ホワイト500認定企業の事例:株式会社ファイブグループ(後編)

ホワイト500認定企業の事例:株式会社ファイブグループ(後編)

「関わるすべての人が楽しくなれる環境を作ること。」を企業理念に、飲食店を運営している株式会社ファイブグループ。今回は、総務部 課長の岩永 敏幸さんにお話を伺いました。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


前編はこちら

前編では、ホワイト500を目指した経緯や注力している施策などについてお伺いしました。後編となる本記事では、ホワイト500認定後の社内外の変化やこれからの展望などについてお話しいただきます。

3.ホワイト500認定後の社内外の変化

─ ホワイト500に認定されてから、社内外でなにか変化はありましたか?


岩永さん:まず社内だと、健康経営という言葉が定着し、より浸透率がアップしたと感じます。従業員同士の飲み会でも、健康経営という言葉が飛び交うようになりました。飲みすぎている従業員に対して「健康経営大丈夫ですか?」と声をかけることも(笑)。一人ひとりが自然と健康を意識できるようになってきていると思います。また、会社全体で健康経営に取り組むことで、働くことへの安心感も醸成できています。働きながら健康になれる、というような。


─ 仕事をするということは身を削ることだ、といった意見もあります。しかし御社を見ていると、仕事と健康は二律背反の概念ではないですよね。


岩永さん:仕事をしているときもプライベートのときも、自然と健康に意識が向いています。会社発信の取り組みですが、仕事だけでなく生活の改善にもつながりますので、心身ともにリラックスできて職場に来られるという、いい循環につながっていると感じます。


─ 実際そういった部分で最前線を行ってくれたのが、ファイザップでファスティングに参加してくれた3名です。仕事をしながら断食をして健康を維持、ファスティングが終わる頃には健康への意識が変わり、両立していけるという自信まで得られていました。彼らが実体験を啓蒙し、周りに広がっていくといいですよね。

4.健康経営を進めるにあたり苦労した点など

─ ちなみに、健康経営を進めるにあたり苦労したことはありましたか?

岩永さん:従業員の意識をどう向上させるかということに関しては苦労しました。いきなり健康経営と言っても、そこまで健康を意識していなかった従業員たちにどうアピールするか。当社は比較的従業員の年齢層が若いので、もともと健康に対する意識がそこまで高くなかったのです。そこで、楽しく参加できて健康につながるという部分を知ってもらうために、ファイザップやマラソン大会などのイベントを開催しました。まずは知ることで、健康に対する意識が向上していくのかな、と。
あと、せっかくホワイト500に認定されたことですし、これからどうやってPDCAを回していくかについても悩みました。従業員に向けては、「普段の生活から見直すことができますよ」と、取り組むことでどうなるかの目的を話すようにしています。インストール研修や月初発表会でも、健康経営につながるようなことを伝えています。伝え続けていくことで健康経営が定着し、継続維持ができるかなと考えています。

─ インストール研修、月初発表会とはどのようなものでしょう?

岩永さん:インストール研修は、入社する際の4日間の研修のことです。会社の理念の説明や社長の講話があり、私が担当する研修もあります。そこで「会社は健康経営をやっていて、今年ホワイト500に認定されました」というところから話しています。総務のミッションとして「安心して働ける環境づくり」というものがあるので、この会社に入ってよかったと安心してもらうための研修でもあります。

─ それはもう狙い通りですね。

岩永さん:はい。月初発表会は事務所のメンバーだけで行う会議で、文字通り月初に行い、前月の振り返りをしたり今月の目標を発表したりしています。休暇取得率や法定労働時間を超えている従業員は何人か、など数値の発表もし、それも健康経営につながっているというところで言葉の定着化を狙っています。

─ ちなみに、ホワイト500に認定されて、社外向けに発表などはされたのですか?

