最新テクノロジーをヘルスケアに!「第3回 ヘルスケアIT 2018」

最新テクノロジーをヘルスケアに!「第3回 ヘルスケアIT 2018」

2018年4月に開催されたイベント「第3回 ヘルスケアIT 2018」。最新テクノロジーを医療・ヘルスケアに活かすさまざまな取り組みが発表され、また多くの医療・ヘルスケア関連セミナーも開催された、その様子をお伝えします。


ヘルスケアにおけるIT技術活用の最新情報が集結!

去る4月18日~20日、日本が目指す健康長寿社会の実現に向けて、企業の健康経営から地域包括ケア、画期的な新薬の開発、医療や介護の質の向上に至るまで最先端のテクノロジーや取り組み事例を紹介する「第3回 ヘルスケアIT 2018」が開催され、1万人以上の来場者でにぎわいました。

予防から医薬品、医療・介護まで幅広い分野をカバー

会場内では、企業・自治体・健保などを対象とした「予防・未病ゾーン」、医薬品メーカーや関連企業を対象とした「医薬品ゾーン」、医療・介護施設を対象とした「医療・介護ゾーン」に分けられ、各分野の企業合計約100社がブース展示などを展開。
この3つのゾーンを囲むように5つのセミナー会場が設けられ、開催3日間で約40件のセミナーや講演が開催されました。

健康経営への関心がますます高まる予防・未病分野

「予防・未病ゾーン」で目立ったのは、やはり「健康経営」に着目し、企業の福利厚生としての導入を想定した最新テクノロジーの数々です。

TEIJIN「Sleep Styles睡眠力向上プログラム」は、従業員の睡眠調査とオンライン学習、スマホアプリを組み合わせて生活を改善、しっかりした眠りで心身を休める“睡眠力”の向上を目指すプログラム。メンタルヘルス対策や労災リスク対策としての効果が期待されます。

iCare「Carely」は、健康データのクラウド管理と、医師・保健師によるチャット健康相談を組み合わせた従業員とその家族の健康管理システム。単に健康相談に応じるだけでなく、経過に応じて医師・保健師側からのアプローチもあるのが画期的です。

ソニーネットワークコミュニケーションズ「カロリーチェックAPI」は、食事画像の解析技術を利用し、スマートフォンで食事を撮影するだけで、画像から食事メニューの位置を検出して種類を判別、カロリーチェックができるというユニークなAPI。プレミアムプランでは、食事に関するアドバイスも受けられます。

健康経営のためのテクノロジーと同様に注目されていたのが、高齢者の健康寿命延伸に役立つテクノロジーです。ソニーネットワークコミュニケーションズ「Fit with AI Trainer」は、スポーツセンサー搭載機器による体力測定や運動記録とAIによる個別アドバイスを組み合わせたシステム。おすすめのトレーニングを図解したり、実行したかどうかを記録できたりする機能が実践的です。

この他にも、会場には話題の技術を活用した新しいヘルスケア提案がずらり。ご来場の皆様も熱心に各ブースの説明に耳を傾け、資料や試用機などをチェックしていました。

会場となった東京ビッグサイトでは、この日他にも医療や介護など多くのヘルスケア関連のイベントを同時開催。会場は医療・介護業界の関係者はもちろん、IT企業や電機メーカー、学会や各種団体などの出展者、来場者で大盛況となりました。

セルメスタ熊倉登壇のヘルスケアITセミナーレポートはこちら

関連するキーワード


事例 ヘルスケア セミナー

関連する投稿


社長の社員への愛情が健康経営の原点:株式会社東京すずらん

社長の社員への愛情が健康経営の原点:株式会社東京すずらん

「健康経営優良法人(中小企業部門)」に認定された、株式会社東京すずらん。中小企業ならではの取り組み事例や社内外の反応効果などを代表取締役の石川啓夫さんと総務部長の池ノ谷幸枝さんにお伺いしました。お取組み事例の背景には、社長の社員に対する深い愛情があり、その愛情をひとつひとつ形にしてまとめたものが東京すずらんの健康経営でした。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


累計10万部超、糖質制限は間違い!人気著者による「食育セミナー」レポート

累計10万部超、糖質制限は間違い!人気著者による「食育セミナー」レポート

2018年7月、健康経営の一環として都内で行われた株式会社セルメスタの社員向け食育セミナー。食育というと親子の農業体験などをイメージしがちですが、糖質制限など間違った食事の知識に汚染されている大人も少なくない。また、一般的に運動習慣のある人は4人にひとり。健康経営で運動に取り組もうとしても、運動習慣のない方にはかなりのハードル。一方で、食事は毎日だれもが必ずおこなうもの。みんなで取組める健康経営として、「お腹からやせる食べ方」など累計10万部以上の人気著者 柏原ゆきよ氏がセミナー講師として登壇しました。


