健康経営銘柄企業:塩野義製薬株式会社 お取組み事例(後編)

健康経営銘柄企業:塩野義製薬株式会社 お取組み事例(後編)

2年連続で「健康経営銘柄」に選定された、塩野義製薬株式会社。人事総務部 EHS推進室長 樺木 幹雄さんにお話を伺いました。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


前編はこちら

前編では、古くから続く健康経営の歴史や健康保険組合との結びつき、心身に対する健康施策などについてお伺いしました。後編となる本記事では、禁煙、重症化予防の施策や今後の展望についてお話しいただきます。

4.禁煙、重症化予防の施策

─ では、先ほど3つめのポイントにあげられていた「禁煙」についてはいかがでしょうか。

樺木さん:2008年に27.5%だった喫煙率が、2015年に17.1%になり、それからも徐々に下がり続けています。施策としては、禁煙プログラムをつくったり、禁煙補助を出したりしました。まずは一部敷地内禁煙や作業時間内禁煙などから始め、禁煙の仕組みを徐々に広げていきました。社長自身が吸っていないというのも大きいです。先ほども申し上げたとおり、事業所ごとに禁煙を含め健康宣言の具体化の目標を立ててもらっているので、わたしたちが半年ごとに進捗を聞いて、後押しをしながら進めています。禁煙も健康宣言のひとつに組み込まれています。最終的には敷地内完全禁煙が実現できればと思っています。

─ メンタルヘルス対策は事業主主体ですが、禁煙施策は健保主体ですか?

樺木さん:禁煙補助を提供しているのは健保ですが、安全衛生委員会で目標を決めていますので、まさに健保と会社がコラボして実施しています。そういった意味では、健康ウォークも一緒にやっていますね。また、2009年に、社長と産業医一同と健保理事長の3者で禁煙声明を出しています。先ほどの健康ウォークしかり、さまざまなイベントに対して社長がメッセージを出しているのも弊社の特徴と言えるのではないでしょうか。

─ イベントごとに社長がメッセージを出すという会社は初めて聞きました。めずらしいですし、なにより効果がありそうですね。ちなみに、重症化予防についてはどうでしょうか?

樺木さん:重症化予防は健保のほうでやっています。血圧が高い方や糖尿病の検査値が悪い方については、受診勧奨や生活(食事、運動)指導を行っています。ただ、対象となる方の数が、一般的な数値と比べてそもそも少ないようです。

─ たしかに、2009年から健康ウォークを年2回やっていらっしゃって、その参加率の高さからも社員の健康意識の強さが伺えます。そういった意味で、特定保健指導のなかで、積極的支援と動機付け支援のウエイトも減ってきているのでしょうか。

樺木さん:2015年度、積極的支援は5.1%、動機付け支援は6.1%でした。2014年の時点で、特定保健指導実施率100%を目指すと記しています。特定健康診査等実施計画書上の数値としては、2016年度の実施率が86.8 %(被保険者約100%、被扶養者62.8%)まであがってきました。

─ 一般的に、保健指導の対象者の割合としては2割くらいですので、積極的支援と動機付け支援を合わせて11%というのは、すばらしい数字ですね。特定保健指導の実施率が2014年度で77.1%まで上がってきているのも驚くべき実績です。40歳以下の方々の定期健診についてはいかがでしょうか?

樺木さん:定期健診の内容については、法定以外の項目も充実させています。バリウムも35歳過ぎると検査対象となりますし、眼底やエコーなども入っており、一般的な健診より項目が多いということは聞いています。血液検査ではヘモグロビンや血糖値なども見ますね。

5.今後の展望について

─ 今後の展望についてお聞かせください。

樺木さん:そうですね、まずは健康ウォークの参加率についてです。参加率は登録率であって、参加登録した40%の社員が実際ウォーキングに取り組んでいるかというと、そうではない場合もあります。例えば営業の方ですとか、もっと健康になっていただきたい層を中心にプッシュするなど、次の課題にしていきたいと考えています。食を含めて従業員がより健康になり、パフォーマンスを出せる用意をするというのが、次の施策になるかな……と計画中です。

─ 食という意味で、塩分測定なども健診項目に取り入れていらっしゃるとか?