岩永さん:社外に対しては、ホワイト500に認定されたことのプレスリリースを出したり、Webサイトに労働環境改善への取り組みを発表したりしました。会社が大きくなるにつれ責任も伴いますので、社内外に広く広報しています。

─ ひところ、飲食界隈ではブラック状態になっていることが社会問題になったりもしました。そんな業界で、まったく真逆のことをやっているというのがすごいですよね。社員はもちろんアルバイトも含め、なにかとシフトのやりくりなどが難しいと思います。しかし、飲食業でもホワイトでやれるということを示したのは、社会的に大きいですね。

岩永さん:たしかに、同じ業界で健康経営優良法人に認定されているところは少なかったように思います。

─ 逆に同じ飲食業で別の企業の従業員からしてみたら、「飲食でホワイトなんてできるの!?」と思われるかもしれませんね。

岩永さん:健康経営を維持していくための基準は高いハードルだということを、社内外に広く伝えています。だからこそ従業員みんなで協力して体制づくりをしていこうと。例えば健診受診率99.8%ではだめ、100%じゃないと、といった具体的な数字も出すようにしています。

5.これから力を入れていきたいこと

─ 健康経営を継続し、ホワイト500に認定された企業として、これからどのようなことに力を入れていくと考えていらっしゃいますか?

岩永さん:最終的には、従業員一人ひとりが思い描いている仕事の仕方、生活の仕方を会社がサポートできるようにしたいと考えています。仕事面だと、時短や休暇を増やすなど、多用な働き方にマッチした制度をつくりたいです。健康管理と増進のために女性の検診内容も拡充していきたいです。生活面だと、ファイザップやマラソン大会、クラブ活動などイベントを通して新しい発見・体験をすることで、食生活の見直しや運動習慣につながっていけば、より生活が充実して働く意欲もわいてくると考えています。寝不足だったり偏った食生活だったり、家に寝に帰るだけの生活だったりすると、やはり労働意欲も失せてしまいますし悪循環ですよね。仕事と生活が密接に関わっているということを認識した上で、しっかり会社がサポートしていけるような仕組みづくりにより力を入れていきたいです。

─ これからも健康経営アドバイザーとして、お力になれればと思います。本日はありがとうございました。

前編はこちら

<企業データ>

会社名:株式会社ファイブグループ
事業内容:飲食事業(居酒屋・ダイニング等)の経営・企画・運営店舗プロデュース事業
所在地:〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-5-10 いちご吉祥寺ビル 7F
資本金:10,000,000円
従業員数:2,261人(正社員304名・アルバイト1,957名)※グループ直結

取材・講演の依頼はこちら

関連するキーワード


健康経営 事例

関連する投稿


ウェルビーイング経営とは?健康で幸せな働き方をするためのポイント

ウェルビーイング経営とは?健康で幸せな働き方をするためのポイント

2019年12月4日(水)、ベルサール神田にて開催された「健康経営フォーラム2019 in東京」。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科、研究科委員長・教授である前野隆司氏が登壇され、「幸福経営学」について語りました。働き方改革が進む中、より一層重要度の増すウェルビーイング経営に関して、詳しく学ぶことができました。


健康経営のその先へ。人と組織を活性化し、社会の「しあわせ」を創る丸井グループのウェルネス経営

健康経営のその先へ。人と組織を活性化し、社会の「しあわせ」を創る丸井グループのウェルネス経営

丸井グループが取り組んでいる「ウェルネス経営」は、人と組織、社会を活性化させ、すべてのステークホルダーの「しあわせ」を実現するというもの。その中核として推進してきたのが産業医の小島玲子先生(丸井グループ専属産業医 執行役員健康推進部長)。健康経営を社員の単なる健康管理ではなく、企業や社会に利益をもたらす経営戦略として捉え、企業風土をも変革していきました。(インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和)


まさにお手本!ビックカメラの健康経営の進め方

まさにお手本!ビックカメラの健康経営の進め方

コジマ、ソフマップというグループ企業を合わせると、約14,000もの従業員がいるビックカメラ 。そんな大企業が、いかに健康経営を推し進めていったのでしょうか。まず誰かがやりたい と声をあげ、専門家や社内各部署の協力を仰ぎながら進めていく姿は、まさに健康経営推 進の理想型。今回は推進の中核を担った『いきいき働く推進チーム』のリーダーを務める 根本さんにお聞きしました。(インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和)


