メンタルヘルスに関する資格・役職(企業内で選任する者)

メンタルヘルスに関する資格・役職(企業内で選任する者)

メンタルヘルスに関する資格や役割は、産業医、衛生管理者、心理職などさまざまなものがあります。特に事業場内では資格を有しかつ選任された者が、セルフケアやラインケアの支援を行い、職場のメンタルヘルスケアにおいて中心的な役割を担います。


職場のメンタルヘルス 必要な資格・役職をチェック

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

メンタルヘルス対策には、「労働安全衛生法」で義務付けられているものと、「心の健康づくり計画の策定」など努力目標とされているものがあります。

実際にはどのような資格職を置けばよいのか、具体的にはわからない部分もあるかと思います。まずは厚生労働省が出しているチェックリスト(下記)をもとに、自社の状況を把握しましょう。法律で義務付けられているものを最優先に取り組み、職場の状況と照らし合わせながらメンタルヘルス対策を進めていきます。

「職場のメンタルヘルス対策」チェックリスト
1.安全衛生・健康面の話し合いの場(衛生委員会等)がありますか?
2.事業場におけるメンタルヘルス不調者について把握していますか?
3.心の健康づくりのための計画を立てていますか?
4.事業場内の健康づくり体制(産業医や事業場内メンタルヘルス推進担当者の選任等)はされていますか?
5.教育研修(セルフケア、ラインによるケア等)の実施はされていますか?
6.職場環境等の把握や改善にどのような対応をしていますか?
7.メンタルヘルス不調者への早い気づきやその適切な対応(相談窓口の設置)はどうでしょうか?
8.職場復帰支援をしていますか?

<引用>こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト 15分でわかる 事業場内産業保健スタッフ等によるケア

参考記事:

事業場内産業スタッフ等のメンタルヘルスにおける役割

管理監督者は、部下のメンタルヘルス不調にいち早く気づき声をかけること、相談を受けること、職場環境の改善、職場復帰の支援などを担います。しかし、管理監督者が相談できる専門家がいなければ、その先につなぐことはできません。

事業場内産業保険スタッフ等の役割は、労働者や管理監督者の課題を受け止め、直接対応を行ったり、外部の専門窓口につなげたりする仕組みづくりを行うことです。事業場内産業スタッフ等には、産業医、労働衛生コンサルタント、衛生管理者などさまざまな有資格者が含まれます。次項から、事業場内で中心的な役割を担う主な資格職について説明します。

産業医 50人以上の労働者がいる事業所に選任義務

産業医とは医師の有資格者で、加えて労働者の健康管理等を行う専門的な医学知識を有する者です。労働安全衛生法によって、50人以上の労働者のいる事業場に選任義務があります。

産業医は、働く人々が健康で快適な職場環境で業務を行えるように、産業保健・労働衛生などの専門的な立場で指導・助言をします。産業保険スタッフのリーダー的な立場です。

また、THP(トータルヘルスプロモーションプラン)指針では、産業医はTHPスタッフの指導的立場で健康測定等を担当します。THPスタッフには、このほかに運動指導担当者、運動実践担当者、心理相談担当者(心理相談員)、産業栄養指導担当者、産業保健指導担当者などがあります。

労働衛生コンサルタント

労働衛生コンサルタントは、労働安全衛生法で定められた国家資格です。医師であれば産業医に従事できる資格のひとつです。

保健師と産業看護師

保健師は、厚生労働省の免許を受ける国家資格です。企業内では、産業保険スタッフとして、従業員とその家族の健康管理を行います。

産業看護師は、産業保健スタッフの一員として従事するものです。従業員のメンタルヘルス対策を含む健康管理、作業管理指導、作業環境管理などを担います。

衛生管理者 業種に応じた有資格者を選任

衛生管理者は、職場の健康障害を防止する役割を持ち、作業環境管理、健康管理、労働衛生教育の実施などを行います。労働安全衛生法によって、50人以上の労働者のいる事業場に選任義務があります。衛生管理者になる人物は、業種に応じた有資格者でなければなりません。

また、衛生管理者は労働者数に応じて、選任する人数が定められています。
2人以上の衛生管理者を選任する場合、かつ、衛生管理者のなかに労働衛生コンサルタントがいるときには、労働衛生コンサルタントのうちひとりは専属でなくてもよいとされています。

衛生管理者は少なくとも毎週1回作業場等を巡視し、設備や作業方法をチェックします。その際に健康に有害のおそれがあれば、直ちに必要な対策を講じなくてはなりません。

安全衛生推進者又は衛生推進者

安全衛生推進者又は衛生推進者は、10人以上50人未満の事業場に選任の義務があり、どちらを選任するかは、業種区分によって定められています。その事業場に専属の者を選任する必要がありますが、労働安全コンサルタント、労働衛生コンサルタント等、一定の者を選任した場合にはその限りではありません。

安全衛生推進者又は衛生推進者は、大学又は高等専門学校を卒業し、1年以上安全衛生の実務(衛生推進者は衛生の実務)に従事した経験を有する者とされています。

資料のご請求・お問合せはこちら

関連するキーワード


メンタルヘルス 資格

関連する投稿


[メンタルヘルス対策としてのマインドフルネス実践セミナー]動画紹介

[メンタルヘルス対策としてのマインドフルネス実践セミナー]動画紹介

健康経営、メンタルヘルス対策として、社員向けマインドフルネスセミナーが開催されました。このセミナーは健康経営優良法人認定やストレスチェックの対策の実践事例という位置づけで構成されています。これらの対策としてのマインドフルネスセミナーの様子を動画でご覧ください。


