働き方改革のサポートに!健康経営アドバイザー制度とは

働き方改革のサポートに!健康経営アドバイザー制度とは

健康経営アドバイザー制度とは、専門家による取得を想定した資格と、その有資格者を企業に派遣するシステムからなる制度です。企業の働き方改革をサポートする役目として期待を寄せられています。専門家のアドバイスやサポートを受けて自社の働き方改革にいかしていきましょう。


資格? システム? 健康経営アドバイザー制度とは

健康経営アドバイザー制度とは、経済産業省、厚生労働省、東京商工会議所などで検討され、平成16年度から創設された「健康経営アドバイザー」という資格制度を中心として、企業で働く人たちの健康を守り、健全な経営を目指す取り組みです。
具体的には下記のように示されています。

健康経営の重要性を企業(経営者)に伝え、実践へのきっかけをつくるとともに、健康経営に取り組もうとする企業に対して、行政の施策や、相談窓口など必要な情報提供や実践支援を行う専門家です。
健康経営の課題に幅広く対応するために、中小企業診断士、社会保険労務士、保健師、管理栄養士、健康運動指導士等、様々な専門家が登録される予定です。

<引用>東京商工会議所:健康経営アドバイザー制度とは

専門家のアドバイスやサポートを受けて働き方改革に活かす

Getty logo

健康経営アドバイザー制度ができた背景としては、過重労働やハラスメントなど労働者の健康を軽視するさまざまな問題があります。実際に労働者の健康が損なわれた結果、医療費が増大しているのが現状です。

これらの問題を解決するために、健康経営についてのアドバイザー制度を設け、健康経営を推進するための指導や助言を行きわたらせ、やがては医療費削減に資することを目指しているわけです。

健康経営アドバイザー「初級」 資格を得るには

「健康経営アドバイザー」の資格は、初級と上級(上級は2018年1月現在準備中)に分かれます。

初級の認定については、まず所定の講義を(健康経営の背景、中小企業の現状と課題、健康経営に取り組むために必要なことなどの内容)受講します。受講所要時間はおおむね2時間20分程度です。

その後、効果測定(選択式10問他)で7割以上正答した受講者が「健康経営アドバイザー(初級)」として認定され、認定証(カード)が授与されます。認定期間は1年ですが、この講義を再度受講することで更新できます。

なお、講義は研修形式のものに加えて、eラーニングなども用意されています。 eラーニングの受講所要時間は2時間20分程度。PCやスマートフォンで受講が可能です。

初級の有資格者は、健康経営の必要性を伝え、実施へのきっかけを作る普及・推進者という位置づけになっています。

今後開始される健康経営アドバイザー「上級」

Getty logo

平成30年度の開始が予定されている健康経営アドバイザー上級の認定については、中小企業診断士、社会保険労務士、保健師、管理栄養士、健康運動指導士などの専門家が、初級と同じ所定の講義を受講し、さらに実務研修を受け、東京商工会議所の試験に合格することで得られる見込みです。

健康経営アドバイザーの役目とは? 東京商工会議所の事例

東京商工会議所では、東京23区内の企業を対象に、健康経営アドバイザー認定を受けた専門家(社会保険労務士、中小企業診断士、保健師、管理栄養士等)を原則無料で派遣しています。

サポートしてもらえる内容は下記の通りです。

ヒアリング(1回目)
健康経営を始めるお手伝い

・健康経営アドバイザーが、御社を訪問します。
・健康経営と健康経営アドバイザー制度について概要を説明します。
・御社の健康経営の課題を抽出するために、健康経営のチェックシートに沿ってヒアリングします。

フィードバック(2回目)
健康経営の実施支援

・ヒアリングから抽出した御社の健康経営の課題と、それに対する対策案を説明します。
・御社に役に立つ施策・事例・専門機関などをご紹介します。

実施フォロー
健康経営に関する情報提供・最適な専門家の派遣

・必要に応じて、再度専門家を派遣して、健康経営の実践をお手伝いします。
・実践するメニューに応じて最適な専門家を選んで、実施の方法を具体的にアドバイスします。

<引用>東京商工会議所:健康経営アドバイザーのサポート

働き方改革のきっかけに健康経営アドバイザー派遣を

中小企業にとって、健康経営アドバイザーの力を借りて健康管理体制を整え、身体と精神の両面での健康保持ができることは、経営で最も大事な人的資源を育て守ることにつながります。企業の成長、安定的な経営基盤の構築という面からしても、重要な経営施策となるに違いありません。

資料のご請求・お問合せはこちら

関連するキーワード


健康経営 働き方改革

関連する投稿


ウェルビーイング経営とは?健康で幸せな働き方をするためのポイント

ウェルビーイング経営とは?健康で幸せな働き方をするためのポイント

2019年12月4日(水)、ベルサール神田にて開催された「健康経営フォーラム2019 in東京」。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科、研究科委員長・教授である前野隆司氏が登壇され、「幸福経営学」について語りました。働き方改革が進む中、より一層重要度の増すウェルビーイング経営に関して、詳しく学ぶことができました。