大塚製薬2019年健康経営実践セミナー 事例紹介編

大塚製薬2019年健康経営実践セミナー 事例紹介編

2019年10月10日(水)、ライブオン形式(都内のスタジオから生中継)で全国48会場を結び、約800名が参加して行われた健康経営®︎実践セミナー。事例発表として登場したのが、株式会社井上蒲鉾店 代表取締役の牧田知江子氏と『セイムス』を始め、ドラッグストアを1337店展開する株式会社富士薬品。前者は、食を扱う老舗としてのモノづくりのこだわり、中小企業の健康経営で大切なことなどについて。後者は管理栄養士のマネジメントや店舗での相談会などを担当する鎌田梨菜氏が、『ドラッグストアの地域貢献 〜働く人の健康づくり〜』というテーマで事例を発表してくれました。


シリーズ『私の生きがい組織』(第二回) 仕事が生きがいになる時、強い会社が生まれる

シリーズ『私の生きがい組織』(第二回) 仕事が生きがいになる時、強い会社が生まれる

赤字が続く中、会社の経営を引き継いだ大橋運輸株式会社 代表取締役 鍋嶋洋行氏。業界の競争も激化する中、事業方針を大きく転換。規模ではなく、付加価値の高い仕事に注力。社員の働きがいと利益率を重視しながら、会社の立て直しに成功。地域貢献にも力を入れ、地元になくてはならない会社となるとともに、国内外から求人応募が届くなど、今、熱い視線が向けられています。(インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表取締役社長 熊倉利和)


最新の投稿


ウェルビーイング経営とは?健康で幸せな働き方をするためのポイント

ウェルビーイング経営とは?健康で幸せな働き方をするためのポイント

2019年12月4日(水)、ベルサール神田にて開催された「健康経営フォーラム2019 in東京」。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科、研究科委員長・教授である前野隆司氏が登壇され、「幸福経営学」について語りました。働き方改革が進む中、より一層重要度の増すウェルビーイング経営に関して、詳しく学ぶことができました。


【講演&ディスカッション】健康づくりの未来 ~2040年に向けた挑戦~

【講演&ディスカッション】健康づくりの未来 ~2040年に向けた挑戦~

2019年11月26〜27日にプリズムホール(東京都文京区)で開催された『データヘルス・予防サービス見本市2019』。津下一代氏(あいち健康の森健康科学総合センターセンター長)がコーディネーターとなって開かれた講演&ディスカッションでは、経済産業省、スポーツ庁、厚生労働省の課長というまさに最前線で日本の課題に取り組む人たちによる大変示唆に富むお話が聞けました。


【講演】社会課題で“熱狂”をうむ方法 ~注文をまちがえる料理 店のつくりかた~

【講演】社会課題で“熱狂”をうむ方法 ~注文をまちがえる料理 店のつくりかた~

2019年11月26〜27日にプリズムホール(東京都文京区)で開催された『データヘルス・予防サービス見本市2019』。小国士朗氏(『注文をまちがえる料理店』発起人)の講演テーマは、『社会課題で“熱狂”をうむ方法 ~注文をまちがえる料理店のつくりかた~』。認知症の方々が働くレストランを開いた理由、そして、そこから感じ取ったことについて話してくれました。


【講演】“暮せば健康になるまち”松本の実現へ

【講演】“暮せば健康になるまち”松本の実現へ

2019年11月26〜27日にプリズムホール(東京都文京区)で開催された『データヘルス・予防サービス見本市2019』。小林浩之氏(松本市商工観光部健康産業・企業立地担当部長)の講演のテーマは、「“暮せば健康になるまち”松本の実現へ」。長野県松本市の様々な取り組みについて話してくれました。


【講演】健康経営における食生活改善の推進

【講演】健康経営における食生活改善の推進

2019年11月26〜27日にプリズムホール(東京都文京区)で開催された『データヘルス・予防サービス見本市2019』。武見ゆかり先生(女子栄養大学・大学院教授〔食生態学研究室〕)の講演テーマは、『健康経営における食生活改善の推進』。健康寿命を延ばすための食事や、その食事を提供していくための環境づくりについて話してくれました。