累計10万部超、糖質制限は間違い!人気著者による「食育セミナー」レポート

累計10万部超、糖質制限は間違い!人気著者による「食育セミナー」レポート

2018年7月、健康経営の一環として都内で行われた株式会社セルメスタの社員向け食育セミナー。食育というと親子の農業体験などをイメージしがちですが、糖質制限など間違った食事の知識に汚染されている大人も少なくない。また、一般的に運動習慣のある人は4人にひとり。健康経営で運動に取り組もうとしても、運動習慣のない方にはかなりのハードル。一方で、食事は毎日だれもが必ずおこなうもの。みんなで取組める健康経営として、「お腹からやせる食べ方」など累計10万部以上の人気著者 柏原ゆきよ氏がセミナー講師として登壇しました。


1.食事を見直すということ

突然ですが、皆さんは運動をされているでしょうか?一般的に運動習慣とは「1回30 分以上の運動を週2回以上実施し、1年以上継続している」ことを指します。(参考:厚生労働省 平成28年「国民健康・栄養調査」第2部 第38表より)
20~60代で運動習慣のある人は大体5人に1人と言われています。仕事や子育てをしながら、運動だけで健康体を維持するのは難しいという現状があります。しかし、おおよそ全ての方に食事の習慣はあるでしょう。食事は365日、1日3食することです。ここを見直すことは、健康になるために非常に重要なことではないでしょうか。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「お腹からやせる食べ方」など累計10万部以上の人気著者である柏原ゆきよは、現代の日本の食生活は糖質制限など間違った情報に汚染されていて非常に危険な状態といいます。同氏は、このような間違った食生活を改める方法として、日本型食生活の実践を一般社団法人 日本健康食育協会の代表理事として普及活動により、これまでに累計4万人を超える食サポートを行っています。その経験から、摂取したカロリーと体型は一致しないということに気付かれ、カロリー計算ではない視点で身体のメカニズムと食べ物の関係を考える食事理論を構築されました。

肌荒れが起きると、化粧品やスキンケア用品を見直す方が多いと思いますが、肌荒れは食べ物の影響を大きく受けているそうです。また、太ったり体型が崩れたと思うと食べることを控えたり、最近では糖質制限をする方がいたりしますが、食べ物を減らすということは自分自身の材料を減らすということになるので、実はすごくリスクがあるのだそうです。

「カロリーを摂りすぎると太る」(カロリー制限)、「ご飯の食べ過ぎは太る」(糖質制限)といった世の中で常識的に当たり前だと思われていることが実は誤りであることをこのセミナーでは伝えています。

2.元氣で長生きをするには

平均寿命は男女共に年々延びていますが、健康寿命は延びていないのが現状です。寿命そのものは延びていても、寝たきりの期間が長くなるだけでは明るい未来が描けません。

セミナーで配られた資料には穴埋め箇所があり、重要なポイントは自分自身で書き留めていく必要があります。参加者は真剣にメモを取ったり、空欄部分の回答を書き込んだりしていました。

グループワークでは、先進国において元氣で長生きをするために必要な要素トップ3を考え、それぞれ発表しました。
グループワークをしたことで参加者の緊張もほぐれ、和やかなムードの中セミナーは続きます。

3.保健指導の効果について

2008年から、メタボリックシンドローム該当者や予備軍を早期に見つけ出し、対象者に生活改善を指導することを目的とした保健指導というものが始まっています。厚生労働省は5年後の2013年にはメタボ該当者及び予備軍を25%削減するという目標を立てました。しかし2015年時点で保健指導対象者に占める実施割合は17.5%と低く、メタボ該当者及び予備軍については2008年度比2.74%減少にとどまったという事例が紹介されました。

保健指導では該当者に食事を控えることを教えるのではなく、正しくしっかり食べることが大切であることを指導しないから成果が出ないのでは、と柏原氏は語りました。「食べたら太る」は思い込みであり、カロリーで判断する発想を変える必要がある、ということなのです。

4.健康寿命を延ばすためのポイント

介護予防の3本柱として
1.低栄養の改善
2.筋力向上
3.口腔機能向上
が挙げられることを説明されました。

超高齢化社会である現在、高齢者がいかに健康で長生きをして社会の負担にならないか、ということが課題です。柏原氏は、最も重要なことは長期視点で健康を考えることであり、まずは自分が人の負担にならないよう健康体になることが大切なのだと語りました。

5.社員元氣プロジェクト

今回セミナーを実施した株式会社セルメスタの社員の健康診断の総合判定では、異常なしの人はわずか3%でした。つまり97%の社員は軽度異常を含めてなんらかの異常があるということです。
本セミナーの実施後は、日本健康食育協会が勧める日本型食生活(主食がご飯の和食)を軸とした体質改善プログラムや、オンラインで講義を受ける食実践スクールの受講など、実践型の食生活の改善に取り組んでいくことになります。
本セミナーでは、体質改善プログラムで10日間食べる若玄米で作ったおにぎりが参加者に配られ、みな美味しそうに食べていました。