健康経営のその先へ。人と組織を活性化し、社会の「しあわせ」を創る丸井グループのウェルネス経営

健康経営のその先へ。人と組織を活性化し、社会の「しあわせ」を創る丸井グループのウェルネス経営

丸井グループが取り組んでいる「ウェルネス経営」は、人と組織、社会を活性化させ、すべてのステークホルダーの「しあわせ」を実現するというもの。その中核として推進してきたのが産業医の小島玲子先生(丸井グループ専属産業医 執行役員健康推進部長)。健康経営を社員の単なる健康管理ではなく、企業や社会に利益をもたらす経営戦略として捉え、企業風土をも変革していきました。(インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和)


まさにお手本!ビックカメラの健康経営の進め方

まさにお手本!ビックカメラの健康経営の進め方

コジマ、ソフマップというグループ企業を合わせると、約14,000もの従業員がいるビックカメラ 。そんな大企業が、いかに健康経営を推し進めていったのでしょうか。まず誰かがやりたい と声をあげ、専門家や社内各部署の協力を仰ぎながら進めていく姿は、まさに健康経営推 進の理想型。今回は推進の中核を担った『いきいき働く推進チーム』のリーダーを務める 根本さんにお聞きしました。(インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和)


大塚製薬2019年健康経営実践セミナー 事例紹介編

大塚製薬2019年健康経営実践セミナー 事例紹介編

2019年10月10日(水)、ライブオン形式(都内のスタジオから生中継)で全国48会場を結び、約800名が参加して行われた健康経営®︎実践セミナー。事例発表として登場したのが、株式会社井上蒲鉾店 代表取締役の牧田知江子氏と『セイムス』を始め、ドラッグストアを1337店展開する株式会社富士薬品。前者は、食を扱う老舗としてのモノづくりのこだわり、中小企業の健康経営で大切なことなどについて。後者は管理栄養士のマネジメントや店舗での相談会などを担当する鎌田梨菜氏が、『ドラッグストアの地域貢献 〜働く人の健康づくり〜』というテーマで事例を発表してくれました。


シリーズ『私の生きがい組織』(第二回) 仕事が生きがいになる時、強い会社が生まれる

シリーズ『私の生きがい組織』(第二回) 仕事が生きがいになる時、強い会社が生まれる

赤字が続く中、会社の経営を引き継いだ大橋運輸株式会社 代表取締役 鍋嶋洋行氏。業界の競争も激化する中、事業方針を大きく転換。規模ではなく、付加価値の高い仕事に注力。社員の働きがいと利益率を重視しながら、会社の立て直しに成功。地域貢献にも力を入れ、地元になくてはならない会社となるとともに、国内外から求人応募が届くなど、今、熱い視線が向けられています。(インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表取締役社長 熊倉利和)


最新の投稿


ウェルビーイング経営とは?健康で幸せな働き方をするためのポイント

ウェルビーイング経営とは?健康で幸せな働き方をするためのポイント

2019年12月4日(水)、ベルサール神田にて開催された「健康経営フォーラム2019 in東京」。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科、研究科委員長・教授である前野隆司氏が登壇され、「幸福経営学」について語りました。働き方改革が進む中、より一層重要度の増すウェルビーイング経営に関して、詳しく学ぶことができました。


【講演&ディスカッション】健康づくりの未来 ~2040年に向けた挑戦~

【講演&ディスカッション】健康づくりの未来 ~2040年に向けた挑戦~

2019年11月26〜27日にプリズムホール(東京都文京区)で開催された『データヘルス・予防サービス見本市2019』。津下一代氏(あいち健康の森健康科学総合センターセンター長)がコーディネーターとなって開かれた講演&ディスカッションでは、経済産業省、スポーツ庁、厚生労働省の課長というまさに最前線で日本の課題に取り組む人たちによる大変示唆に富むお話が聞けました。


【講演】社会課題で“熱狂”をうむ方法 ~注文をまちがえる料理 店のつくりかた~

【講演】社会課題で“熱狂”をうむ方法 ~注文をまちがえる料理 店のつくりかた~

2019年11月26〜27日にプリズムホール(東京都文京区)で開催された『データヘルス・予防サービス見本市2019』。小国士朗氏(『注文をまちがえる料理店』発起人)の講演テーマは、『社会課題で“熱狂”をうむ方法 ~注文をまちがえる料理店のつくりかた~』。認知症の方々が働くレストランを開いた理由、そして、そこから感じ取ったことについて話してくれました。


【講演】“暮せば健康になるまち”松本の実現へ

【講演】“暮せば健康になるまち”松本の実現へ

2019年11月26〜27日にプリズムホール(東京都文京区)で開催された『データヘルス・予防サービス見本市2019』。小林浩之氏(松本市商工観光部健康産業・企業立地担当部長)の講演のテーマは、「“暮せば健康になるまち”松本の実現へ」。長野県松本市の様々な取り組みについて話してくれました。


【講演】健康経営における食生活改善の推進

【講演】健康経営における食生活改善の推進

2019年11月26〜27日にプリズムホール(東京都文京区)で開催された『データヘルス・予防サービス見本市2019』。武見ゆかり先生(女子栄養大学・大学院教授〔食生態学研究室〕)の講演テーマは、『健康経営における食生活改善の推進』。健康寿命を延ばすための食事や、その食事を提供していくための環境づくりについて話してくれました。