健康経営 中小企業の事例:株式会社セルメスタ(マインドフルネス編)

健康経営 中小企業の事例:株式会社セルメスタ(マインドフルネス編)

健康経営優良法人2018(中小規模法人部門)に認定された株式会社セルメスタの健康経営推進プロジェクトチームメンバー(左から進藤高光さん、佐藤琢也さん、並木一徳さん)に、社内で取り組む「マインドフルネスセミナー」についてのお話を伺いました。 インタビュアー:アスマン株式会社 代表・藤澤市郎さん


ストレス対策の第1歩、メンタルヘルスの「セルフケア」とは

ストレス対策の第1歩、メンタルヘルスの「セルフケア」とは

メンタルヘルス不調のサインを見逃さずセルフケアを行うことは、さらに調子を悪くしたり、こころの病気に進行したりするのを未然に防ぐことにつながります。ストレスについて正しい知識を持ち、自分のストレスサインに気づき、自ら対処できるようセルフケアの基礎を知っておきましょう。


ワーク・エンゲイジメントとは 職場のメンタルヘルスの動向

ワーク・エンゲイジメントとは 職場のメンタルヘルスの動向

職場のメンタルヘルスは、これまで不調者への対応に視点がしぼられていました。ワーク・エンゲイジメントは端的には働きがいとも言い換えられ、すべての従業員が対象となり、メンタルヘルスを増進する事で生産性や創造性を高め、組織力も向上させようという新しい考え方です。


職場のメンタルヘルス 管理職・管理監督者の役割とは?

職場のメンタルヘルス 管理職・管理監督者の役割とは?

昨今、安全配慮義務が指し示す“配慮すべき安全”は、メンタルヘルスも含まれるという考え方が主流になりました。また、職場のラインケアの要として、管理職・管理監督者は日常的に部下の状態を把握しておく必要があります。このように職場のメンタルヘルスケアにおける、管理職・管理監督者の役割は重要です。


最新の投稿


データヘルス見本市2018 主催者セミナー:健康スコアリングの活用とコラボヘルス推進方法のすべて

データヘルス見本市2018 主催者セミナー:健康スコアリングの活用とコラボヘルス推進方法のすべて

2018年10月に大阪で開催された「データヘルス・予防サービス見本市2018」では、健康経営や健康スコアリング、特定保健指導などについてのセミナーが開催されました。健康スコアリングによる「見える化」についてのセミナーは、「健康寿命」という著書を20年前に出版したことで有名な東北大学大学院医学系研究科教授・辻一郎氏が登壇しました。いま非常に注目が集まっている健康スコアリングについての本格的なセミナーということで会場は熱気に包まれました。


健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第4回)

健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第4回)

2018年9月、健康経営の名づけ親:特定非営利活動活動法人健康経営研究会と大塚製薬の共催による「健康経営実践セミナー2018」が43会場で盛大に開催され、健康経営における現在の取組み状況、企業のこれからの課題、さらに実際に企業内で行なわれている取組み事例紹介を軸として4つの講演が開催されました。健康経営の広場では、このセミナーの4つの講演内容をご紹介してまいります。4つ目の講演は、全日本空輸株式会社人材戦略室労政部厚生チームリーダー・佐藤成俊氏、キャノン株式会社安全衛生部副部長の矢内美雪氏の2名が登壇し、それぞれの企業の健康経営の取り組みについての説明が行われました。


データヘルス見本市講演:お薬手帳によるジェネリック切替健保様事例

データヘルス見本市講演:お薬手帳によるジェネリック切替健保様事例

11月20日に文京区プリズムホールで行われたデータヘルス・予防サービス見本市2018。その中で一際盛り上がりを見せた出展者セミナーの様子をご紹介します。登壇者は、健保設立以来15年ほど常務理事として在任されていて保健事業に大変造詣の深い、ひかり健康保険組合常務理事の太田幸生氏、株式会社ヘルスケアマーケティングでジェネリックの担当、及び健康ポータルサイト「健やか」の開発責任者である小林剛氏、司会進行は株式会社セルメスタ代表 熊倉利和です。


働き方改革で時間外勤務は8時間以下!三共精機株式会社の健康経営

働き方改革で時間外勤務は8時間以下!三共精機株式会社の健康経営

社内の仕組みを上手に管理して、時間外勤務時間が月平均8時間以内という三共精機株式会社。社長の石川 武さんが経営理念に込めた『想い』が、まさに形になった健康経営の取り組みとなっています。そんな三共精機株式会社の具体的な施策や、取り組みを詳しくお聞きしてきました。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


問合せ殺到!ひかり健保の電子お薬手帳と健康ポイントによる後発医薬品使用の促進

問合せ殺到!ひかり健保の電子お薬手帳と健康ポイントによる後発医薬品使用の促進

11月20日のデータヘルス見本市2018東京会場で開催された「ひかり健康保険組合の後発医薬品の使用促進 事例紹介」のセミナー。後発医薬品への使用促進は健康保険組合にとって定番の保健事業ですが、ひかり健康保険組合の取組みはこれまでに無いまったく新しい取組みがスタートしています。 そこに至る背景とまったく新しい電子お薬手帳や健康ポイントによる後発医薬品の使用促進の概要について講演しました。講演終了後はひかり健康保険組合と同様の問題を抱えている健康保険組合からのお問合せが殺到しております。 この記事はデータヘルス見本市でのひかり健康保険組合の講演内容をダイジェストにした紹介動画になります。