健康経営の取組み事例:日本たばこ産業株式会社(前編)

健康経営の取組み事例:日本たばこ産業株式会社(前編)

2017年2月に、「健康経営優良法人〜ホワイト500〜」に認定された、日本たばこ産業株式会社。人事サポート室 次長の平山 剛さん、同 課長代理の横山 剛さん、同 主任の岡田 貢さんにお話を伺いました。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


後編はこちら

1.ホワイト500申請の経緯

─ 御社の考える優良な健康経営について、またホワイト500に申請されることになったきっかけや経緯などを教えてください。

平山 剛さん(以下、平山さん):弊社では、経営理念である「4Sモデル」(お客様を中心として、株主、従業員、社会の4者に対する責任を高い次元でバランスよく果たし、4者の満足度を高めていく)のなかで、従業員を重要なステークホルダーとして位置付けています。これまでも、従業員一人ひとりの心と体が健康であることは、会社の持続的成長の基盤であると考えてきました。健康で安心して働ける職場づくりを重要な経営課題とし、積極的に取り組んできたという歴史があります。そうしたなか、企業の社会的責任の観点からも、弊社の健康経営の取り組みを積極的に社外に発信していく必要性について感じていましたので、今回ホワイト500に申請させていただいたという経緯です。

─ ホワイト500認定のために何かをしたというのではなく、御社の長い歴史のなかで健康経営に取り組まれてきたんですね。

横山 剛さん(以下、横山さん):はい。1988年に会社が行う健康管理の目的を「疾病治療」から「疾病予防」へ転換するとともに、健康管理に係る組織に関しては、事業所の診療所を廃止し、全国10カ所に健康管理センターを設置する体制とするなかで、健康の保持・増進に重点を置いた産業保健活動を推進してきました。また、1999年に健康管理センター業務の見直しを行い、健康診断を完全外注化するとともに、保健部における診察業務を廃止し、保健支援に重点をおいた活動を行うなどこれまで以上に従業員の健康の保持・増進に重点を置いた活動を推進してきました。その後、会社組織体制の変更に伴い、産業保健活動を担当する組織についても改正するなかで現在の体制に至っています。

2.人事サポート室と産業保健スタッフについて

─ みなさんが所属されている人事サポート室は、どのようにしてできあがったのでしょうか。

平山さん:2017年4月の組織改正で誕生しました。本社(健康支援室含む)と全国10カ所のエリア対応を担う地域駐在で構成する組織です。そのなかには、産業保健スタッフ(医師・保健師)も配置しています。全社に関わる安全衛生・産業保健活動の企画立案の機能と、第一線で従業員の心身の健康をサポートしていくという機能、そして、これらに携わる人財が一つの組織を構成するなかで、安心して働ける職場環境の実現、従業員一人ひとりの心と体の健康の保持増進に向けたサポートに向け、日々の業務にあたっています。

─ 安全衛生法絡みの部分だけでなく、産業保健活動すべてをやる部署として人事サポート室に一本化したわけですね。

横山さん:産業保健活動については、本社・健康支援室・地域駐在保健担当が連携するなかで対応をはかっています。

─ 各地域がそれぞれでやっているわけではなく、方向性を統一して全社で進めているんですね。

平山さん:はい。さらに保健部長(医師)だけが集まってやる会議もあります。例えば健康診断の検査項目を精査していくにも専門知識が必要なので、専門家が精査して改善すべきは改善しているといったところです。

─ 健康診断の結果面談などはどうされていますか?

平山さん:健診の結果通知そのものは確実に本人に手渡すようにしています。後日、保健師が日程調整を行い、本人に持参してきてもらった健診結果を元に、所見のあるところなどをアドバイスしています。紹介状を発行した場合も、後々メールでフォローしたり訪問したときのフォローなどもしたりしています。他社の状況はわかり兼ねますが、これだけ丁寧に対応をしているのは珍しいのではと思っています。

─ 40歳以上の特定健診だけでなく、20代・30代の社員の方の定期健診でも保健師さんの面談があるんですか?