樺木さん:塩分測定はまだやり始めたばかりです。健診時の推定塩分量測定や社員食堂の業者さんに減塩メニューを開発してもらったりしています。社員食堂は工場や研究所、大きな事業所など全国で5カ所ありますが、スタートしているのはまだ1カ所だけです。今後拡大していきたいですね。

今はさまざまな会社さんが健康経営に力を入れ始めて、差が徐々にせばまってきていると感じています。せっかく健康経営銘柄やホワイト500に選んでいただいたので、このまま維持できるように努力を続けたいと思っています。視点を外に広げながら動きつつも、まずは自社の従業員の健康をきっちり確保して、よりパフォーマンスを出せるようにしたいです。

─ 本日はありがとうございました。

前編はこちら

<企業データ>

会社名:塩野義製薬株式会社
事業内容:医薬品、臨床検査薬・機器などの製造・販売
本社所在地:〒541-0045 大阪市中央区道修町3丁目1番8号
資本金:212億7,974万2,717円
連結従業員数:合計 5,511名

取材・講演の依頼はこちら

関連する投稿


健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第4回)

健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第4回)

2018年9月、健康経営の名づけ親:特定非営利活動活動法人健康経営研究会と大塚製薬の共催による「健康経営実践セミナー2018」が43会場で盛大に開催され、健康経営における現在の取組み状況、企業のこれからの課題、さらに実際に企業内で行なわれている取組み事例紹介を軸として4つの講演が開催されました。健康経営の広場では、このセミナーの4つの講演内容をご紹介してまいります。4つ目の講演は、全日本空輸株式会社人材戦略室労政部厚生チームリーダー・佐藤成俊氏、キャノン株式会社安全衛生部副部長の矢内美雪氏の2名が登壇し、それぞれの企業の健康経営の取り組みについての説明が行われました。


働き方改革で時間外勤務は8時間以下!三共精機株式会社の健康経営

働き方改革で時間外勤務は8時間以下!三共精機株式会社の健康経営

社内の仕組みを上手に管理して、時間外勤務時間が月平均8時間以内という三共精機株式会社。社長の石川 武さんが経営理念に込めた『想い』が、まさに形になった健康経営の取り組みとなっています。そんな三共精機株式会社の具体的な施策や、取り組みを詳しくお聞きしてきました。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第3回)

健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第3回)

2018年9月、健康経営の名づけ親:特定非営利活動活動法人健康経営研究会と大塚製薬の共催による「健康経営実践セミナー2018」が43会場で盛大に開催され、健康経営における現在の取組み状況、企業のこれからの課題、さらに実際に企業内で行なわれている取組み事例紹介を軸として4つの講演が開催されました。健康経営の広場では、このセミナーの4つの講演内容をご紹介してまいります。3つ目の講演は、経済産業省ヘルスケア産業課・紺野春菜氏が登壇し、日本の健康経営の浸透度合いについて、具体的な数値をもってご紹介いただきました。


データヘルス見本市 主催者セミナー:健康経営の新しいカタチ「ウェルビーイング経営」とは

データヘルス見本市 主催者セミナー:健康経営の新しいカタチ「ウェルビーイング経営」とは

スグに満員になってしまったデータヘルス見本市の主催者セミナー。健康経営や健康スコアリング、特定保険指導などについてのセミナーが開催されました。 「ウェルビーイング経営」は、健康経営のさらに進化したスタイルであるという新しい提案や研究を行っている、武蔵大学経済学部経済学科・森永雄太氏が登壇しました。 ウェルビーイング経営は今後のトレンドとなる可能性もあることから、聴き逃すことのできない内容のセミナーとなりました。


健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第2回)

健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第2回)

