ワーク・ライフ・バランスが注目される背景 ホワイト企業を目指して

ワーク・ライフ・バランスが注目される背景 ホワイト企業を目指して

ワーク・ライフ・バランスの向上、それにともなうワークスタイル改革やホワイト企業化など、近年になってさまざまなキーワードが注目されています。その背景には生き方の多様化、男女格差、少子化、超高齢化など、日本の社会構造の大きな変化があり、官民が一体となって取り組むべき課題となっています。


いま、ワークスタイル変革が求められている

Getty logo

ワーク・ライフ・バランスと経済成長は車の両輪

なぜいま、仕事(ワーク)と生活(ライフ)の調和を目指すワーク・ライフ・バランスが注目されているのでしょうか。
ワーク・ライフ・バランスを実現した社会を、「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」では以下のように定めています。

仕事と生活の調和と経済成長は車の両輪であり、若者が経済的に自立し、性や年齢などに関わらず誰もが意欲と能力を発揮して労働市場に参加することは、我が国の活力と成長力を高め、ひいては、少子化の流れを変え、持続可能な社会の実現にも資することとなる。

<引用>仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章 | ワーク・ライフ・バランス| 内閣府男女共同参画局

社会経済構造の変化に適応するために

「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」では、ワーク・ライフ・バランスに取り組む背景として「いまの日本社会では、働き方に関する意識・環境が、社会経済構造の変化に適応しきれておらず、仕事と生活の両立が厳しい」としています。

・安定した仕事に就けず、経済的に自立することができない、
・仕事に追われ、心身の疲労から健康を害しかねない、
・仕事と子育てや老親の介護との両立に悩む
など仕事と生活の間で問題を抱える人が多く見られる。

<引用>仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章 | ワーク・ライフ・バランス| 内閣府男女共同参画局

次項から、日本における仕事と生活のアンバランスについて、主な問題点を挙げていきます。ワーク・ライフ・バランスを向上させるにあたって、これらの是正に官民一体となって取り組むことが急務です。

人々の生き方が変化 多様な働き方の模索

Getty logo

多様な人材をいかすために

かつては夫が働き、妻が家庭で家事育児を担うという役割分担が一般的でした。現在でもこのような役割分担を前提とした仕組みが多く残っています。

しかし、現在は女性の社会参加が進み、勤労者世帯の過半数が共働きであるなど、世帯の姿は変化しています。それにもかかわらず、企業の仕組みや働き方、家庭での役割分担意識がこの変化に追いついていないのが現状です。このような社会では、結婚や子育てが実現しにくく、それは少子化にもつながっています。

また、OECD(経済協力開発機構)によれば、日本は働く男女の格差がほかの OECD 諸国にくらべて大きいとしています。

日本では男女の格差は比較的大きく、OCED 平均より目立った格差がみられる。例えば、女性の賃金は男性より40%近く低く、低賃金の仕事に就く確率は男性の3倍である。

<引用>OECD 2016年版 日本に関する資料(日本語)

少子高齢化の現代では、女性や高齢者の就業参加は不可欠です。また、正社員以外の労働者も大幅に増加しています。多様な人材をいかすためにも、ワーク・ライフ・バランスの向上、ワークスタイル変革を推し進めていく必要があります。

育児・介護のダブルケア フォローはホワイト企業化に必須

ダブルケアとは、育児と介護という2つのケアを同じ人が同時期に行うことを指します。夫婦の結婚や出産の年齡が上がってきたため、かつては時期が重ならなかった2つのライフイベントが重なるようになったのです。

ワーク・ライフ・バランスという視点、生産性向上や労働時間の自由度を広げるなどの施策を行い、ダブルケアにあたる人々が働ける職場環境づくりが求められています。

参考記事:

参考記事:

将来への不安、幸福度の低迷

ワーク・ライフ・バランスだけでなく、健康経営、メンタルヘルスなどの言葉が注目されており、これは前述した問題点のほかに「安定した仕事に就けない」「仕事に追われるあまり、心身の健康を害しかねない」という将来への不安が反映されているためと考えられます。

OECDが提供する『より良い暮らし指標(BLI)』は、暮らしの11の分野(住宅、収入、雇用、共同体、教育、環境、ガバナンス、医療、生活の満足度、安全、ワーク・ライフ・バランス)について38カ国間で比較を行っており、2017年11月には、日本を以下のように分析しています。

・雇用率は74%で、OECD加盟国中最も雇用が安定している国のひとつ
・しかし仕事のストレスは高く、平均所得・家計の調整済み可処分純所得平均ともにOECD平均を下回っている(2016、2015年)
・健康状態の認識を「良好」または「非常に良好」と する人口の割合は OECD平均は半分であるのに対し、日本では 35%に過ぎない。
(ただし、日本では大半の OECD 諸国より多い、49%が「まずまず」と考えている)

ワーク・ライフ・バランス、働き方改革でもたらされる企業のメリット

従来の働き方を見直さなくてはならないワーク・ライフ・バランスの取り組みは、企業にとっては「回収できないコスト」と考えられがちです。しかし、上で述べたように、働く人々のワーク・ライフ・バランスの向上が企業にもたらすメリットには多大なものがあります。

超高齢化社会となったいま、企業にとってワーク・ライフ・バランスの向上、職場の意識や職場風土の改革は、「投資」と考え積極的に取り組むべき課題となっています。

資料のご請求・お問合せはこちら

関連する投稿


ワークスタイル変革で従業員のロイヤルティ・生産性向上を目指す

ワークスタイル変革で従業員のロイヤルティ・生産性向上を目指す

企業経営においてワークスタイル変革でワーク・ライフ・バランスを向上させることと、従業員のロイヤルティ・生産性向上を図ることは相反関係にあると思われがちです。しかし、これらは決して相反することがらではなく、車の両輪のように相乗効果が望めるものなのです。