平山さん:はい。休職などで物理的に対応できない方を除き、全員に面談を行っています。「○時○分〜○時○分まで」というように丁寧に面談時間を通知しています。地方の場合には、保健師が直接出向いて面談を行っています。

─ 保健師さんは何名ほどいらっしゃるのでしょうか。

平山さん:現在は34名です。

─ その34名で何人の社員の方を担当されていますか?

平山さん:社員については、現在7,900人ほどでしょうか。法定で3/4以下の所定労働時間のパートタイマーの方々にも、本来健診を受ける義務はありませんが、弊社の健診を受けないかとお声がけをしています。

─ ずいぶん進んでいらっしゃいますね。それにしても保健師さんが30名以上いるとは驚きです。

平山さん:また、労働組合も、パートタイマーの健康診断の対象拡大といったことなど会社に対して提起してくれます。「健康」という課題に対しては、労使間において垣根はないと考えているので、会社としても必要性のあるものについては受け入れて対応しています。

─ ちなみに御社は自社の健康保険組合をお持ちですよね。特定保健指導の部分でのコラボヘルスはどうされていますか?

平山さん:望ましい支援法として特定保健指導は面談を3回やることになっているので、先ほど申し上げた保健師による全員の面談が、対象者にとっては特定保健指導の1回目となります。保健師のなかには、離島や僻地まで3回面談を実施するために頑張ってくれている方もいらっしゃいます。

─ 特定保健指導は集団で行ってもいいとされていますが、きちんと個別にやっていらっしゃるんですね。

平山さん:厳密に言えばすべてを追いきれているわけではないと聞きますが、すべてカバーしようという気持ちでやってくれています。実際に面談できなくても、メールなり電話なりでしっかりフォローしています。特定保健指導の実施率は世間では約50%と言われていますが、弊社はかなり高い水準にあると思っています。

後編はこちら

後編では、健康経営の取り組みや今後の展開などについてお話しいただきます。

<企業データ>

会社名:日本たばこ産業株式会社
事業内容:たばこ事業、医薬事業、加工食品事業
本社所在地:〒105-8422 東京都港区虎ノ門2-2-1
資本金:1,000億円
連結従業員数:44,667人(2016年12月31日現在)

取材・講演の依頼はこちら

関連するキーワード


健康経営 事例 ホワイト500

関連する投稿


各エキスパートの知見と経験が交わり、健康経営のこれからが見えてきた!

各エキスパートの知見と経験が交わり、健康経営のこれからが見えてきた!

【『健康経営の広場』コミュニティ化プロジェクト キックオフ作戦ダイアログ[2019年8月6日(火) @渋谷]取材レポート】//第二回目となった今回は、健康経営の実践者、ソリューションを提供するエキスパート、情報や人材のネットワークを集約させるプラットフォーマーという各分野から選りすぐりのメンバーが参加。少数精鋭となったが、それだけにより濃密に、より踏み込んだ熱いダイアログ(対話)が展開された。


満員御礼!健康関数シンポジウムin東京 レポート

満員御礼!健康関数シンポジウムin東京 レポート

理化学研究所が中核機関となって主催された2019年4月22日に開催された健康関数シンポジウムは定員450名の大箱にもかかわらず、スグに満員締切りとなった大人気のシンポジウムです。健康経営の広場ではこのシンポジウムのプログラムを3本のダイジェスト記事でご紹介いたします。


時間が不規則な出版業でも健康経営を実現。 ユニークなアイデアと根気が成功の鍵。

時間が不規則な出版業でも健康経営を実現。 ユニークなアイデアと根気が成功の鍵。

2017年、2018年と2年連続で健康経営優良法人(中小規模法人部門)に認定された株式会社テニテオ。仕事柄どうしても働く時間が不規則になり、残業も多い出版やイベント業界において、自己主張の強い社員たちをいかにしてまとめ、健康経営を推進していったのでしょうか。ご担当者3名にお話を伺いました。 (インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和)


大阪開催!無料データヘルス/健康経営対策セミナーの開催(8/7)

大阪開催!無料データヘルス/健康経営対策セミナーの開催(8/7)