2018年9月、健康経営の名づけ親:特定非営利活動活動法人健康経営研究会と大塚製薬の共催による「健康経営実践セミナー2018」が43会場で盛大に開催され、健康経営における現在の取組み状況、企業のこれからの課題、さらに実際に企業内で行なわれている取組み事例紹介を軸として4つの講演が開催されました。健康経営の広場では、このセミナーの4つの講演内容をご紹介してまいります。 企業の労働者が置かれている現状、問題点はいったいどのようになっているのでしょうか?第2回目は良い睡眠のためのスキルやそのポイントについて、北里大学大学院医療系研究課産業精神保健学・教授の田中克俊氏の講演内容のご紹介です。


最新の投稿


データヘルス見本市2018 主催者セミナー:健康スコアリングの活用とコラボヘルス推進方法のすべて

データヘルス見本市2018 主催者セミナー:健康スコアリングの活用とコラボヘルス推進方法のすべて

2018年10月に大阪で開催された「データヘルス・予防サービス見本市2018」では、健康経営や健康スコアリング、特定保健指導などについてのセミナーが開催されました。健康スコアリングによる「見える化」についてのセミナーは、「健康寿命」という著書を20年前に出版したことで有名な東北大学大学院医学系研究科教授・辻一郎氏が登壇しました。いま非常に注目が集まっている健康スコアリングについての本格的なセミナーということで会場は熱気に包まれました。


健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第4回)

健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第4回)

2018年9月、健康経営の名づけ親:特定非営利活動活動法人健康経営研究会と大塚製薬の共催による「健康経営実践セミナー2018」が43会場で盛大に開催され、健康経営における現在の取組み状況、企業のこれからの課題、さらに実際に企業内で行なわれている取組み事例紹介を軸として4つの講演が開催されました。健康経営の広場では、このセミナーの4つの講演内容をご紹介してまいります。4つ目の講演は、全日本空輸株式会社人材戦略室労政部厚生チームリーダー・佐藤成俊氏、キャノン株式会社安全衛生部副部長の矢内美雪氏の2名が登壇し、それぞれの企業の健康経営の取り組みについての説明が行われました。


データヘルス見本市講演:お薬手帳によるジェネリック切替健保様事例

データヘルス見本市講演:お薬手帳によるジェネリック切替健保様事例

11月20日に文京区プリズムホールで行われたデータヘルス・予防サービス見本市2018。その中で一際盛り上がりを見せた出展者セミナーの様子をご紹介します。登壇者は、健保設立以来15年ほど常務理事として在任されていて保健事業に大変造詣の深い、ひかり健康保険組合常務理事の太田幸生氏、株式会社ヘルスケアマーケティングでジェネリックの担当、及び健康ポータルサイト「健やか」の開発責任者である小林剛氏、司会進行は株式会社セルメスタ代表 熊倉利和です。


働き方改革で時間外勤務は8時間以下!三共精機株式会社の健康経営

働き方改革で時間外勤務は8時間以下!三共精機株式会社の健康経営

社内の仕組みを上手に管理して、時間外勤務時間が月平均8時間以内という三共精機株式会社。社長の石川 武さんが経営理念に込めた『想い』が、まさに形になった健康経営の取り組みとなっています。そんな三共精機株式会社の具体的な施策や、取り組みを詳しくお聞きしてきました。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


問合せ殺到!ひかり健保の電子お薬手帳と健康ポイントによる後発医薬品使用の促進

問合せ殺到!ひかり健保の電子お薬手帳と健康ポイントによる後発医薬品使用の促進

11月20日のデータヘルス見本市2018東京会場で開催された「ひかり健康保険組合の後発医薬品の使用促進 事例紹介」のセミナー。後発医薬品への使用促進は健康保険組合にとって定番の保健事業ですが、ひかり健康保険組合の取組みはこれまでに無いまったく新しい取組みがスタートしています。 そこに至る背景とまったく新しい電子お薬手帳や健康ポイントによる後発医薬品の使用促進の概要について講演しました。講演終了後はひかり健康保険組合と同様の問題を抱えている健康保険組合からのお問合せが殺到しております。 この記事はデータヘルス見本市でのひかり健康保険組合の講演内容をダイジェストにした紹介動画になります。