健康経営の取組み事例:日本たばこ産業株式会社(前編)

健康経営の取組み事例:日本たばこ産業株式会社(前編)

2017年2月に、「健康経営優良法人〜ホワイト500〜」に認定された、日本たばこ産業株式会社。人事サポート室 次長の平山 剛さん、同 課長代理の横山 剛さん、同 主任の岡田 貢さんにお話を伺いました。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


後編はこちら

1.ホワイト500申請の経緯

─ 御社の考える優良な健康経営について、またホワイト500に申請されることになったきっかけや経緯などを教えてください。

平山 剛さん(以下、平山さん):弊社では、経営理念である「4Sモデル」(お客様を中心として、株主、従業員、社会の4者に対する責任を高い次元でバランスよく果たし、4者の満足度を高めていく)のなかで、従業員を重要なステークホルダーとして位置付けています。これまでも、従業員一人ひとりの心と体が健康であることは、会社の持続的成長の基盤であると考えてきました。健康で安心して働ける職場づくりを重要な経営課題とし、積極的に取り組んできたという歴史があります。そうしたなか、企業の社会的責任の観点からも、弊社の健康経営の取り組みを積極的に社外に発信していく必要性について感じていましたので、今回ホワイト500に申請させていただいたという経緯です。

─ ホワイト500認定のために何かをしたというのではなく、御社の長い歴史のなかで健康経営に取り組まれてきたんですね。

横山 剛さん(以下、横山さん):はい。1988年に会社が行う健康管理の目的を「疾病治療」から「疾病予防」へ転換するとともに、健康管理に係る組織に関しては、事業所の診療所を廃止し、全国10カ所に健康管理センターを設置する体制とするなかで、健康の保持・増進に重点を置いた産業保健活動を推進してきました。また、1999年に健康管理センター業務の見直しを行い、健康診断を完全外注化するとともに、保健部における診察業務を廃止し、保健支援に重点をおいた活動を行うなどこれまで以上に従業員の健康の保持・増進に重点を置いた活動を推進してきました。その後、会社組織体制の変更に伴い、産業保健活動を担当する組織についても改正するなかで現在の体制に至っています。

2.人事サポート室と産業保健スタッフについて

─ みなさんが所属されている人事サポート室は、どのようにしてできあがったのでしょうか。

平山さん:2017年4月の組織改正で誕生しました。本社(健康支援室含む)と全国10カ所のエリア対応を担う地域駐在で構成する組織です。そのなかには、産業保健スタッフ(医師・保健師)も配置しています。全社に関わる安全衛生・産業保健活動の企画立案の機能と、第一線で従業員の心身の健康をサポートしていくという機能、そして、これらに携わる人財が一つの組織を構成するなかで、安心して働ける職場環境の実現、従業員一人ひとりの心と体の健康の保持増進に向けたサポートに向け、日々の業務にあたっています。

─ 安全衛生法絡みの部分だけでなく、産業保健活動すべてをやる部署として人事サポート室に一本化したわけですね。

横山さん:産業保健活動については、本社・健康支援室・地域駐在保健担当が連携するなかで対応をはかっています。

─ 各地域がそれぞれでやっているわけではなく、方向性を統一して全社で進めているんですね。

平山さん:はい。さらに保健部長(医師)だけが集まってやる会議もあります。例えば健康診断の検査項目を精査していくにも専門知識が必要なので、専門家が精査して改善すべきは改善しているといったところです。

─ 健康診断の結果面談などはどうされていますか?

平山さん:健診の結果通知そのものは確実に本人に手渡すようにしています。後日、保健師が日程調整を行い、本人に持参してきてもらった健診結果を元に、所見のあるところなどをアドバイスしています。紹介状を発行した場合も、後々メールでフォローしたり訪問したときのフォローなどもしたりしています。他社の状況はわかり兼ねますが、これだけ丁寧に対応をしているのは珍しいのではと思っています。

─ 40歳以上の特定健診だけでなく、20代・30代の社員の方の定期健診でも保健師さんの面談があるんですか?

平山さん:はい。休職などで物理的に対応できない方を除き、全員に面談を行っています。「○時○分〜○時○分まで」というように丁寧に面談時間を通知しています。地方の場合には、保健師が直接出向いて面談を行っています。

─ 保健師さんは何名ほどいらっしゃるのでしょうか。

平山さん:現在は34名です。

─ その34名で何人の社員の方を担当されていますか?

