職場のメンタルヘルス 管理職・管理監督者の役割とは?

職場のメンタルヘルス 管理職・管理監督者の役割とは?

昨今、安全配慮義務が指し示す“配慮すべき安全”は、メンタルヘルスも含まれるという考え方が主流になりました。また、職場のラインケアの要として、管理職・管理監督者は日常的に部下の状態を把握しておく必要があります。このように職場のメンタルヘルスケアにおける、管理職・管理監督者の役割は重要です。


安全配慮義務には、“心”身の健康も含まれる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

職場における安全配慮義務と聞くと、一昔前は自動車事故等の就業中のケガ等を指すものと認識されていました。しかし、最近はむしろメンタルヘルスに関する問題がクローズアップされるようになっています。

厚生労働省によると、安全配慮義務は下記のように定義されています。

使用者は、労働者がその生命、身体等の安全(心身の健康を含む)を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をすべきこととされています。
(中略)
通常次の3条件がある場合に該当します。
(1)予見の可能性(損害の発生が予見出来ること。使用者が予見していなくとも、予見出来ると認定できる場合を含む)
(2)結果回避義務を果たさなかった
(3)因果関係があること

<引用>職場のあんぜんサイト:安全配慮義務[安全衛生キーワード]

上記における「身体等の安全」とは、メンタルヘルスももちろん含まれています。民法に規定はなく、特定の措置を求めているものではありませんが、状況に応じた配慮をすることが求められています。

この流れができあがった背景を知るには、「電通事件(最高裁平成12年3月24日)」や「システムコンサルタントSE脳出血死控訴事件(最高裁平成12年10月13日)」が参考になるでしょう。

これらの痛ましい事件では、会社側の安全配慮義務違反が問われ、損害賠償責任を認める判決が下されています。これ以降、安全配慮義務の適応範囲が飛躍的に拡大されました。

ラインケアにおける職場のメンタルヘルス 管理職の役割

ラインケアとは、職場における管理監督者による下位者へのメンタルヘルスケアのこと。厚生労働省の「労働者の心の健康保持増進のための指針」のなかで示されている4つのメンタルヘルスケアのうちのひとつで、セルフケアとともに重要なケアです。

部下の状況を日常的に把握する立場である管理監督者が、ラインケアの要です。ラインケアでは管理監督者が「いつもと違う部下に気づく」「相談にのる」、状況によって職場環境の改善や事業場内産業保健スタッフ等への仲介をするなどの対応を行います。
また、復職者がある際には、直属の管理監督者が、復職者やほかの部下たちの緊張を和らげてスムーズな復帰を支援する役割も担います。

ラインケアにおける管理監督者の役割は、下記の記事も参考になるでしょう。

まずは自分を守る 管理職自身のメンタルヘルスケア

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ラインケアにおける管理監督者の役割でも分かるように、管理監督者がメンタルヘルスケアで求められる役割は非常に大きなものになっています。
それでなくとも管理職の仕事は責任が重く、上司と部下の板挟みにあうなど、自分自身がメンタルヘルス不調に陥ることもあります。

管理監督者が倒れてしまわないためにも、管理監督者個人だけで対処しようと思わないことが大切です。医療機関や産業医につなげたり、環境改善の取り組みを調整したりすることが管理監督者の役割であり、解決をする役割ではないということを心に留めておいてください。

自分自身がストレスをためないよう、産業保健スタッフや外部相談機関など、相談できる先を見つけておく、自分が率先して休むようにするなど工夫をして、自分の範囲でできることやりましょう。特に、管理監督者が率先して休むことによって、部下も帰りやすい雰囲気をつくることができます。

資料のご請求・お問合せはこちら

関連するキーワード


メンタルヘルス 職場

関連する投稿


[メンタルヘルス対策としてのマインドフルネス実践セミナー]動画紹介

[メンタルヘルス対策としてのマインドフルネス実践セミナー]動画紹介

健康経営、メンタルヘルス対策として、社員向けマインドフルネスセミナーが開催されました。このセミナーは健康経営優良法人認定やストレスチェックの対策の実践事例という位置づけで構成されています。これらの対策としてのマインドフルネスセミナーの様子を動画でご覧ください。


健康経営 中小企業の事例:株式会社セルメスタ(マインドフルネス編)

健康経営 中小企業の事例:株式会社セルメスタ(マインドフルネス編)

健康経営優良法人2018(中小規模法人部門)に認定された株式会社セルメスタの健康経営推進プロジェクトチームメンバー(左から進藤高光さん、佐藤琢也さん、並木一徳さん)に、社内で取り組む「マインドフルネスセミナー」についてのお話を伺いました。 インタビュアー:アスマン株式会社 代表・藤澤市郎さん


