健康経営の事例〜食育活動による健康経営の推進

健康経営の事例〜食育活動による健康経営の推進

「健康経営の広場」を運営する、株式会社セルメスタ。代表取締役である熊倉 利和さんに、食育活動による健康経営の推進についてお話いただきました。


健康経営をはじめるきっかけ

当社の加盟している健康保険組合では、2015年から各社従業員の健診結果を集計し、人事部にその結果を報告するサービスを開始しました。健診結果になんらかの異状がみられる者を「有所見者」といいますが、組合全体平均67.5%に対して、当社は80.6%、つまり、5人中に4人の割合の従業員が健診結果に異状アリということがその報告書からわかったのです。また、有所見者の異状アリの原因の86.7%が糖尿病、高血圧、脂質異常症といった生活習慣病でした。

生活習慣病は、ガン、脳血管疾患、心疾患といった3大死因の原因ともいわれております。いわゆる中小企業の当社にとっては、従業員一人ひとりが即戦力であり、それぞれの代わりが居ないのが現状です。生活習慣病による長期リタイアといったリスクが8割近い従業員にあることは当社の経営上においても大変なリスクと認識したのがきっかけです。

当社の健康経営の特徴

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

当社の健康経営の特徴は大きく3つあります。一つは、「トップ自ら健康経営を牽引」すること、二つ目は健康経営の施策として、「食育活動をメインに推進」していること、三つ目は社内に「健康経営推進委員会という組織を設置」し、トップだけでなく組織的で継続的に推進できる体制を整えていることです。

一つ目の「トップ自ら健康経営を牽引」については、私は100キロを14時間以内に走るウルトラマラソンなどハードなスポーツが趣味です。この競技で完走するには生半可な体力では難しく、食事に関する知識を習得して実践することで、パフォーマンスの向上を図っています。また、5年前から仕事のストレス対策として、毎朝ヨガと瞑想を実践し、両方の指導者の資格を取得しています。冒頭の報告書に危機感を持った私は、これらの知識を従業員の健康にも活かそうと考えたのです。

二つ目の「食育活動をメインに推進」については、平日はいそがしく働いている当社では、従業員に運動しろといってもなかなか難しい。しかし、運動習慣のない従業員でも食事は一日3食、毎日するもの。生活習慣に問題がある従業員が8割を占める当社にとって、食育はピッタリのテーマということで、私が食育セミナーの講師となり、従業員に「食」の大切さを伝えています。

また、1日のうち1食は健康に心掛けた食事をして欲しいと思い、昼食補助制度を導入しました。内容は、2つあり、ひとつは、手作り弁当補助です。持参したお弁当の写真をメールにて添付してもらい、補助金を支給するものです。もうひとつは、無添加弁当補助です。現在、株式会社スマイリー提供の「置き弁」を導入しています。この「置き弁」というのは、無添加で塩分5%未満のヘルシー弁当を会社で準備し、利用者には代金の1部を補助しています。

三つ目の「健康経営推進委員会という組織を設置」については、食育セミナーや昼食補助制度に加えて、年4回のダイエットウィークを事務局として運営をおこない、それぞれの費用対効果の検証を継続しています。

このダイエットウィークの効果検証は参加者が2つのダイエットプログラムから一つを選んでダイエットに挑戦するのですが、プログラム開始時と終了時、郵送検診サービスを活用することで、体重、体脂肪率の測定に加え、メタボ検診の項目を測定して、血糖値、コレステロールなど体内の変化も見える化して、従業員にフィードバックしています。

社員インタビュー

株式会社セルメスタ
フォースマネジメント チームリーダー 佐藤琢也さん

私は健康経営推進委員会の委員長として、社長と共に社内にこの普及活動しています。食育セミナーを始めた当初、「なんか社長がまた面倒くさいことをはじめた」「ちゃんと仕事で成果を上げているのだから、個人の生活習慣にまで会社にとやかく言われたくない。」という否定的な意見もありました。

最初の食育セミナー後のダイエットウィークへの参加者はたった2人(そのうちの一人は私)で、社長に半ば強制的にこのプログラムに参加させられました(苦笑)。ただ、身近な同僚がこのプログラムでダイエットに成功することで、徐々に参加者が増えてきています。社長の独りよがりではく、健康経営推進委員会という継続的な仕組みとして健康経営のなかに取り込むことで、少しずつ食育活動が当社内に浸透し始めています。

ちなみにダイエットウィークとは、普段の食生活を専門家(社長)のカウンセリングサポートのもと、一定期間リセットすることで、体質改善を図るプログラムです。また、同じタイミングで職場の仲間同士がこのプログラムに参加できるので、お互いに情報交換したり、励ましあったりする効果も期待できます。

プログラムの内容ですが、ひとつは、食べる断食です。これは、カロリー、糖質制限なしで、「若玄米とお味噌汁」を1日3食10日間過ごすというもので日本健康食育協会が監修を務めているプログラムです。