平山さん:社員については、現在7,900人ほどでしょうか。法定で3/4以下の所定労働時間のパートタイマーの方々にも、本来健診を受ける義務はありませんが、弊社の健診を受けないかとお声がけをしています。

─ ずいぶん進んでいらっしゃいますね。それにしても保健師さんが30名以上いるとは驚きです。

平山さん:また、労働組合も、パートタイマーの健康診断の対象拡大といったことなど会社に対して提起してくれます。「健康」という課題に対しては、労使間において垣根はないと考えているので、会社としても必要性のあるものについては受け入れて対応しています。

─ ちなみに御社は自社の健康保険組合をお持ちですよね。特定保健指導の部分でのコラボヘルスはどうされていますか?

平山さん:望ましい支援法として特定保健指導は面談を3回やることになっているので、先ほど申し上げた保健師による全員の面談が、対象者にとっては特定保健指導の1回目となります。保健師のなかには、離島や僻地まで3回面談を実施するために頑張ってくれている方もいらっしゃいます。

─ 特定保健指導は集団で行ってもいいとされていますが、きちんと個別にやっていらっしゃるんですね。

平山さん:厳密に言えばすべてを追いきれているわけではないと聞きますが、すべてカバーしようという気持ちでやってくれています。実際に面談できなくても、メールなり電話なりでしっかりフォローしています。特定保健指導の実施率は世間では約50%と言われていますが、弊社はかなり高い水準にあると思っています。

後編はこちら

後編では、健康経営の取り組みや今後の展開などについてお話しいただきます。

<企業データ>

会社名:日本たばこ産業株式会社
事業内容:たばこ事業、医薬事業、加工食品事業
本社所在地:〒105-8422 東京都港区虎ノ門2-2-1
資本金:1,000億円
連結従業員数:44,667人(2016年12月31日現在)

取材・講演の依頼はこちら

関連するキーワード


健康経営 事例 ホワイト500

関連する投稿


「健康経営は利益につながる」を広めるために活動していく

「健康経営は利益につながる」を広めるために活動していく

『5ヶ年計画』と題して、3ヶ月に一度のセミナーで各分野のスペシャリストから、「健康」に関するさまざまな知識を得ている北浜グローバル経営株式会社。「健康経営は利益につながる」ことを広めていきたい、という強い志を持って活動されています。そんな北浜グローバル経営株式会社の健康経営について、普段は聞けないようなお金の話まで、代表取締役の前井宏之さん、経営戦略本部 経営コンサルティング部マネージャー 勝浪光康さんにお話しいただきました。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


『RPA』などIT業界ならではの健康経営で倍率130倍の人気企業に!

『RPA』などIT業界ならではの健康経営で倍率130倍の人気企業に!

その業務の忙しさから、健康経営が難しいイメージのIT業界のなかで、業界の強みを活かした取り組みで『健康経営優良法人認定』を取得しているシー・システム株式会社。社長の森下さんをはじめ、従業員のみなさまの健康経営に対する意識がとても強く、時代の先をいく考え方を持っておられます。そんなシー・システム株式会社の専務取締役 森下亮佑さんと、未来事業部 松本泰幸さんにじっくりとお話をお聞きしてきました。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


データヘルス見本市 主催者セミナー:今後どうなる?意外に知らない市町村国保の取り組みとは

データヘルス見本市 主催者セミナー:今後どうなる?意外に知らない市町村国保の取り組みとは

2018年10月に大阪で開催された「データヘルス・予防サービス見本市2018」では、健康経営や健康スコアリング、特定保健指導などについてのセミナーが開催されました。少子高齢化が進む中、持続可能な医療保険制度の必要性が高まっています。国民健康保険制度のこれまで、これからの取り組みについては、厚生労働省保険局国民健康保険課在宅医療・健康管理技術推進専門官保健事業推進専門官の山口敦子氏が登壇しました。


【動画紹介】人気講師による食育セミナーとダイエットプログラムの成功体験談

【動画紹介】人気講師による食育セミナーとダイエットプログラムの成功体験談

2019年1月、健康経営の一環として都内で行われた企業の従業員向け食育セミナー。食育というと親子の農業体験などをイメージしがちですが、糖質制限など日本の大人が継続するには無理のある食事の知識に汚染されているのが現状。また、一般的に運動習慣のある人は4人にひとり。健康経営で運動に取り組もうとしても、運動習慣のない方にはかなりのハードル。一方で、食事は毎日だれもが必ずおこなうもの。みんなで取組める健康経営として、最新刊「疲れない体をつくる疲れない食事」(PHP研究所)など累計10万部以上の人気著者 柏原ゆきよ氏がセミナー講師として登壇、同氏のダイエットプログラムの成功者による体験談が紹介されました。