累計10万部超、糖質制限は間違い!人気著者による「食育セミナー」動画紹介

累計10万部超、糖質制限は間違い!人気著者による「食育セミナー」動画紹介

2018年7月、健康経営の一環として都内で行われた企業の従業員向け食育セミナー。食育というと親子の農業体験などをイメージしがちですが、糖質制限など日本の大人が間違った食事の知識に汚染されているのが現状。また、一般的に運動習慣のある人は4人にひとり。健康経営で運動に取り組もうとしても、運動習慣のない方にはかなりのハードル。一方で、食事は毎日だれもが必ずおこなうもの。みんなで取組める健康経営として、「お腹からやせる食べ方」など累計10万部以上の人気著者 柏原ゆきよ氏がセミナー講師として登壇しました。


健康経営にお金は掛からない!アップコン株式会社流の健康経営

健康経営にお金は掛からない!アップコン株式会社流の健康経営

健康経営には予算が必要と思っていませんか?いえいえ、実はアイデアや工夫次第でほとんどお金をかけずにできるものです。今回はそんなアイデア健康経営を実践する、アップコン株式会社代表の松藤 展和さんにお話をお伺いしてきました。中小企業必見のお話になっていますので、ぜひ御覧ください。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


健康経営 中小企業の事例:株式会社セルメスタ(ウォーキング大会編)

健康経営 中小企業の事例:株式会社セルメスタ(ウォーキング大会編)

健康経営優良法人2018(中小規模法人部門)に認定された株式会社セルメスタの皆さん(佐藤琢也さん、柏倉和美さん、進藤高光さん、並木一徳さん)に、社内で取り組む「ウォーキング大会」についてのお話を伺いました。 インタビュアー:アスマン株式会社 代表・藤澤市郎さん(写真中央)


最新の投稿


働き方改革で時間外勤務は8時間以下!三共精機株式会社の健康経営

働き方改革で時間外勤務は8時間以下!三共精機株式会社の健康経営

社内の仕組みを上手に管理して、時間外勤務時間が月平均8時間以内という三共精機株式会社。社長の石川 武さんが経営理念に込めた『想い』が、まさに形になった健康経営の取り組みとなっています。そんな三共精機株式会社の具体的な施策や、取り組みを詳しくお聞きしてきました。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


問合せ殺到!ひかり健保の電子お薬手帳と健康ポイントによる後発医薬品使用の促進

問合せ殺到!ひかり健保の電子お薬手帳と健康ポイントによる後発医薬品使用の促進

11月20日のデータヘルス見本市2018東京会場で開催された「ひかり健康保険組合の後発医薬品の使用促進 事例紹介」のセミナー。後発医薬品への使用促進は健康保険組合にとって定番の保健事業ですが、ひかり健康保険組合の取組みはこれまでに無いまったく新しい取組みがスタートしています。 そこに至る背景とまったく新しい電子お薬手帳や健康ポイントによる後発医薬品の使用促進の概要について講演しました。講演終了後はひかり健康保険組合と同様の問題を抱えている健康保険組合からのお問合せが殺到しております。 この記事はデータヘルス見本市でのひかり健康保険組合の講演内容をダイジェストにした紹介動画になります。


健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第3回)

健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第3回)

2018年9月、健康経営の名づけ親:特定非営利活動活動法人健康経営研究会と大塚製薬の共催による「健康経営実践セミナー2018」が43会場で盛大に開催され、健康経営における現在の取組み状況、企業のこれからの課題、さらに実際に企業内で行なわれている取組み事例紹介を軸として4つの講演が開催されました。健康経営の広場では、このセミナーの4つの講演内容をご紹介してまいります。3つ目の講演は、経済産業省ヘルスケア産業課・紺野春菜氏が登壇し、日本の健康経営の浸透度合いについて、具体的な数値をもってご紹介いただきました。


データヘルス見本市 主催者セミナー:健康経営の新しいカタチ「ウェルビーイング経営」とは

データヘルス見本市 主催者セミナー:健康経営の新しいカタチ「ウェルビーイング経営」とは

スグに満員になってしまったデータヘルス見本市の主催者セミナー。健康経営や健康スコアリング、特定保険指導などについてのセミナーが開催されました。 「ウェルビーイング経営」は、健康経営のさらに進化したスタイルであるという新しい提案や研究を行っている、武蔵大学経済学部経済学科・森永雄太氏が登壇しました。 ウェルビーイング経営は今後のトレンドとなる可能性もあることから、聴き逃すことのできない内容のセミナーとなりました。


健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第2回)

健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第2回)

2018年9月、健康経営の名づけ親:特定非営利活動活動法人健康経営研究会と大塚製薬の共催による「健康経営実践セミナー2018」が43会場で盛大に開催され、健康経営における現在の取組み状況、企業のこれからの課題、さらに実際に企業内で行なわれている取組み事例紹介を軸として4つの講演が開催されました。健康経営の広場では、このセミナーの4つの講演内容をご紹介してまいります。 企業の労働者が置かれている現状、問題点はいったいどのようになっているのでしょうか?第2回目は良い睡眠のためのスキルやそのポイントについて、北里大学大学院医療系研究課産業精神保健学・教授の田中克俊氏の講演内容のご紹介です。