最新テクノロジーをヘルスケアに!「第3回 ヘルスケアIT 2018」

最新テクノロジーをヘルスケアに!「第3回 ヘルスケアIT 2018」

2018年4月に開催されたイベント「第3回 ヘルスケアIT 2018」。最新テクノロジーを医療・ヘルスケアに活かすさまざまな取り組みが発表され、また多くの医療・ヘルスケア関連セミナーも開催された、その様子をお伝えします。


ヘルスケアにおけるIT技術活用の最新情報が集結!

去る4月18日~20日、日本が目指す健康長寿社会の実現に向けて、企業の健康経営から地域包括ケア、画期的な新薬の開発、医療や介護の質の向上に至るまで最先端のテクノロジーや取り組み事例を紹介する「第3回 ヘルスケアIT 2018」が開催され、1万人以上の来場者でにぎわいました。

予防から医薬品、医療・介護まで幅広い分野をカバー

会場内では、企業・自治体・健保などを対象とした「予防・未病ゾーン」、医薬品メーカーや関連企業を対象とした「医薬品ゾーン」、医療・介護施設を対象とした「医療・介護ゾーン」に分けられ、各分野の企業合計約100社がブース展示などを展開。
この3つのゾーンを囲むように5つのセミナー会場が設けられ、開催3日間で約40件のセミナーや講演が開催されました。

健康経営への関心がますます高まる予防・未病分野

「予防・未病ゾーン」で目立ったのは、やはり「健康経営」に着目し、企業の福利厚生としての導入を想定した最新テクノロジーの数々です。

TEIJIN「Sleep Styles睡眠力向上プログラム」は、従業員の睡眠調査とオンライン学習、スマホアプリを組み合わせて生活を改善、しっかりした眠りで心身を休める“睡眠力”の向上を目指すプログラム。メンタルヘルス対策や労災リスク対策としての効果が期待されます。

iCare「Carely」は、健康データのクラウド管理と、医師・保健師によるチャット健康相談を組み合わせた従業員とその家族の健康管理システム。単に健康相談に応じるだけでなく、経過に応じて医師・保健師側からのアプローチもあるのが画期的です。

ソニーネットワークコミュニケーションズ「カロリーチェックAPI」は、食事画像の解析技術を利用し、スマートフォンで食事を撮影するだけで、画像から食事メニューの位置を検出して種類を判別、カロリーチェックができるというユニークなAPI。プレミアムプランでは、食事に関するアドバイスも受けられます。

健康経営のためのテクノロジーと同様に注目されていたのが、高齢者の健康寿命延伸に役立つテクノロジーです。ソニーネットワークコミュニケーションズ「Fit with AI Trainer」は、スポーツセンサー搭載機器による体力測定や運動記録とAIによる個別アドバイスを組み合わせたシステム。おすすめのトレーニングを図解したり、実行したかどうかを記録できたりする機能が実践的です。

この他にも、会場には話題の技術を活用した新しいヘルスケア提案がずらり。ご来場の皆様も熱心に各ブースの説明に耳を傾け、資料や試用機などをチェックしていました。

会場となった東京ビッグサイトでは、この日他にも医療や介護など多くのヘルスケア関連のイベントを同時開催。会場は医療・介護業界の関係者はもちろん、IT企業や電機メーカー、学会や各種団体などの出展者、来場者で大盛況となりました。

セルメスタ熊倉登壇のヘルスケアITセミナーレポートはこちら

関連するキーワード


事例 ヘルスケア セミナー

関連する投稿


個人の健康度を可視化できる「健康関数」、事業化への期待と課題

個人の健康度を可視化できる「健康関数」、事業化への期待と課題

個人の健康の最大化を目標に、神戸のポートアイランドで展開する「健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス」。理化学研究所や地元自治体、研究機関を中心に、市民も協力、さらに全国から多数の企業が参加し、ヘルスケアの新しいムーブメントを起こしつつあります。その中核技術が個人の健康度を可視化する「健康関数」です。去る4月22日に「健康関数シンポジウム in東京」が開催されました。働き方改革が叫ばれる今、会場は超満員。ここでは、その模様を3回に分けてリポートします。


大阪開催!無料データヘルス/健康経営対策セミナーの開催(8/7)

大阪開催!無料データヘルス/健康経営対策セミナーの開催(8/7)

3月8日に東京で開催され100名以上の方々にご来場いただいたこのセミナー。 ご来場者の方々から高評価をいただけたため、大阪でも開催することにいたしました。 健保組合、事業所人事ご担当者向けのデータヘルス計画や健康経営の課題解決や 従業員の健康管理に役だつセミナーを開催します。 セミナーの内容は成果のでる保健指導、ウォーキング、睡眠改善、それぞれの専門家からの講演となります。


