食育の健康経営で劇的変化!従業員の3か月のダイエットプログラム実践レポート

食育の健康経営で劇的変化!従業員の3か月のダイエットプログラム実践レポート

セルメスタでは2016年4月の健康経営宣言以来、従業員一人ひとりの健康づくりをサポートするために健康経営推進プロジェクトを立ちあげてさまざまな施策に取り組んでいます。その一つが「食育」です。運動を毎日続けるのは大変でも食事は毎日摂るもの。食生活の改善が健康につながるとこれまでも従業員向けの食育セミナーなどを行ってきました。今回は、食育にフォーカスした一大プロジェクト「社員元氣プロジェクト」の内容から成果までをレポートします。


1.社員元氣プロジェクトとは

社内配布資料

社員元氣プロジェクトは2018年7月から2019年4月まで実施された、セルメスタの従業員向け食育プログラムです。一般社団法人日本食育協会が提供する「若玄米リセットプログラム」と「食実践スクール」の2種類から自分の興味があるプログラムを実践・受講します。

両方のプログラムに参加した場合は約4ヵ月間の長期にわたる実践になるため、今回は従業員それぞれの生活スタイルに合わせて7月スタート、9月スタート、1月スタートとスタート時期を3回に分けて行いました。実践にかかる費用の一部は会社が補助します。

社内配布資料

また、実践の前には『お腹からやせる食べかた』(講談社)、『疲れない体をつくる疲れない食事』(PHP研究所)などの著書で知られる柏原ゆきよ氏による食育セミナーを開催し、食事の考え方を学びました。

↓↓ セミナーの模様はこちら ↓↓

2.若玄米リセットプログラム 内容と成果

「若玄米リセットプログラム」とは

若玄米リセットプログラムは若玄米+雑穀のご飯、具だくさんの味噌汁、ちょっとしたご飯のお供のみの食事を1日3食、10日間続けるというプログラムです。このシンプルな食事を続けることでカラダのリセット・デトックスを図ります。

一般社団法人日本健康食育協会 監修資料より

食事を制限するダイエットプログラムと聞くと、食べる量を減らすことを想像するかもしれませんが、このプログラムのポイントは「我慢をしないこと」。ご飯は1日2合を目標に、味噌汁には何を入れてもOK(セルメスタにはいませんでしたが、過去にはどうしても食べたかったからと唐揚げを味噌汁に入れた参加者もいたとか)、10日間のうち数回は通常の食事を挟むのもOKです。期間内に飲み会があっても安心ですね。ただし、3食を10日間、つまり30食分を食べ終えるまでプログラムは続きます。

使用するのはやわらかくておいしい「若玄米」

プログラムで使用するのは若玄米。成熟する前に刈り取られた未成熟のお米の中から、特に緑色をしているものを中心に集めた玄米です。一般的な玄米よりもやわらかく、炊くときも浸水いらずで白米モードでそのまま炊けます。

雑穀と合わせることでプチプチとした食感がさらに増し、よく噛んで食べる癖が身につきます。お米の甘みを感じられるまでよーく噛んで食べることでおかずが少なくても満足感を得ることは可能。「ご飯を1日2合なんて食べられるかしら」と不安に思っていた参加者、逆に「足りるかな」と思っていた参加者もいましたが、蓋を開けてみれば「意外と食べられる!」「十分満足できる!」という声が多くありました。

食育セミナーにて配布された試食用の若玄米

参加者は日々の体温、体重、通常のへそ回り、引っ込めたときのへそ回り、便の有無や状態を記録に取っていきます。少しでも結果が出始めればプログラムを続けていくモチベーションにもなります。そしてそれぞれがそれぞれのペースでおよそ10日間、30食のプログラムを終了しました。気になる結果は……

ダイエットプログラムでまさかの体重増加!?それでも……

このプログラムを実践した参加者の成果から一部を抜粋したのが下記のデータです。

Aさん(男性) 体重-1.8kgへそ回り-3.3cm
Bさん(男性) 体重-1.2kgへそ回り-3cm 
Cさん(女性) 体重-1.8kgへそ回り-4cm
Dさん(女性) 体重-0.9kgへそ回り-4.2cm
Eさん(女性) 体重+1.2kgへそ回り-10.3cm

のべ18名が参加して 体重平均-1.2kg へそ回り平均-3.5cmを達成しました!