働き方改革、ホワイト企業の源流は?ワーク・ライフ・バランス史

働き方改革、ホワイト企業の源流は?ワーク・ライフ・バランス史

働き方改革、ホワイト企業化など、労働環境の未来へ向けた新しい取り組みが注目されていますが、これらを成功させるためにも、これまでの労働環境を取り巻く状況や、改善へ向けた歩みを学んでおくことは重要です。ワーク・ライフ・バランス史は、自社の働き方を見直す重要なきっかけとなるでしょう。


健康経営でホワイト企業宣言! 「健康企業宣言」とは?

健康経営でホワイト企業宣言! 「健康企業宣言」とは?

健康企業宣言とは、従業員の健康作りに取り組む企業が宣言を行い、認定されることで名乗ることができる制度です。健康経営をこころざし、ホワイト企業化を目指す企業であれば、ぜひ認定を目指したところです。この記事では、主に東京都の場合を例にとった健康企業宣言の内容と、認定の申請手順についてお伝えします。


健康経営、ホワイト企業に必須! 事業者の健康配慮義務とは?

健康経営、ホワイト企業に必須! 事業者の健康配慮義務とは?

健康経営に積極的に取り組み、ホワイト企業化を目指す企業であればぜひ押さえておきたいのが使用者の「健康配慮義務(安全配慮義務)」です。ここでの健康とはこころの健康も含まれ、労働安全衛生法第三条と労働契約法第五条には、労働者を守る義務とその内容について詳細な記載がされています。


オフィスポの背景と効果 働き方改革、ホワイト企業化の取り組み

オフィスポの背景と効果 働き方改革、ホワイト企業化の取り組み

主に業務のスキマ時間を利用して軽い運動をするオフィスポは、昨今の働き方改革やホワイト企業化へ向けて行われている、さまざまな取り組みのひとつ。運動不足解消のみならず、心のリフレッシュや、社内のコミュニケーション活性化など、さまざまなねらいで実施されています。


最新の投稿


大人気な食育講師の動画セミナー:保健指導の成果が上がらない理由と解決策

大人気な食育講師の動画セミナー:保健指導の成果が上がらない理由と解決策

セルメスタの元気セミナーの大人気講座、4万人以上の食生活を改善してきた柏原先生の講演。 今回は7月11日に東京で開催された講演の内容を動画でご覧いただけるようにいたしました。前回ご都合が合わなかったり、遠方で参加できなかった方は、ぜひ、この機会に動画セミナーをご覧ください。また、前回のセミナーにご参加いただいた方には、同僚や上司、お知り合いにこの動画セミナーをご紹介いただけませんでしょうか。 より効果的な特定保健指導の実施についてお悩みの健保組合の方 ・ホワイト認定における受診勧奨や従業員の食生活の改善に向けた取組みをお考えの方など、健康経営やデータヘルス計画の最前線で従事なさっている方々にもご満足いただける内容となっております


各エキスパートの知見と経験が交わり、健康経営のこれからが見えてきた!

各エキスパートの知見と経験が交わり、健康経営のこれからが見えてきた!

【『健康経営の広場』コミュニティ化プロジェクト キックオフ作戦ダイアログ[2019年8月6日(火) @渋谷]取材レポート】//第二回目となった今回は、健康経営の実践者、ソリューションを提供するエキスパート、情報や人材のネットワークを集約させるプラットフォーマーという各分野から選りすぐりのメンバーが参加。少数精鋭となったが、それだけにより濃密に、より踏み込んだ熱いダイアログ(対話)が展開さました。


満員御礼!健康関数シンポジウムin東京 レポート

満員御礼!健康関数シンポジウムin東京 レポート

理化学研究所が中核機関となって主催された2019年4月22日に開催された健康関数シンポジウムは定員250名の大箱にもかかわらず、スグに満員締切りとなった大人気のシンポジウムです。健康経営の広場ではこのシンポジウムのプログラムを3本のダイジェスト記事でご紹介いたします。


個人の健康度を可視化できる「健康関数」、事業化への期待と課題

個人の健康度を可視化できる「健康関数」、事業化への期待と課題

個人の健康の最大化を目標に、神戸のポートアイランドで展開する「健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス」。理化学研究所や地元自治体、研究機関を中心に、市民も協力、さらに全国から多数の企業が参加し、ヘルスケアの新しいムーブメントを起こしつつあります。その中核技術が個人の健康度を可視化する「健康関数」です。去る4月22日に「健康関数シンポジウム in東京」が開催されました。働き方改革が叫ばれる今、会場は超満員。ここでは、その模様を3回に分けてリポートします。


「健康関数」を支えるセンサー。非接触、非侵襲で未病状態を判定

「健康関数」を支えるセンサー。非接触、非侵襲で未病状態を判定

個人の健康の最大化を目標に、神戸のポートアイランドで展開する「健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス」。理化学研究所や地元自治体、研究機関を中心に、市民も協力、さらに全国から多数の企業が参加し、ヘルスケアの新しいムーブメントを起こしつつあります。その中核技術が個人の健康度を可視化する「健康関数」です。去る4月22日に「健康関数シンポジウム in東京」が開催されました。働き方改革が叫ばれる昨今、会場は超満員。ここでは、その模様を3回に分けてリポートします。