健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第4回)

健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第4回)

2018年9月、健康経営の名づけ親:特定非営利活動活動法人健康経営研究会と大塚製薬の共催による「健康経営実践セミナー2018」が43会場で盛大に開催され、健康経営における現在の取組み状況、企業のこれからの課題、さらに実際に企業内で行なわれている取組み事例紹介を軸として4つの講演が開催されました。健康経営の広場では、このセミナーの4つの講演内容をご紹介してまいります。4つ目の講演は、全日本空輸株式会社人材戦略室労政部厚生チームリーダー・佐藤成俊氏、キャノン株式会社安全衛生部副部長の矢内美雪氏の2名が登壇し、それぞれの企業の健康経営の取り組みについての説明が行われました。


最新の投稿


「健康経営は利益につながる」を広めるために活動していく

「健康経営は利益につながる」を広めるために活動していく

『5ヶ年計画』と題して、3ヶ月に一度のセミナーで各分野のスペシャリストから、「健康」に関するさまざまな知識を得ている北浜グローバル経営株式会社。「健康経営は利益につながる」ことを広めていきたい、という強い志を持って活動されています。そんな北浜グローバル経営株式会社の健康経営について、普段は聞けないようなお金の話まで、代表取締役の前井宏之さん、経営戦略本部 経営コンサルティング部マネージャー 勝浪光康さんにお話しいただきました。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


『RPA』などIT業界ならではの健康経営で倍率130倍の人気企業に!

『RPA』などIT業界ならではの健康経営で倍率130倍の人気企業に!

その業務の忙しさから、健康経営が難しいイメージのIT業界のなかで、業界の強みを活かした取り組みで『健康経営優良法人認定』を取得しているシー・システム株式会社。社長の森下さんをはじめ、従業員のみなさまの健康経営に対する意識がとても強く、時代の先をいく考え方を持っておられます。そんなシー・システム株式会社の専務取締役 森下亮佑さんと、未来事業部 松本泰幸さんにじっくりとお話をお聞きしてきました。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


データヘルス見本市 主催者セミナー:今後どうなる?意外に知らない市町村国保の取り組みとは

データヘルス見本市 主催者セミナー:今後どうなる?意外に知らない市町村国保の取り組みとは

2018年10月に大阪で開催された「データヘルス・予防サービス見本市2018」では、健康経営や健康スコアリング、特定保健指導などについてのセミナーが開催されました。少子高齢化が進む中、持続可能な医療保険制度の必要性が高まっています。国民健康保険制度のこれまで、これからの取り組みについては、厚生労働省保険局国民健康保険課在宅医療・健康管理技術推進専門官保健事業推進専門官の山口敦子氏が登壇しました。


【動画紹介】人気講師による食育セミナーとダイエットプログラムの成功体験談

【動画紹介】人気講師による食育セミナーとダイエットプログラムの成功体験談

2019年1月、健康経営の一環として都内で行われた企業の従業員向け食育セミナー。食育というと親子の農業体験などをイメージしがちですが、糖質制限など日本の大人が継続するには無理のある食事の知識に汚染されているのが現状。また、一般的に運動習慣のある人は4人にひとり。健康経営で運動に取り組もうとしても、運動習慣のない方にはかなりのハードル。一方で、食事は毎日だれもが必ずおこなうもの。みんなで取組める健康経営として、最新刊「疲れない体をつくる疲れない食事」(PHP研究所)など累計10万部以上の人気著者 柏原ゆきよ氏がセミナー講師として登壇、同氏のダイエットプログラムの成功者による体験談が紹介されました。


従業員のコミュニケーション能力UPと生産性向上のためのマインドフルネスセミナー紹介動画

従業員のコミュニケーション能力UPと生産性向上のためのマインドフルネスセミナー紹介動画

マインドフルネスや瞑想の効果は、ストレスの抑制などメンタルヘルス対策として捉えられがちです。 実際は、マインドフルネスや瞑想の適用範囲はコミュニケーション能力UPと生産性向上といような能力開発にも大きな効果を発揮します。 このセミナーは健康経営優良法人認定の実践事例という位置づけで構成されています。これらの対策としてのマインドフルネスセミナーの様子を動画でご覧ください。