ワーク・エンゲイジメントとは 職場のメンタルヘルスの動向

ワーク・エンゲイジメントとは 職場のメンタルヘルスの動向

職場のメンタルヘルスは、これまで不調者への対応に視点がしぼられていました。ワーク・エンゲイジメントは端的には働きがいとも言い換えられ、すべての従業員が対象となり、メンタルヘルスを増進する事で生産性や創造性を高め、組織力も向上させようという新しい考え方です。


ワーク・エンゲイジメントとは 職場のポジティブメンタルヘルス

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ワーク・エンゲイジメントとは、仕事に対する態度や心情を表す概念のひとつで、一般に「ワーク・エンゲイジメントが高い」と述べる場合には、仕事にやりがいを感じ、熱心で活力的にいきいきと取り組んでいる状態を指しています。

ワーク・エンゲイジメントは、「活力」「熱意」「没頭」の3つの概念で構成されています。

活力:
元気で精力的。仕事において努力し、困難とも向き合える。

熱意:
自分の仕事に誇りを感じ、熱心に取り組める。挑戦ができる。

没頭:
仕事に集中・没頭する。夢中で時間が早く過ぎたかの様に感じたり、幸せを感じたりする。

「マイナスをゼロにする」から、「いかにプラスを増やすか」へ

これまでの職場のメンタルヘルスは、バーンアウト(燃え尽き)といった、ストレスのために疲労しきった状態に関するものでした。これに対して、ワーク・エンゲイジメントは、仕事に誇りややりがいを感じ、熱心に取り組み、仕事から活力を得る状態を意味する、ポジティブメンタルヘルスに注目した考え方です。

つまり、一部のメンタルヘルス不調者に対症療法的に対応するだけでなく、従業員全体の心身の健康を向上させ生産性や創造性を発揮させる、「マイナスをゼロにするだけでなく、いかにプラスを増やすか」という職場のメンタルヘルスの新しい視点といえます。

ワーク・エンゲイジメントを高めるには

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ワーク・エンゲイジメントの向上は従業員個人のみならず、企業・職場にも大きなメリットがあります。

ワーク・エンゲイジメントが高い従業員は、仕事に前向きで、自発的に行動・チャレンジします。その様な人が増えれば、組織の活性化や生産性向上につながるのです。

ワーク・エンゲイジメントを高めるために職場ができる工夫は、「上司のマネジメント」「健康的な職場環境づくり」です。コミュニケーションを円滑にし、困りごとが相談でき、成果を共に喜び、お互いを尊重するといった職場環境であれば、従業員は組織とのポジティブなつながりを感じられるでしょう。

マネジメント研修やコーチング研修などとともに、メンタルヘルスの知見を盛り込むのも有効です。また、職場外の環境もメンタルヘルス対策には欠かせない要素であるため、十分な余暇や育児・介護に関する企業としてのサポートといった、ワークライフバランスの向上を目指した風土づくり・働き方改革も重要な役割を担っています。

参考記事:

ワーク・エンゲイジメントとワーカホリズムの違い

一生懸命に働くという点から、ワーク・エンゲイジメントはワーカホリズム(ワーカホリック・仕事中毒)と類似するイメージを抱かれてしまう事もありますが、背後にある理由が決定的に異なります。

ワーク・エンゲイジメントとは仕事に対して充実感、やりがいを感じている状態で、背後には仕事自体の面白さや自己肯定感があります。

一方、ワーカホリズムは何かに追い立てられるように働き続けた結果、バーンアウト、うつ状態、モチベーションの低下などを招きます。このタイプの働き方の背後には、過度の完全主義、自尊心の低さ、働いていないときの罪悪感や不安感があります。

資料のご請求・お問合せはこちら

関連するキーワード


メンタルヘルス 職場

関連する投稿


[メンタルヘルス対策としてのマインドフルネス実践セミナー]動画紹介

[メンタルヘルス対策としてのマインドフルネス実践セミナー]動画紹介

健康経営、メンタルヘルス対策として、社員向けマインドフルネスセミナーが開催されました。このセミナーは健康経営優良法人認定やストレスチェックの対策の実践事例という位置づけで構成されています。これらの対策としてのマインドフルネスセミナーの様子を動画でご覧ください。


健康経営 中小企業の事例:株式会社セルメスタ(マインドフルネス編)

健康経営 中小企業の事例:株式会社セルメスタ(マインドフルネス編)

健康経営優良法人2018(中小規模法人部門)に認定された株式会社セルメスタの健康経営推進プロジェクトチームメンバー(左から進藤高光さん、佐藤琢也さん、並木一徳さん)に、社内で取り組む「マインドフルネスセミナー」についてのお話を伺いました。 インタビュアー:アスマン株式会社 代表・藤澤市郎さん