お腹がすいたから、時間がきたから、となんとなく食事をしている方も多いかもしれませんが、食事は一人の人生を大きく変えるぐらいの力があると語った柏原氏。今回のセミナーは参加者の食事に対する概念に新たな価値観を生み出してくれたのではないでしょうか。

↓↓食育セミナーの様子を動画でチェック!↓↓

講演の依頼などのご依頼はこちら

<企業データ>

会社名:一般社団法人 日本健康食育協会
所在地:〒160-0006 東京都新宿区舟町8-2 石橋興業舟町ビル3階
代表理事:柏原ゆきよ

プロフィール
 一般社団法人日本健康食育協会代表理事
 一般社団法人食アスリート協会副代表理事。
 一般社団法人日本こども成育協会 アドバイザー
 管理栄養士

20年以上にわたり、「健康」と「食」をテーマに様々な業界にて研鑽を積む。
スーパーマーケット、食品製造業、外食産業、配食事業、教育事業、フィットネス事業、
美容エステ店舗開発と経営、地域医療と介護事業、企業の健康管理、歯科・薬局・ドラッグストア、
サプリメント業界、機能性食品素材開発、通販事業などにおいて、商品・サービスの企画、事業コンサルティング、新規事業やベンチャー企業立ち上げを経験。
どの分野においても「健康」と「食」が、企業成長の核となっている事に着目する一方、
管理栄養士として4万人以上の食のサポートから独自の健康理論を提唱。
人々を健康に導く為のビジネスモデルを確立し、全国で講演活動なども行う。

2007年に独立後、株式会社2社、一般社団法人4団体の創業に携わり、
複数社の顧問やアドバイザーを歴任。
2008年より定食チェーン大戸屋にて、食育プロジェクトを国内外にてスタート。
社員の意識改革から商品展開、CSR活動を連動させた健康ブランディングにて、
企業風土の醸成、健康提案企業としてのイメージ構築、
さらには顧客層の変化をもたらし、業績向上に貢献。
現在は、講演活動、企業の顧問やアドバイザーの他、
健康ビジネスを成功に導く人材の育成にも力を注いでいる。

<代理店情報>

一般社団法人日本健康食育協会、柏原ゆきよ氏による「食育セミナー」、「食実践スクール」などのお問い合わせは以下によろしくお願いします。

代理店名:株式会社 セルメスタ メディア事務局
TEL:03-3626-6510(9:00~17:00 土日祝除く)
所在地:〒130-8671 東京都墨田区石原4丁目25番12号

講演の依頼などのご依頼はこちら

関連する投稿


働き方改革で時間外勤務は8時間以下!三共精機株式会社の健康経営

働き方改革で時間外勤務は8時間以下!三共精機株式会社の健康経営

社内の仕組みを上手に管理して、時間外勤務時間が月平均8時間以内という三共精機株式会社。社長の石川 武さんが経営理念に込めた『想い』が、まさに形になった健康経営の取り組みとなっています。そんな三共精機株式会社の具体的な施策や、取り組みを詳しくお聞きしてきました。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第3回)

健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第3回)

2018年9月、健康経営の名づけ親:特定非営利活動活動法人健康経営研究会と大塚製薬の共催による「健康経営実践セミナー2018」が43会場で盛大に開催され、健康経営における現在の取組み状況、企業のこれからの課題、さらに実際に企業内で行なわれている取組み事例紹介を軸として4つの講演が開催されました。健康経営の広場では、このセミナーの4つの講演内容をご紹介してまいります。3つ目の講演は、経済産業省ヘルスケア産業課・紺野春菜氏が登壇し、日本の健康経営の浸透度合いについて、具体的な数値をもってご紹介いただきました。


データヘルス見本市 主催者セミナー:健康経営の新しいカタチ「ウェルビーイング経営」とは

データヘルス見本市 主催者セミナー:健康経営の新しいカタチ「ウェルビーイング経営」とは

スグに満員になってしまったデータヘルス見本市の主催者セミナー。健康経営や健康スコアリング、特定保険指導などについてのセミナーが開催されました。 「ウェルビーイング経営」は、健康経営のさらに進化したスタイルであるという新しい提案や研究を行っている、武蔵大学経済学部経済学科・森永雄太氏が登壇しました。 ウェルビーイング経営は今後のトレンドとなる可能性もあることから、聴き逃すことのできない内容のセミナーとなりました。


健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第2回)

健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第2回)