ストレス対策の第1歩、メンタルヘルスの「セルフケア」とは

ストレス対策の第1歩、メンタルヘルスの「セルフケア」とは

メンタルヘルス不調のサインを見逃さずセルフケアを行うことは、さらに調子を悪くしたり、こころの病気に進行したりするのを未然に防ぐことにつながります。ストレスについて正しい知識を持ち、自分のストレスサインに気づき、自ら対処できるようセルフケアの基礎を知っておきましょう。


メンタルヘルスに関する資格・役職(企業内で選任する者)

メンタルヘルスに関する資格・役職(企業内で選任する者)

メンタルヘルスに関する資格や役割は、産業医、衛生管理者、心理職などさまざまなものがあります。特に事業場内では資格を有しかつ選任された者が、セルフケアやラインケアの支援を行い、職場のメンタルヘルスケアにおいて中心的な役割を担います。


ワーク・エンゲイジメントとは 職場のメンタルヘルスの動向

ワーク・エンゲイジメントとは 職場のメンタルヘルスの動向

職場のメンタルヘルスは、これまで不調者への対応に視点がしぼられていました。ワーク・エンゲイジメントは端的には働きがいとも言い換えられ、すべての従業員が対象となり、メンタルヘルスを増進する事で生産性や創造性を高め、組織力も向上させようという新しい考え方です。


最新の投稿


従業員のコミュニケーション能力UPと生産性向上のためのマインドフルネスセミナー紹介動画

従業員のコミュニケーション能力UPと生産性向上のためのマインドフルネスセミナー紹介動画

マインドフルネスや瞑想の効果は、ストレスの抑制などメンタルヘルス対策として捉えられがちです。 実際は、マインドフルネスや瞑想の適用範囲はコミュニケーション能力UPと生産性向上といような能力開発にも大きな効果を発揮します。 このセミナーは健康経営優良法人認定の実践事例という位置づけで構成されています。これらの対策としてのマインドフルネスセミナーの様子を動画でご覧ください。


データヘルス見本市 主催者セミナー:どうすれば成果が上がる?特定健康保険指導のモデル実施について

データヘルス見本市 主催者セミナー:どうすれば成果が上がる?特定健康保険指導のモデル実施について

2018年10月に大阪で開催された「データヘルス・予防サービス見本市2018」では、健康経営や健康スコアリング、特定保健指導などについてのセミナーが開催されました。特定保健指導のモデル実施についてのセミナーでは実際に成果が上がっている組合からの意外な対策方法の報告、今すぐ取り入れられる方法を話し合う対談も行われ、必聴のセミナーとなりました。厚生労働省 保険局 医療費適正化対策推進室室長・廣瀬佳恵氏、健康保険組合連合会理事・棟重卓三氏、あいち健康の森健康科学総合センターセンター長・津下一代氏、さらに取組報告では、グラクソ・スミスクライン健康保険組合の住田規行氏と、FUJI健康保険組合の宮下知子氏が登壇しました。


データヘルス見本市主催者セミナー:高齢化による介護と保健事業一体化を進めるにあたって

データヘルス見本市主催者セミナー:高齢化による介護と保健事業一体化を進めるにあたって

2018年10月に大阪で開催された「データヘルス・予防サービス見本市2018」では、健康経営や健康スコアリング、特定保健指導などについてのセミナーが開催されました。高齢化により医療のあり方は大きな問題となっています。介護と保健事業に関するセミナーでは、保健福祉など様々な分野を経て現職の厚生労働省保健局高齢者医療課課長・込山愛郎氏が登壇しました。


先着100名!無料データヘルス/健康経営対策セミナーの開催(3月8日)

先着100名!無料データヘルス/健康経営対策セミナーの開催(3月8日)

3月8日(金)13:30から17:20、東京:赤坂見附にて健保組合、事業所人事ご担当者向けのデータヘルス計画や健康経営の課題解決や従業員の健康管理に役だつセミナーを開催します。 セミナーの内容は生活習慣病、保健指導、睡眠、これらのデータヘルス計画におけるデータ分析について、それぞれの専門家からの講演となります。


データヘルス見本市2018 主催者セミナー:健康スコアリングの活用とコラボヘルス推進方法のすべて

データヘルス見本市2018 主催者セミナー:健康スコアリングの活用とコラボヘルス推進方法のすべて

2018年10月に大阪で開催された「データヘルス・予防サービス見本市2018」では、健康経営や健康スコアリング、特定保健指導などについてのセミナーが開催されました。健康スコアリングによる「見える化」についてのセミナーは、「健康寿命」という著書を20年前に出版したことで有名な東北大学大学院医学系研究科教授・辻一郎氏が登壇しました。いま非常に注目が集まっている健康スコアリングについての本格的なセミナーということで会場は熱気に包まれました。