ストレス対策の第1歩、メンタルヘルスの「セルフケア」とは

ストレス対策の第1歩、メンタルヘルスの「セルフケア」とは

メンタルヘルス不調のサインを見逃さずセルフケアを行うことは、さらに調子を悪くしたり、こころの病気に進行したりするのを未然に防ぐことにつながります。ストレスについて正しい知識を持ち、自分のストレスサインに気づき、自ら対処できるようセルフケアの基礎を知っておきましょう。


メンタルヘルスに関する資格・役職(企業内で選任する者)

メンタルヘルスに関する資格・役職(企業内で選任する者)

メンタルヘルスに関する資格や役割は、産業医、衛生管理者、心理職などさまざまなものがあります。特に事業場内では資格を有しかつ選任された者が、セルフケアやラインケアの支援を行い、職場のメンタルヘルスケアにおいて中心的な役割を担います。


職場のメンタルヘルス 管理職・管理監督者の役割とは?

職場のメンタルヘルス 管理職・管理監督者の役割とは?

昨今、安全配慮義務が指し示す“配慮すべき安全”は、メンタルヘルスも含まれるという考え方が主流になりました。また、職場のラインケアの要として、管理職・管理監督者は日常的に部下の状態を把握しておく必要があります。このように職場のメンタルヘルスケアにおける、管理職・管理監督者の役割は重要です。


最新の投稿


従業員のコミュニケーション能力UPと生産性向上のためのマインドフルネスセミナー紹介動画

従業員のコミュニケーション能力UPと生産性向上のためのマインドフルネスセミナー紹介動画

マインドフルネスや瞑想の効果は、ストレスの抑制などメンタルヘルス対策として捉えられがちです。 実際は、マインドフルネスや瞑想の適用範囲はコミュニケーション能力UPと生産性向上といような能力開発にも大きな効果を発揮します。 このセミナーは健康経営優良法人認定の実践事例という位置づけで構成されています。これらの対策としてのマインドフルネスセミナーの様子を動画でご覧ください。


データヘルス見本市 主催者セミナー:どうすれば成果が上がる?特定健康保険指導のモデル実施について

データヘルス見本市 主催者セミナー:どうすれば成果が上がる?特定健康保険指導のモデル実施について

2018年10月に大阪で開催された「データヘルス・予防サービス見本市2018」では、健康経営や健康スコアリング、特定保健指導などについてのセミナーが開催されました。特定保健指導のモデル実施についてのセミナーでは実際に成果が上がっている組合からの意外な対策方法の報告、今すぐ取り入れられる方法を話し合う対談も行われ、必聴のセミナーとなりました。厚生労働省 保険局 医療費適正化対策推進室室長・廣瀬佳恵氏、健康保険組合連合会理事・棟重卓三氏、あいち健康の森健康科学総合センターセンター長・津下一代氏、さらに取組報告では、グラクソ・スミスクライン健康保険組合の住田規行氏と、FUJI健康保険組合の宮下知子氏が登壇しました。


データヘルス見本市主催者セミナー:高齢化による介護と保健事業一体化を進めるにあたって

データヘルス見本市主催者セミナー:高齢化による介護と保健事業一体化を進めるにあたって

2018年10月に大阪で開催された「データヘルス・予防サービス見本市2018」では、健康経営や健康スコアリング、特定保健指導などについてのセミナーが開催されました。高齢化により医療のあり方は大きな問題となっています。介護と保健事業に関するセミナーでは、保健福祉など様々な分野を経て現職の厚生労働省保健局高齢者医療課課長・込山愛郎氏が登壇しました。


データヘルス見本市2018 主催者セミナー:健康スコアリングの活用とコラボヘルス推進方法のすべて

データヘルス見本市2018 主催者セミナー:健康スコアリングの活用とコラボヘルス推進方法のすべて

2018年10月に大阪で開催された「データヘルス・予防サービス見本市2018」では、健康経営や健康スコアリング、特定保健指導などについてのセミナーが開催されました。健康スコアリングによる「見える化」についてのセミナーは、「健康寿命」という著書を20年前に出版したことで有名な東北大学大学院医学系研究科教授・辻一郎氏が登壇しました。いま非常に注目が集まっている健康スコアリングについての本格的なセミナーということで会場は熱気に包まれました。


健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第4回)

健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第4回)

2018年9月、健康経営の名づけ親:特定非営利活動活動法人健康経営研究会と大塚製薬の共催による「健康経営実践セミナー2018」が43会場で盛大に開催され、健康経営における現在の取組み状況、企業のこれからの課題、さらに実際に企業内で行なわれている取組み事例紹介を軸として4つの講演が開催されました。健康経営の広場では、このセミナーの4つの講演内容をご紹介してまいります。4つ目の講演は、全日本空輸株式会社人材戦略室労政部厚生チームリーダー・佐藤成俊氏、キャノン株式会社安全衛生部副部長の矢内美雪氏の2名が登壇し、それぞれの企業の健康経営の取り組みについての説明が行われました。