もうひとつは、ミネラルファスティングです。これは、酵素入りドリンクと2リットル以上の水だけで3日~6日間過ごすというプログラムです。酵素入りドリンクは、人体に必要な栄養素が入っているため、空腹感もありません。私はこのミネラルファスティングに挑戦しましたが、食べないことに抵抗感がありましたが、やってみると普通に毎日が過ごせ、確実にダイエット効果がありました。

当社の健康経営の効果と今後

2016年、食育セミナーは4回開催し全従業員が受講いたしました。第1回の参加者がわずか2人だった、ダイエットウィークも4回開催、延べ31人が参加するようになり、すそ野が拡大しております。

今後の取り組みとしては、健康経営推進委員会による食育活動を中心とした健康経営の浸透だけでなく、従業員から健康経営のアイデアを募り、さらに従業員が参加しやすいプログラムを健康経営メニューに加えていくことで、現在の健診結果の有所見者5人中4人を3年後には5人中1人の水準まで改善させたいです。

企業データ

会社名:株式会社 セルメスタ(Selmesta CO.,LTD.)
事業内容:1.一般用医薬品、救急医薬品セット、介護用品、防災用品、健康食品の販売
     2.郵送検診事業の受託
     3.郵送検診キットの販売
     4.インターネットを利用した各種情報提供サービス及び販売
     5.医療費抑制事業
     6.不動産管理事務の受託
所在地:〒130-8671 東京都墨田区石原4丁目25番12号
資本金:9,900万円
従業員数:約60名

取材・講演の依頼はこちら

関連するキーワード


健康経営 事例

関連する投稿


食育活動の広がりを実感!「健康食育AWARD2018」

食育活動の広がりを実感!「健康食育AWARD2018」

2018年2月に開催された、「健康食育AWARD2018」。ファイナリスト8組による熱いプレゼンテーションが行われた決戦大会の様子をお伝えします。


データヘルス・予防サービス見本市2017 参加企業紹介

データヘルス・予防サービス見本市2017 参加企業紹介

2018年1月に東京で行われたデータヘルス・予防サービス見本市2017の参加企業の一部をご紹介します。(敬称略・順不同)


ホワイト500認定企業:大塚製薬株式会社 インタビュー(後編)

ホワイト500認定企業:大塚製薬株式会社 インタビュー(後編)

2017年2月に、「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定された、大塚製薬株式会社。人事部 部長補佐で健康管理室室長の田中 静江さんにお話を伺いました。 インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


健康経営インタビュー:大塚製薬株式会社(前編)

健康経営インタビュー:大塚製薬株式会社(前編)

2017年2月に、「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定された、大塚製薬株式会社。人事部 部長補佐で健康管理室室長の田中 静江さんにお話を伺いました。 インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


健康経営銘柄・ホワイト500認定企業:塩野義製薬株式会社 インタビュー(後編)

健康経営銘柄・ホワイト500認定企業:塩野義製薬株式会社 インタビュー(後編)

2年連続で「健康経営銘柄」に選定された、塩野義製薬株式会社。人事総務部 EHS推進室長 樺木 幹雄さんにお話を伺いました。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


最新の投稿


実録!働きながらできるミネラルファスティングのビフォー・アフター(前編)

実録!働きながらできるミネラルファスティングのビフォー・アフター(前編)

株式会社ファイブグループでは、社内で健康経営推進委員会が中心となり「ファイザップ」と称したダイエットイベントで生活習慣の改善を試みています。その一環として、セルメスタ代表・熊倉がミネラルファスティングの指導をすることになりました。


食育活動の広がりを実感!「健康食育AWARD2018」

食育活動の広がりを実感!「健康食育AWARD2018」

2018年2月に開催された、「健康食育AWARD2018」。ファイナリスト8組による熱いプレゼンテーションが行われた決戦大会の様子をお伝えします。


ワークスタイル変革で従業員のロイヤルティ・生産性向上を目指す

ワークスタイル変革で従業員のロイヤルティ・生産性向上を目指す

企業経営においてワークスタイル変革でワーク・ライフ・バランスを向上させることと、従業員のロイヤルティ・生産性向上を図ることは相反関係にあると思われがちです。しかし、これらは決して相反することがらではなく、車の両輪のように相乗効果が望めるものなのです。


働き方改革、ホワイト企業の源流は?ワーク・ライフ・バランス史

働き方改革、ホワイト企業の源流は?ワーク・ライフ・バランス史

働き方改革、ホワイト企業化など、労働環境の未来へ向けた新しい取り組みが注目されていますが、これらを成功させるためにも、これまでの労働環境を取り巻く状況や、改善へ向けた歩みを学んでおくことは重要です。ワーク・ライフ・バランス史は、自社の働き方を見直す重要なきっかけとなるでしょう。


データヘルス・予防サービス見本市2017 参加企業紹介

データヘルス・予防サービス見本市2017 参加企業紹介

2018年1月に東京で行われたデータヘルス・予防サービス見本市2017の参加企業の一部をご紹介します。(敬称略・順不同)