンツや健診結果に基づいた健康年齢を表示するなどの機能を導入していただいています。このサイトを使って、今後もさまざまな情報発信をしようという話になっています。

─ 企業と健保がいい塩梅で関与しあっているんですね。

益満さん:今まではそれぞれが独自にやっていましたから。富士ソフトとしては法令で安全配慮について、健保さんは保険給付事業や特定保健指導などの保健事業について、それぞれ一生懸命取り組んでいたんです。それを大きな観点のアプローチに変えていこうというなかで、うまくはまっていったかなと思っています。ハイリスクも中リスクもローリスクについても、これからはお互いが取り組む必要がありますし。そういう意味で、今、弊社も健保さんも目指すところは同じです。

5.今後の課題について

─ 健康増進や予防、未病の観点以外に今後の課題はありますでしょうか。

益満さん:今までは休職者の9割がメンタルヘルスの問題だったのですが、最近はフィジカルな面も出てくるようになり、今では全体の2割を超えてきています。エラーがある段階で面談や指導を行ってきたのですが、まったく予兆がなかった人が突然長期入院になってしまうことも。健康だから大丈夫という認識を早い段階で変えさせたいと思い、新たな検査の導入などを健保さんと検討しています。

─ 現状既に進めている対策などはありますか?

益満さん:健康増進のかたちで、健診結果で有所見があるターゲットを絞り込んだところ、年齢が若い社員でも平均より悪い数値が出てしまっているんです。弊社はIT企業ということもあり、独身で一人暮らしの男性が多い。ということは、多かれ少なかれ食事内容に問題があることが想定されますよね。外食もしくはスーパーやコンビニで出来合いのものを買って食べる。お酒が好き。想像すると、過剰な塩分や脂質のとりすぎなどが浮かんでくるわけです。このような場合には食事内容の指導が必要になってきますよね。ターゲットに見合った対策を進めていきたいと思っています。

─ フィジカル面での有所見については、予防の観点で知識を上げていきたいということですね。

益満さん:健康増進の面では、スポーツクラブの1日体験プログラムなどの取組みを健保さんがやっています。しかし弊社のほうでうまくそれを活用しきれていない現状もあります。そのようなサービスがあっても、利用する人ってもともと体を動かすことに興味がある人ですよね? 興味がない人を動かすためにどのようなアプローチが適切か、弊社オリジナルの取り組みを模索中です。

6.ホワイト500認定を目指す企業へアドバイス

─ ホワイト500をとろうとしている企業に対してアドバイスをお願いします。

益満さん:まず、自分の会社が世の中でいわれているところのどの位置にいるのか、を意識することが大切です。実際弊社は、特定保健指導の実施率8割以上を目標に進めてきたわけですが、一般的な実施率が30%ということがわかり、結果的に高い評価をいただけました。まず自分たちのレベルを把握しないと、課題も見えてきませんからね。

─ 世間と比べて何が足りていて何が足りないのかを知ることが大切なんですね。

益満さん:いわゆる働きやすい会社ランキングなどで、自社の順位の推移チェックも大きいですね。数年前より順位が下がっているのだとしたら、今のレベル感では足りていない、ということがわかります。みな切磋琢磨していますから、目指す目標を設定していい循環をつくることがポイントです。みんながそこで働きたいという会社にならないと、いい人材もとれませんし、社員も働きがいを覚えません。そうなると結果的に売り上げも伸びません。そんなデフレを逆回転させるためにも、自分たちのレベル感を把握して課題を洗い出し、目標を定めることが大切です。

─ 単純に売り上げだけではなく、社員の働きやすさを目指すことで結果的に売り上げにつなげるという戦略的な考え方はすばらしいですね。今後の御社のさらなる進化も楽しみです。本日はありがとうございました。

前編はこちら

<企業データ>

会社名:富士ソフト株式会社(FUJI SOFT INCORPORATED)
事業内容:通信インフラ、社会インフラ、機械制御などの組み込み系ソフトウェア開発のほか、 業務系ソフトウェア開発やネットビジネスソリューションに至るまで幅広くその技術力をご提供いたします。
本社所在地:〒231-8008 神奈川県横浜市中区桜木町1-1
資本金:262億28万円
従業員数:6,427名(2017年9月末現在)

取材・講演の依頼はこちら

関連するキーワード


健康経営 事例 ホワイト500

関連する投稿


ウェルビーイング経営とは?健康で幸せな働き方をするためのポイント

ウェルビーイング経営とは?健康で幸せな働き方をするためのポイント

2019年12月4日(水)、ベルサール神田にて開催された「健康経営フォーラム2019 in東京」。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科、研究科委員長・教授である前野隆司氏が登壇され、「幸福経営学」について語りました。働き方改革が進む中、より一層重要度の増すウェルビーイング経営に関して、詳しく学ぶことができました。