2018年9月、健康経営の名づけ親:特定非営利活動活動法人健康経営研究会と大塚製薬の共催による「健康経営実践セミナー2018」が43会場で盛大に開催され、健康経営における現在の取組み状況、企業のこれからの課題、さらに実際に企業内で行なわれている取組み事例紹介を軸として4つの講演が開催されました。健康経営の広場では、このセミナーの4つの講演内容をご紹介してまいります。 企業の労働者が置かれている現状、問題点はいったいどのようになっているのでしょうか?第2回目は良い睡眠のためのスキルやそのポイントについて、北里大学大学院医療系研究課産業精神保健学・教授の田中克俊氏の講演内容のご紹介です。


ワークライフバランスを意識した社員満足度第一の健康経営とは

ワークライフバランスを意識した社員満足度第一の健康経営とは

理由なしで月に40時間行える「在宅勤務制度」や、コアタイムのない「フレックスタイム制」を導入しているボッシュエンジニアリング株式会社。19世紀からワークライフバランスに関する革新的な取り組みを行ってきたボッシュイズムを受け継ぎ、事業に上手く合わせながら「健康経営」に取り組んでいらっしゃいます。そんなボッシュエンジニアリング株式会社代表取締役の龍﨑 浩太郎さん、ヒューマンリソース部マネージャーの高原 美香さん、管理部シニアマネージャーの若山 宏樹さんに、健康経営についてのお話を伺ってきました。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


最新の投稿


働き方改革で時間外勤務は8時間以下!三共精機株式会社の健康経営

働き方改革で時間外勤務は8時間以下!三共精機株式会社の健康経営

社内の仕組みを上手に管理して、時間外勤務時間が月平均8時間以内という三共精機株式会社。社長の石川 武さんが経営理念に込めた『想い』が、まさに形になった健康経営の取り組みとなっています。そんな三共精機株式会社の具体的な施策や、取り組みを詳しくお聞きしてきました。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


問合せ殺到!ひかり健保の電子お薬手帳と健康ポイントによる後発医薬品使用の促進

問合せ殺到!ひかり健保の電子お薬手帳と健康ポイントによる後発医薬品使用の促進

11月20日のデータヘルス見本市2018東京会場で開催された「ひかり健康保険組合の後発医薬品の使用促進 事例紹介」のセミナー。後発医薬品への使用促進は健康保険組合にとって定番の保健事業ですが、ひかり健康保険組合の取組みはこれまでに無いまったく新しい取組みがスタートしています。 そこに至る背景とまったく新しい電子お薬手帳や健康ポイントによる後発医薬品の使用促進の概要について講演しました。講演終了後はひかり健康保険組合と同様の問題を抱えている健康保険組合からのお問合せが殺到しております。 この記事はデータヘルス見本市でのひかり健康保険組合の講演内容をダイジェストにした紹介動画になります。


健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第3回)

健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第3回)

2018年9月、健康経営の名づけ親:特定非営利活動活動法人健康経営研究会と大塚製薬の共催による「健康経営実践セミナー2018」が43会場で盛大に開催され、健康経営における現在の取組み状況、企業のこれからの課題、さらに実際に企業内で行なわれている取組み事例紹介を軸として4つの講演が開催されました。健康経営の広場では、このセミナーの4つの講演内容をご紹介してまいります。3つ目の講演は、経済産業省ヘルスケア産業課・紺野春菜氏が登壇し、日本の健康経営の浸透度合いについて、具体的な数値をもってご紹介いただきました。


データヘルス見本市 主催者セミナー:健康経営の新しいカタチ「ウェルビーイング経営」とは

データヘルス見本市 主催者セミナー:健康経営の新しいカタチ「ウェルビーイング経営」とは

スグに満員になってしまったデータヘルス見本市の主催者セミナー。健康経営や健康スコアリング、特定保険指導などについてのセミナーが開催されました。 「ウェルビーイング経営」は、健康経営のさらに進化したスタイルであるという新しい提案や研究を行っている、武蔵大学経済学部経済学科・森永雄太氏が登壇しました。 ウェルビーイング経営は今後のトレンドとなる可能性もあることから、聴き逃すことのできない内容のセミナーとなりました。


健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第2回)

健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第2回)

2018年9月、健康経営の名づけ親:特定非営利活動活動法人健康経営研究会と大塚製薬の共催による「健康経営実践セミナー2018」が43会場で盛大に開催され、健康経営における現在の取組み状況、企業のこれからの課題、さらに実際に企業内で行なわれている取組み事例紹介を軸として4つの講演が開催されました。健康経営の広場では、このセミナーの4つの講演内容をご紹介してまいります。 企業の労働者が置かれている現状、問題点はいったいどのようになっているのでしょうか?第2回目は良い睡眠のためのスキルやそのポイントについて、北里大学大学院医療系研究課産業精神保健学・教授の田中克俊氏の講演内容のご紹介です。