全体の特徴として、体重に比べてへそ回りのサイズがダウンしている人が多くみられました。特に上記Eさんは10日間で体重が増加したにも関わらず、へそ回り-10cm以上という面白い結果になりました。ご飯をたくさん食べるので、「食べない」ダイエットと違ってむしろ体重が増えることもあります。しかし、筋肉は脂肪よりも重いとよく言われるように健康的で引き締った身体は重いのです。へそ回り-10cmとなれば見た目の変化も抜群!

Before

After

Before

After

忘れがちですが、これは「たった10日間の実践」で得られた成果です。でもそんなに急に痩せるとリバウンドが心配……。そんな人のために食事の仕方を学んでいくのが次のフェーズ、食実践スクールです。

※参考:タニタの健康応援ネット からだカルテ

3.食実践スクール 内容と成果

「食実践スクール」とは

食実践スクールの様子

食事は毎日摂るものだからこそ、一度習慣付くとなかなか変えられません。急激に変えた習慣は定着しないということで、食実践スクールでは約3カ月かけて、良い食生活を当たり前に、我慢することなく実践できるようになることを目的としています。

通常はレクチャーからコミュニケーションまでその場で一気に行うそうですが、セルメスタでは就業時間中に研修を行うという都合もあり、時間短縮のため以下のような形式を取りました。

①参加者は日本健康食育協会よりご提供いただいた講義動画(チャプターにより60分~90分程度)を自宅で視聴し、テキストの穴埋めをします。
②研修当日は講師が来社。社内会議室にて事前に見た動画の感想や質問のシェア、前回立てた実践課題の報告、次回までの実践課題の設定など、レクチャーというよりは講師と参加者、または参加者同士のコミュニケーションの場となります。
③参加者は次回の研修日までに自分で立てた課題の実践と次回分の動画視聴を行います。

以上①~③を繰り返します。研修は2週に1回、講義は「燃焼力」「排出力」「代謝力」「食選力」「胃腸力」をテーマとする全5回からなります。

食実践スクールの様子

こんな実践をしました

実践課題としては
・1食20分以上かけるくらいよく噛んで食べる。
・いつものお米に雑穀を入れてみる。
・スーパーの調味料売り場を見て、原材料を確認してみる。
・ご飯:おかず=6:4の食事を心がける。
などといったものがありました。自分で目標を設定して少しずつ習慣化を進めます。たとえ目標を達成できなかったとしても気落ちすることはありません。食事において「我慢」や「ストレス」は厳禁なのがこのプロジェクト。どうすれば実践できるのか、講師や他の参加者からヒントをもらって再チャレンジです。

体質改善で太りにくいカラダに

「良く噛んで食べる」「食物繊維を摂る」などがなんとなく良いことなんだろうなと思いつつも続けられないのはそれがなぜカラダにとって良いことなのかがわからないから。食実践スクールで仕組みを学んでいけば、良い習慣を続けていく理由を知ることが出来ます。そして継続した実践で効果を得ることが出来れば、それが確信につながりさらに続けていく原動力に。このサイクルを3カ月で身につけていくのが食実践スクールです。

食実践スクールの様子

また、参加者で体験談を共有できるのも強みです。ある参加者のエピソードで「前回から今回の間に3連休があって、そこで暴飲暴食をしてしまいました。でも、以前はすぐ太ってしまっていたのが今回はほとんど体重や体型に変化がありませんでした」というのがありました。これは実践の効果で、代謝・排出する力がアップしたので以前と同じ食事をしても太りにくくなったのだということがわかりました。この報告は他の参加者にも印象に残ったようで、「「痩せる」というのもそうですが、「太らない」というのも大切ですね」という感想も出てきていました。