健康経営のその先へ。人と組織を活性化し、社会の「しあわせ」を創る丸井グループのウェルネス経営

健康経営のその先へ。人と組織を活性化し、社会の「しあわせ」を創る丸井グループのウェルネス経営

丸井グループが取り組んでいる「ウェルネス経営」は、人と組織、社会を活性化させ、すべてのステークホルダーの「しあわせ」を実現するというもの。その中核として推進してきたのが産業医の小島玲子先生(丸井グループ専属産業医 執行役員健康推進部長)。健康経営を社員の単なる健康管理ではなく、企業や社会に利益をもたらす経営戦略として捉え、企業風土をも変革していきました。(インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和)


まさにお手本!ビックカメラの健康経営の進め方

まさにお手本!ビックカメラの健康経営の進め方

コジマ、ソフマップというグループ企業を合わせると、約14,000もの従業員がいるビックカメラ 。そんな大企業が、いかに健康経営を推し進めていったのでしょうか。まず誰かがやりたい と声をあげ、専門家や社内各部署の協力を仰ぎながら進めていく姿は、まさに健康経営推 進の理想型。今回は推進の中核を担った『いきいき働く推進チーム』のリーダーを務める 根本さんにお聞きしました。(インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和)


大塚製薬2019年健康経営実践セミナー 事例紹介編

大塚製薬2019年健康経営実践セミナー 事例紹介編

2019年10月10日(水)、ライブオン形式(都内のスタジオから生中継)で全国48会場を結び、約800名が参加して行われた健康経営®︎実践セミナー。事例発表として登場したのが、株式会社井上蒲鉾店 代表取締役の牧田知江子氏と『セイムス』を始め、ドラッグストアを1337店展開する株式会社富士薬品。前者は、食を扱う老舗としてのモノづくりのこだわり、中小企業の健康経営で大切なことなどについて。後者は管理栄養士のマネジメントや店舗での相談会などを担当する鎌田梨菜氏が、『ドラッグストアの地域貢献 〜働く人の健康づくり〜』というテーマで事例を発表してくれました。


シリーズ『私の生きがい組織』(第二回) 仕事が生きがいになる時、強い会社が生まれる

シリーズ『私の生きがい組織』(第二回) 仕事が生きがいになる時、強い会社が生まれる

赤字が続く中、会社の経営を引き継いだ大橋運輸株式会社 代表取締役 鍋嶋洋行氏。業界の競争も激化する中、事業方針を大きく転換。規模ではなく、付加価値の高い仕事に注力。社員の働きがいと利益率を重視しながら、会社の立て直しに成功。地域貢献にも力を入れ、地元になくてはならない会社となるとともに、国内外から求人応募が届くなど、今、熱い視線が向けられています。(インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表取締役社長 熊倉利和)


最新の投稿


ウェルビーイング経営とは?健康で幸せな働き方をするためのポイント

ウェルビーイング経営とは?健康で幸せな働き方をするためのポイント

2019年12月4日(水)、ベルサール神田にて開催された「健康経営フォーラム2019 in東京」。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科、研究科委員長・教授である前野隆司氏が登壇され、「幸福経営学」について語りました。働き方改革が進む中、より一層重要度の増すウェルビーイング経営に関して、詳しく学ぶことができました。


【講演&ディスカッション】健康づくりの未来 ~2040年に向けた挑戦~

【講演&ディスカッション】健康づくりの未来 ~2040年に向けた挑戦~

2019年11月26〜27日にプリズムホール(東京都文京区)で開催された『データヘルス・予防サービス見本市2019』。津下一代氏(あいち健康の森健康科学総合センターセンター長)がコーディネーターとなって開かれた講演&ディスカッションでは、経済産業省、スポーツ庁、厚生労働省の課長というまさに最前線で日本の課題に取り組む人たちによる大変示唆に富むお話が聞けました。


【講演】社会課題で“熱狂”をうむ方法 ~注文をまちがえる料理 店のつくりかた~

【講演】社会課題で“熱狂”をうむ方法 ~注文をまちがえる料理 店のつくりかた~

2019年11月26〜27日にプリズムホール(東京都文京区)で開催された『データヘルス・予防サービス見本市2019』。小国士朗氏(『注文をまちがえる料理店』発起人)の講演テーマは、『社会課題で“熱狂”をうむ方法 ~注文をまちがえる料理店のつくりかた~』。認知症の方々が働くレストランを開いた理由、そして、そこから感じ取ったことについて話してくれました。


【講演】“暮せば健康になるまち”松本の実現へ

【講演】“暮せば健康になるまち”松本の実現へ

2019年11月26〜27日にプリズムホール(東京都文京区)で開催された『データヘルス・予防サービス見本市2019』。小林浩之氏(松本市商工観光部健康産業・企業立地担当部長)の講演のテーマは、「“暮せば健康になるまち”松本の実現へ」。長野県松本市の様々な取り組みについて話してくれました。


【講演】健康経営における食生活改善の推進

【講演】健康経営における食生活改善の推進

2019年11月26〜27日にプリズムホール(東京都文京区)で開催された『データヘルス・予防サービス見本市2019』。武見ゆかり先生(女子栄養大学・大学院教授〔食生態学研究室〕)の講演テーマは、『健康経営における食生活改善の推進』。健康寿命を延ばすための食事や、その食事を提供していくための環境づくりについて話してくれました。