「ホワイト500」認定企業:オリンパス株式会社 お取組み事例(後編)

「ホワイト500」認定企業:オリンパス株式会社 お取組み事例(後編)

2017年2月に、「健康経営優良法人〜ホワイト500〜」に認定された、オリンパス株式会社。人事部 健康・安全衛生グループ 健康支援チームの大橋 宏樹さんにお話を伺いました。 インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


前編はこちら
中編はこちら

5.ホワイト500であり続けるための取り組み

─ ホワイト500に認定された企業として、これからどのようなことに力を入れたいか教えてください。

大橋さん:わたしは、ホワイト500に認定されただけでは従業員にとってのメリットは薄いと考えています。これからは、従業員にとって実効性のある施策の展開を行っていきたいと思います。たとえば、従業員が「この会社で仕事していてよかった」と思える環境づくりを、健康管理の面から貢献できればと思います。ただし、あまり健康管理が前面に出すぎてはいけない。バランスが必要と思います。

─ 具体的にどういうことでしょう?

大橋さん:たとえば、「ちょっと今日調子悪いな」と思ったときに、上司や周りが「今日は帰って病院行ったら?」と自然に声をかけられるような環境を整えるのが理想。さらにそこで「無理せず明日取り返そう」と自分でマネージメントできることも大切。以前産業医とも話していたのですが、職場にとって「仕事をとるのか健康をとるのか」という状態になってしまってはいけないですよね。仕事が忙しいならば、それに見合うように健康管理の意識を引き上げてバランスをとる。これが必要だと思っています。忙しいなかでもしっかり健康管理をしましょう、ということです。会社側も従業員側も、お互いにそういう意識で仕事に臨むのが大切ですね。

6.今後の目標について

─ これからの課題や目標について教えてください。

大橋さん:これからの課題は、大きなところでいうと、従業員の働く環境を健康管理の視点で整備していくことが必要と思っています。従業員が、よりそのメリットを実感できるようにしたいですね。個別の課題でいうと、例えばがんの精密検査の受診勧奨、重症化予防があげられます。会社が個人の私傷病の領域に踏み込むべきか? 産業医の役割は? 個人情報の問題は? といった点で検討が必要です。

─ 御社の場合、健保との協力関係ができているので進めやすいのでは?

大橋さん:はい。きちんとステップを踏めばできると思います。また、データヘルスでいろいろな分析をやっていきたいですが、どこまでやるかも検討中です。

─ ここまでの取り組みをされている御社ですし、健康経営銘柄は狙った方がいいのではないでしょうか。一般の方には「オリンパス=カメラ」という印象が強いと思います。そんななか、実は一方で、内視鏡で世界のトップシェアを得ているということを知ってもらういい機会になると思うんです。

大橋さん:ありがとうございます。社内でも十分検討していきたいと思います。

7.これからホワイト500を目指す企業にアドバイス

─ 最後になりますが、これから健康経営の実現やホワイト500の認定を目指す企業にアドバイスをお願いします。

大橋さん:わたくしどもも道半ばですが、健康経営、健康増進活動を進める上で、従業員が主役であることを忘れてはいけない、ということですね。せっかくホワイト500の認定を受けても、従業員がついてこない状況では意味がありません。

─ 従業員が主役、について詳しくお聞かせください。

大橋さん:わたしたちは働きかけや旗振りはできますが、どこまで従業員の健康に口を出せるかには限界があります。健康経営は、従業員が働きやすい環境をつくり、その結果として生産性を上げることが目的ですが、この実現はあくまでも従業員の主体性による取り組みが大切です。そこに対しては、我々がどのように支援できるかですね。

─ 従業員が主役で、会社と健保は健康に対してのサポート役に徹すると。会社が主役になってしまってはまずいということですね。御社は会社と従業員の間合いを大切にしていることが伝わってきます。

大橋さん:いくら会社が健康経営を掲げても、従業員の心を動かすことにはつながりません。そこで医療職の方たちが、会社の動きを理解して現場で従業員に接してくれる。彼らが架け橋になってくれるわけです。従業員を健康管理の主役にするために、彼らを正社員に切り替えたわけですし。これからホワイト500を目指す企業は、健康経営の施策はもちろん、医療職の方たちが働きやすい環境をつくることも意識されるといいと思います。

─ 本日は非常に内容の濃いお話を聞かせていただきました。ありがとうございました。

前編はこちら
中編はこちら

企業データ

会社名:オリンパス株式会社(Olympus Corporation)
事業内容:精密機械器具の製造販売
所在地:〒163-0914 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス
資本金:1,245億円
連結従業員数:約35,000人

取材・講演の依頼はこちら

関連するキーワード


健康経営 事例 ホワイト500

関連する投稿


ウェルビーイング経営とは?健康で幸せな働き方をするためのポイント

ウェルビーイング経営とは?健康で幸せな働き方をするためのポイント

2019年12月4日(水)、ベルサール神田にて開催された「健康経営フォーラム2019 in東京」。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科、研究科委員長・教授である前野隆司氏が登壇され、「幸福経営学」について語りました。働き方改革が進む中、より一層重要度の増すウェルビーイング経営に関して、詳しく学ぶことができました。