ヘルスケアIT セミナー12選⑧: 女性ワーカーが求める健康経営とは - 女性がイキイキと活躍できる職場作り

ヘルスケアIT セミナー12選⑧: 女性ワーカーが求める健康経営とは - 女性がイキイキと活躍できる職場作り

2019年1月に東京ビックサイトで開催された「Care Show Japan2019」。健康経営の広場独自の視点で、お勧めのセミナーをご紹介していきます。その中で、女性消費者の心を掴むマーケティング戦略を専門とし、女性向けの健康・予防医療・美容ビジネスをサポートするウーマンズ。その代表取締役を務める阿部エリナ氏によるセミナーのタイトルは『働く女性が力を発揮できる「女性の健康経営×ICT」とは? ~ライフステージ&年齢で変化する、職場のヘルスケアニーズと対応策~』。女性ワーカーの視点から現在の健康経営の課題や解決策について話してもらいました。


ヘルスケアIT セミナー12選:⑦ 厚生労働省による補助金事業 - 健保組合や民間企業がチームを組み、健康課題に挑む

ヘルスケアIT セミナー12選:⑦ 厚生労働省による補助金事業 - 健保組合や民間企業がチームを組み、健康課題に挑む

2019年1月に東京ビックサイトで開催された「Care Show Japan2019」。健康経営の広場独自の視点で、お勧めのセミナーをご紹介していきます。その中で、厚生労働省の保険局保険課の野崎展史氏によるセミナーのタイトルは『保険者による効果的・効率的な予防・健康づくりに向けて ~共同で実施する新たな保健事業への期待~』。保険者や民間のヘルスケア事業者がプロジェクトチームを組み、健康課題に取り組む補助金事業の狙い、有効性について話してもらいました。


ヘルスケアIT セミナー12選:⑤健康経営と働き方改革の根本について

ヘルスケアIT セミナー12選:⑤健康経営と働き方改革の根本について

2019年1月に東京ビックサイトで開催された「Care Show Japan2019」。健康経営の広場独自の視点で、お勧めのセミナーをご紹介していきます。その中で、ヘルスケアITセミナーに於いて、株式会社スポルツ ヘルスケアメディア・ディレクターの渡辺 武友氏、株式会社フジクラ CHO補佐の浅野 健一郎氏に健康経営とは、いったい何を指しているのか。という根本から、実際に、お金をかけなくても「ちょっとした事」で成果が出た。という中小企業の例をお話頂きました。この一連の流れから、健康経営の目的とは何なのか。今一度、健康経営の原点に立ち返って頂ければ幸いです。


最新の投稿


各エキスパートの知見と経験が交わり、健康経営のこれからが見えてきた!

各エキスパートの知見と経験が交わり、健康経営のこれからが見えてきた!

【『健康経営の広場』コミュニティ化プロジェクト キックオフ作戦ダイアログ[2019年8月6日(火) @渋谷]取材レポート】//第二回目となった今回は、健康経営の実践者、ソリューションを提供するエキスパート、情報や人材のネットワークを集約させるプラットフォーマーという各分野から選りすぐりのメンバーが参加。少数精鋭となったが、それだけにより濃密に、より踏み込んだ熱いダイアログ(対話)が展開された。


満員御礼!健康関数シンポジウムin東京 レポート

満員御礼!健康関数シンポジウムin東京 レポート

理化学研究所が中核機関となって主催された2019年4月22日に開催された健康関数シンポジウムは定員450名の大箱にもかかわらず、スグに満員締切りとなった大人気のシンポジウムです。健康経営の広場ではこのシンポジウムのプログラムを3本のダイジェスト記事でご紹介いたします。


個人の健康度を可視化できる「健康関数」、事業化への期待と課題

個人の健康度を可視化できる「健康関数」、事業化への期待と課題

個人の健康の最大化を目標に、神戸のポートアイランドで展開する「健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス」。理化学研究所や地元自治体、研究機関を中心に、市民も協力、さらに全国から多数の企業が参加し、ヘルスケアの新しいムーブメントを起こしつつあります。その中核技術が個人の健康度を可視化する「健康関数」です。去る4月22日に「健康関数シンポジウム in東京」が開催されました。働き方改革が叫ばれる今、会場は超満員。ここでは、その模様を3回に分けてリポートします。


「健康関数」を支えるセンサー。非接触、非侵襲で未病状態を判定

「健康関数」を支えるセンサー。非接触、非侵襲で未病状態を判定

個人の健康の最大化を目標に、神戸のポートアイランドで展開する「健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス」。理化学研究所や地元自治体、研究機関を中心に、市民も協力、さらに全国から多数の企業が参加し、ヘルスケアの新しいムーブメントを起こしつつあります。その中核技術が個人の健康度を可視化する「健康関数」です。去る4月22日に「健康関数シンポジウム in東京」が開催されました。働き方改革が叫ばれる昨今、会場は超満員。ここでは、その模様を3回に分けてリポートします。


「健康関数」で個人の健康度を可視化し、健康寿命を最大化する

「健康関数」で個人の健康度を可視化し、健康寿命を最大化する

個人の健康の最大化を目標に、神戸のポートアイランドで展開する「健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス」。理化学研究所や地元自治体、研究機関を中心に、市民も協力、さらに全国から多数の企業が参加し、ヘルスケアの新しいムーブメントを起こしつつあります。その中核技術が個人の健康度を可視化する「健康関数」です。去る4月22日に「健康関数シンポジウム in東京」が開催されました。働き方改革が叫ばれる昨今、会場は超満員。ここでは、その模様を3回に分けてリポートします。