3月8日に東京で開催され100名以上の方々にご来場いただいたこのセミナー。 ご来場者の方々から高評価をいただけたため、大阪でも開催することにいたしました。 健保組合、事業所人事ご担当者向けのデータヘルス計画や健康経営の課題解決や 従業員の健康管理に役だつセミナーを開催します。 セミナーの内容は成果のでる保健指導、ウォーキング、睡眠改善、それぞれの専門家からの講演となります。


各分野のフロントランナーが集結 今、健康経営がリアルに動き出す

各分野のフロントランナーが集結 今、健康経営がリアルに動き出す

『健康経営の広場』コミュニティ化プロジェクト キックオフ作戦ダイアログ[2019年6月25日(火) @神谷町]取材レポート 健康経営を推進する企業経営者や担当者、健保組合の方はもちろん、食の専門家、ヨガ・瞑想講師、保養施設の運営者、産業医、コンサルタントなど第一線で活躍するメンバー20名以上が集まって開催された『健康経営の広場』コミュニティ化プロジェクト キックオフ作戦ダイアログ。健康経営が官主導のものから民間主導に移り、よりリアルなものへと進化を遂げようとする今、まさにキックオフに相応しい集いとなりました。


最新の投稿


各エキスパートの知見と経験が交わり、健康経営のこれからが見えてきた!

各エキスパートの知見と経験が交わり、健康経営のこれからが見えてきた!

【『健康経営の広場』コミュニティ化プロジェクト キックオフ作戦ダイアログ[2019年8月6日(火) @渋谷]取材レポート】//第二回目となった今回は、健康経営の実践者、ソリューションを提供するエキスパート、情報や人材のネットワークを集約させるプラットフォーマーという各分野から選りすぐりのメンバーが参加。少数精鋭となったが、それだけにより濃密に、より踏み込んだ熱いダイアログ(対話)が展開された。


満員御礼!健康関数シンポジウムin東京 レポート

満員御礼!健康関数シンポジウムin東京 レポート

理化学研究所が中核機関となって主催された2019年4月22日に開催された健康関数シンポジウムは定員450名の大箱にもかかわらず、スグに満員締切りとなった大人気のシンポジウムです。健康経営の広場ではこのシンポジウムのプログラムを3本のダイジェスト記事でご紹介いたします。


個人の健康度を可視化できる「健康関数」、事業化への期待と課題

個人の健康度を可視化できる「健康関数」、事業化への期待と課題

個人の健康の最大化を目標に、神戸のポートアイランドで展開する「健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス」。理化学研究所や地元自治体、研究機関を中心に、市民も協力、さらに全国から多数の企業が参加し、ヘルスケアの新しいムーブメントを起こしつつあります。その中核技術が個人の健康度を可視化する「健康関数」です。去る4月22日に「健康関数シンポジウム in東京」が開催されました。働き方改革が叫ばれる今、会場は超満員。ここでは、その模様を3回に分けてリポートします。


「健康関数」を支えるセンサー。非接触、非侵襲で未病状態を判定

「健康関数」を支えるセンサー。非接触、非侵襲で未病状態を判定

個人の健康の最大化を目標に、神戸のポートアイランドで展開する「健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス」。理化学研究所や地元自治体、研究機関を中心に、市民も協力、さらに全国から多数の企業が参加し、ヘルスケアの新しいムーブメントを起こしつつあります。その中核技術が個人の健康度を可視化する「健康関数」です。去る4月22日に「健康関数シンポジウム in東京」が開催されました。働き方改革が叫ばれる昨今、会場は超満員。ここでは、その模様を3回に分けてリポートします。


「健康関数」で個人の健康度を可視化し、健康寿命を最大化する

「健康関数」で個人の健康度を可視化し、健康寿命を最大化する

個人の健康の最大化を目標に、神戸のポートアイランドで展開する「健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス」。理化学研究所や地元自治体、研究機関を中心に、市民も協力、さらに全国から多数の企業が参加し、ヘルスケアの新しいムーブメントを起こしつつあります。その中核技術が個人の健康度を可視化する「健康関数」です。去る4月22日に「健康関数シンポジウム in東京」が開催されました。働き方改革が叫ばれる昨今、会場は超満員。ここでは、その模様を3回に分けてリポートします。