健康経営のその先へ。人と組織を活性化し、社会の「しあわせ」を創る丸井グループのウェルネス経営

健康経営のその先へ。人と組織を活性化し、社会の「しあわせ」を創る丸井グループのウェルネス経営

丸井グループが取り組んでいる「ウェルネス経営」は、人と組織、社会を活性化させ、すべてのステークホルダーの「しあわせ」を実現するというもの。その中核として推進してきたのが産業医の小島玲子先生(丸井グループ専属産業医 執行役員健康推進部長)。健康経営を社員の単なる健康管理ではなく、企業や社会に利益をもたらす経営戦略として捉え、企業風土をも変革していきました。(インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和)


まさにお手本!ビックカメラの健康経営の進め方

まさにお手本!ビックカメラの健康経営の進め方

コジマ、ソフマップというグループ企業を合わせると、約14,000もの従業員がいるビックカメラ 。そんな大企業が、いかに健康経営を推し進めていったのでしょうか。まず誰かがやりたい と声をあげ、専門家や社内各部署の協力を仰ぎながら進めていく姿は、まさに健康経営推 進の理想型。今回は推進の中核を担った『いきいき働く推進チーム』のリーダーを務める 根本さんにお聞きしました。(インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和)


大塚製薬2019年健康経営実践セミナー 事例紹介編

大塚製薬2019年健康経営実践セミナー 事例紹介編

2019年10月10日(水)、ライブオン形式(都内のスタジオから生中継)で全国48会場を結び、約800名が参加して行われた健康経営®︎実践セミナー。事例発表として登場したのが、株式会社井上蒲鉾店 代表取締役の牧田知江子氏と『セイムス』を始め、ドラッグストアを1337店展開する株式会社富士薬品。前者は、食を扱う老舗としてのモノづくりのこだわり、中小企業の健康経営で大切なことなどについて。後者は管理栄養士のマネジメントや店舗での相談会などを担当する鎌田梨菜氏が、『ドラッグストアの地域貢献 〜働く人の健康づくり〜』というテーマで事例を発表してくれました。


シリーズ『私の生きがい組織』(第二回) 仕事が生きがいになる時、強い会社が生まれる

シリーズ『私の生きがい組織』(第二回) 仕事が生きがいになる時、強い会社が生まれる

赤字が続く中、会社の経営を引き継いだ大橋運輸株式会社 代表取締役 鍋嶋洋行氏。業界の競争も激化する中、事業方針を大きく転換。規模ではなく、付加価値の高い仕事に注力。社員の働きがいと利益率を重視しながら、会社の立て直しに成功。地域貢献にも力を入れ、地元になくてはならない会社となるとともに、国内外から求人応募が届くなど、今、熱い視線が向けられています。(インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表取締役社長 熊倉利和)


最新の投稿


ウェルビーイング経営とは?健康で幸せな働き方をするためのポイント

ウェルビーイング経営とは?健康で幸せな働き方をするためのポイント

2019年12月4日(水)、ベルサール神田にて開催された「健康経営フォーラム2019 in東京」。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科、研究科委員長・教授である前野隆司氏が登壇され、「幸福経営学」について語りました。働き方改革が進む中、より一層重要度の増すウェルビーイング経営に関して、詳しく学ぶことができました。


【講演&ディスカッション】健康づくりの未来 ~2040年に向けた挑戦~

【講演&ディスカッション】健康づくりの未来 ~2040年に向けた挑戦~

2019年11月26〜27日にプリズムホール(東京都文京区)で開催された『データヘルス・予防サービス見本市2019』。津下一代氏(あいち健康の森健康科学総合センターセンター長)がコーディネーターとなって開かれた講演&ディスカッションでは、経済産業省、スポーツ庁、厚生労働省の課長というまさに最前線で日本の課題に取り組む人たちによる大変示唆に富むお話が聞けました。


【講演】社会課題で“熱狂”をうむ方法 ~注文をまちがえる料理 店のつくりかた~

【講演】社会課題で“熱狂”をうむ方法 ~注文をまちがえる料理 店のつくりかた~

2019年11月26〜27日にプリズムホール(東京都文京区)で開催された『データヘルス・予防サービス見本市2019』。小国士朗氏(『注文をまちがえる料理店』発起人)の講演テーマは、『社会課題で“熱狂”をうむ方法 ~注文をまちがえる料理店のつくりかた~』。認知症の方々が働くレストランを開いた理由、そして、そこから感じ取ったことについて話してくれました。


【講演】“暮せば健康になるまち”松本の実現へ

【講演】“暮せば健康になるまち”松本の実現へ

2019年11月26〜27日にプリズムホール(東京都文京区)で開催された『データヘルス・予防サービス見本市2019』。小林浩之氏(松本市商工観光部健康産業・企業立地担当部長)の講演のテーマは、「“暮せば健康になるまち”松本の実現へ」。長野県松本市の様々な取り組みについて話してくれました。


【講演】健康経営における食生活改善の推進

【講演】健康経営における食生活改善の推進

2019年11月26〜27日にプリズムホール(東京都文京区)で開催された『データヘルス・予防サービス見本市2019』。武見ゆかり先生(女子栄養大学・大学院教授〔食生態学研究室〕)の講演テーマは、『健康経営における食生活改善の推進』。健康寿命を延ばすための食事や、その食事を提供していくための環境づくりについて話してくれました。