4.楽しく続ける工夫 ~健康経営推進プロジェクトの取り組み~

セルメスタの健康経営推進プロジェクトでは元氣プロジェクトの事務局としてコンテンツを提供してくださる日本健康食育協会と協力しながら、参加者が楽しくプロジェクトに取り組めるようにさまざまな仕掛けを用意しました。

☆チャットで楽しく現状報告

実際のチャットのスクリーンショット

日々の食事の写真をアップしたり、実践する上での悩みや相談を投げかければ他のメンバーからの反応や、プログラムをサポートしてくれる講師からのアドバイスが返ってくるようにチャットアプリを使用しました。「味噌汁にこんなものを入れてもいいんだ」「これ私も気になってたけど○○さんが聞いてくれたおかげでよくわかりました」といった気づき、発見を共有でき、プログラムを進めていく上で励みになったようです。

☆痩せればもらえる健康ポイント

社内配布資料

若玄米リセットプログラム期間中は、スタート時から体重やお腹周りがどのくらい減ったのか記録してもらっていました。そして、減った分に応じてポイントが付く仕組みを作りました。もらえるポイントはその名も「メタポ」。数値の減少が大きくなるほどたくさんもらえるポイントです。この「メタポ」、のちに健康経営推進プロジェクトの他の企画にも波及して、全ての健康にかかわる取り組みに対して付くようになりました。プロジェクトでは現在、貯まったメタポを使用できる仕組み作りを進めています。

☆他の社員にも知ってほしい!

若玄米リセットプログラムでの数値変化を社内掲示板で回覧したり、食実践スクールの模様をレポートした社内報を発行したりとプロジェクトに参加していない社員にも興味を持ってもらうように呼びかけました。7月⇒9月⇒1月と3回実施しましたが、毎回新規でプログラムに挑戦してくれる社員が出てきてくれたので効果はあったと思われます。

5.参加者の声(プログラムの効果編)

若玄米リセットプログラムに参加された方の声を集めました。体重、お腹周りの減少の他にも様々な効果を感じたようです。※個人の感想です。

・便通が良くなった
・体温が少し上がった
・肌つやがよくなった(吹き出物が減った)
・朝の目覚めが良くなった
・姿勢が良くなった
・味覚が敏感になった。野菜や肉の甘みを感じやすくなった気がする。
・よく噛むことで唾液が増えて、口腔内の環境が良くなった。
・三食きちんと食べられるようになった。
など

講師の方に伺ったところ、これらの効果にはそれぞれちゃんと理由があるそうです。例えば便通が良くなるのは雑穀にたっぷり含まれた食物繊維によるもの。姿勢が良くなるというのは食事とは一見関係なさそうですが、良く噛んでしっかり食べることで胃腸を動かすことによる効果とのことです。胃腸もまた筋肉であり、動かせば運動になります。だから代謝や体温も上がって行くということですね。
食事を変えるだけでこんなにも色々な効果を感じられるというのはすごいですね。

6.参加者の声(プログラムを終えて編)

プログラムの終了からすでにかなりの時間が経過していますが、現在も実践を続けていることはありますか?という質問も参加者の皆さんにしてみました。
現在も続いていることで多かったのが「玄米・雑穀食」と「咀嚼」でした。実践が簡単で効果も出ることから続けやすいのだと思われます。

ちなみに若玄米でない通常の玄米は消化が悪く、もし食べてお腹の調子が悪くなってしまったとしたら白米+雑穀に変えるのも手です。咀嚼については「○回噛む!」のような回数ではなく、食事全体にかかる時間を測ってそれによって咀嚼出来ているかどうかを見定める方が効果的。参加者の中にも「以前は5分で流し込んでいたけど、咀嚼を意識したら1回の食事に15分はかかった」という人がいました。

食実践スクールの様子

7.こんなこともありました

同じ釜の飯を食う!おなかまランチ

「会社にある炊飯器で若玄米を炊いて、みんなで食べたい」という従業員からの発案で実現した企画。通称「おなかまランチ」。朝、お釜に若玄米をセットしてスイッチオン!お昼時には玄米のいい香りがオフィスに漂います。

おなかまランチの様子

お昼には5名ほどの社員がおかずを持って集合し、みんなで炊飯器を囲みます。普段なかなか一緒にならない人とも会話が弾み、コミュニケーションの場にもなっていました。今後も定期的に開催していきたいイベントとなりました。

セルメスタ社員が健康食育ジュニアマイスターの資格を取得!

このプロジェクトに参加したことで食育に興味を持ったセルメスタの社員が、日本健康食育協会が主催する講習に参加し、健康食育ジュニアマイスターの資格を取得しました!これにより、1月の食実践スクールの講師はその社員が務めました。
セルメスタの健康経営推進プロジェクトでは健康に関する資格の取得にかかる費用の一部を補助する取り組みも行っています。

取材・講演などのお問合せはコチラ

関連する投稿


大人気講師のスピンアウトセミナー:保健指導の成果が上がらない理由と解決策

大人気講師のスピンアウトセミナー:保健指導の成果が上がらない理由と解決策

3月8日、大好評で終わったセルメスタの「健康セミナー」。なかでも反響の大きかった4万人以上の食生活を改善してきた柏原先生の講演。今回は時間枠を拡大して、講演と事例紹介の2部構成でお伝えします。 ・より効果的な特定保健指導の実施についてお悩みの健保組合の方 ・ホワイト認定における受診勧奨や従業員の食生活の改善に向けた取組みをお考えの方 など、健康経営やデータヘルス計画の最前線で従事なさっている方々にもご満足いただける内容となっております。


【レポート】人気講師による食育セミナーとダイエットプログラムの成功体験談

【レポート】人気講師による食育セミナーとダイエットプログラムの成功体験談

2019年1月、健康経営の一環として都内で行われた企業の従業員向け食育セミナー。食育というと親子の農業体験などをイメージしがちですが、糖質制限など日本の大人が継続するには無理のある食事の知識に汚染されているのが現状。また、一般的に運動習慣のある人は4人にひとり。健康経営で運動に取り組もうとしても、運動習慣のない方にはかなりのハードル。一方で、食事は毎日だれもが必ずおこなうもの。みんなで取組める健康経営として、最新刊「疲れない体をつくる疲れない食事」(PHP研究所)など累計10万部以上の人気著者 柏原ゆきよ氏がセミナー講師として登壇、同氏のダイエットプログラムの成功者による体験談が紹介されました。


【動画紹介】人気講師による食育セミナーとダイエットプログラムの成功体験談

【動画紹介】人気講師による食育セミナーとダイエットプログラムの成功体験談

2019年1月、健康経営の一環として都内で行われた企業の従業員向け食育セミナー。食育というと親子の農業体験などをイメージしがちですが、糖質制限など日本の大人が継続するには無理のある食事の知識に汚染されているのが現状。また、一般的に運動習慣のある人は4人にひとり。健康経営で運動に取り組もうとしても、運動習慣のない方にはかなりのハードル。一方で、食事は毎日だれもが必ずおこなうもの。みんなで取組める健康経営として、最新刊「疲れない体をつくる疲れない食事」(PHP研究所)など累計10万部以上の人気著者 柏原ゆきよ氏がセミナー講師として登壇、同氏のダイエットプログラムの成功者による体験談が紹介されました。


累計10万部超、糖質制限は間違い!人気著者による「食育セミナー」レポート

累計10万部超、糖質制限は間違い!人気著者による「食育セミナー」レポート

2018年7月、健康経営の一環として都内で行われた株式会社セルメスタの社員向け食育セミナー。食育というと親子の農業体験などをイメージしがちですが、糖質制限など間違った食事の知識に汚染されている大人も少なくない。また、一般的に運動習慣のある人は4人にひとり。健康経営で運動に取り組もうとしても、運動習慣のない方にはかなりのハードル。一方で、食事は毎日だれもが必ずおこなうもの。みんなで取組める健康経営として、「お腹からやせる食べ方」など累計10万部以上の人気著者 柏原ゆきよ氏がセミナー講師として登壇しました。


累計10万部超、糖質制限は間違い!人気著者による「食育セミナー」動画紹介

累計10万部超、糖質制限は間違い!人気著者による「食育セミナー」動画紹介

2018年7月、健康経営の一環として都内で行われた企業の従業員向け食育セミナー。食育というと親子の農業体験などをイメージしがちですが、糖質制限など日本の大人が間違った食事の知識に汚染されているのが現状。また、一般的に運動習慣のある人は4人にひとり。健康経営で運動に取り組もうとしても、運動習慣のない方にはかなりのハードル。一方で、食事は毎日だれもが必ずおこなうもの。みんなで取組める健康経営として、「お腹からやせる食べ方」など累計10万部以上の人気著者 柏原ゆきよ氏がセミナー講師として登壇しました。


最新の投稿


観光から保養へ。温泉を核に新しい休暇のカタチを提唱する竹田市

観光から保養へ。温泉を核に新しい休暇のカタチを提唱する竹田市

大分県の南西部に位置する竹田市。くじゅう連山をはじめとする豊かな自然、瀧廉太郎が名曲『荒城の月』のイメージを得たといわれる岡城跡をはじめ、コンパクトなエリアに様々な魅力がぎっしり詰まっています。その中でも、最大の魅力は日本一の炭酸泉といわれる長湯温泉。今回は、時代に先駆けヘルスツーリズムに取り組んできた竹田市の首藤勝次市長に、温泉を中核に据えた新しいスタイルの休み方、健康経営や働き方改革における保養の可能性などについて、じっくりとお話を伺いました。(インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和/オブザーバー:株式会社長湯ホットタブ有田氏)


大阪開催!無料データヘルス/健康経営対策セミナーの開催(8/7)

大阪開催!無料データヘルス/健康経営対策セミナーの開催(8/7)

3月8日に東京で開催され100名以上の方々にご来場いただいたこのセミナー。 ご来場者の方々から高評価をいただけたため、大阪でも開催することにいたしました。 健保組合、事業所人事ご担当者向けのデータヘルス計画や健康経営の課題解決や 従業員の健康管理に役だつセミナーを開催します。 セミナーの内容は成果のでる保健指導、ウォーキング、睡眠改善、それぞれの専門家からの講演となります。


各分野のフロントランナーが集結 今、健康経営がリアルに動き出す

各分野のフロントランナーが集結 今、健康経営がリアルに動き出す

『健康経営の広場』コミュニティ化プロジェクト キックオフ作戦ダイアログ[2019年6月25日(火) @神谷町]取材レポート 健康経営を推進する企業経営者や担当者、健保組合の方はもちろん、食の専門家、ヨガ・瞑想講師、保養施設の運営者、産業医、コンサルタントなど第一線で活躍するメンバー20名以上が集まって開催された『健康経営の広場』コミュニティ化プロジェクト キックオフ作戦ダイアログ。健康経営が官主導のものから民間主導に移り、よりリアルなものへと進化を遂げようとする今、まさにキックオフに相応しい集いとなりました。


2019年2月厚生労働省委託事業 安全衛生優良企業セミナー ダイジェスト記事

2019年2月厚生労働省委託事業 安全衛生優良企業セミナー ダイジェスト記事

2019年2月5日に東京・渋谷で開かれた「安全衛生優良企業セミナー&発表会 2018(厚生労働省委託事業)」 セッション3~5の内容を3部作のダイジェスト記事で、ご紹介いたします。 ホワイト認定の最難関、安全衛生優良企業の取組み事例や認定取得方法が分かります。


大人気講師のスピンアウトセミナー:保健指導の成果が上がらない理由と解決策

大人気講師のスピンアウトセミナー:保健指導の成果が上がらない理由と解決策

3月8日、大好評で終わったセルメスタの「健康セミナー」。なかでも反響の大きかった4万人以上の食生活を改善してきた柏原先生の講演。今回は時間枠を拡大して、講演と事例紹介の2部構成でお伝えします。 ・より効果的な特定保健指導の実施についてお悩みの健保組合の方 ・ホワイト認定における受診勧奨や従業員の食生活の改善に向けた取組みをお考えの方 など、健康経営やデータヘルス計画の最前線で従事なさっている方々にもご満足いただける内容となっております。