オフィスポの背景と効果 働き方改革、ホワイト企業化の取り組み

オフィスポの背景と効果 働き方改革、ホワイト企業化の取り組み

主に業務のスキマ時間を利用して軽い運動をするオフィスポは、昨今の働き方改革やホワイト企業化へ向けて行われている、さまざまな取り組みのひとつ。運動不足解消のみならず、心のリフレッシュや、社内のコミュニケーション活性化など、さまざまなねらいで実施されています。


ホワイト企業化の取り組みとしてのオフィスポ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

昨今、健康経営やストレスチェック、働き方改革などが、日本社会全体のテーマとして話題になっています。企業にとって最大の資源である従業員が心身ともに健康でいて、快適に働ける環境をつくること、つまりホワイト企業化を推し進めることが、企業成長には欠かせません。

ストレスチェックや働き方改革はそれ自体が目的なのではなく、従業員が幸せに働くことを実現するための手段のひとつと捉えるべきでしょう。
そのような時流のなか、生まれたのがオフィスポです。

オフィスポとは、文部科学省の委託事業である「若者のスポーツ参加機会拡充を通じた地域コミュニティ活性化促進事業」の一環として始められたプロジェクトで、休み時間、通勤時、仕事のスキマ時間などを利用して簡単な運動やレクリエーションを習慣化・普及しようという試みです。

オフィスポの背景 働く世代=運動不足世代に

平成28年11月にスポーツ庁が行った「スポーツの実施状況等に関する世論調査」では、運動不足を感じるかの問いに「感じる」とする割合が67.0%、「感じない」とする割合が20.8%となっています。年代別にみると、30代から50代で「感じる」とする割合が高い傾向があります。

また、運動・スポーツが嫌いな理由については、「苦手だから」を挙げた人の割合が68.8%と最も高く、次いで「疲れるから」(60.1%)、以下、「時間を取られるから」(31.0%)などの順となっています。

運動するための時間がないと感じている人が約3割いる実態から鑑みても、オフィスで運動時間を創出することは、従業員が運動の大切さを意識すること、また運動不足解消に大いに役立つと推測されます。

オフィスポの実例 ホワイト企業化への取り組み

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

働く世代にもっと運動やスポーツをする習慣をつけてもらい、日々健康的にバイタリティあふれる生活を送ってもらえるよう考え出された「オフィスポ」は、さまざまな実施例があります。

たとえば昼休みの30分間を利用した複数人でのストレッチや輪投げ、けん玉。また、休み時間に限らず、業務中にバランスボールを使用した会議などを行う、移動にエレベーターを使用せず階段を使用するよう促す、万歩計を付け毎日歩数を計測してその結果を共有するなど、アイデア次第でさまざまなオフィスポを展開できるでしょう。

リラックスという観点では、座ったまま行えるマインドフルネスもおすすめです。アプリなどを使用してはじめは3分間から。スキマ時間のリフレッシュとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

参考記事:

オフィスポの効果

オフィスポは運動不足解消だけが目的ではありません。リフレッシュしてメリハリをつけることによる仕事の効率アップ、継続的なストレスから一時離脱することによる緊張の緩和など、実務面でもうれしい効果が期待できます。

また、オフィスポには会社内でのコミュニケーション活性化の側面もあります。参加することにより、社内での会話が増え、また総務部等が中心となり部署を超えたイベントとして実施する場合には、他部署間との交流も生まれます。

他部署との交流が増えることで、今までは接点のなかった部署の人ともコミュニケーションの機会が増え、仕事もスムーズに進むようになり、結果的に企業全体の活性化につながっていくでしょう。

資料のご請求・お問合せはこちら

関連するキーワード


働き方改革 ホワイト企業

関連する投稿


働き方改革、ホワイト企業の源流は?ワーク・ライフ・バランス史

働き方改革、ホワイト企業の源流は?ワーク・ライフ・バランス史

働き方改革、ホワイト企業化など、労働環境の未来へ向けた新しい取り組みが注目されていますが、これらを成功させるためにも、これまでの労働環境を取り巻く状況や、改善へ向けた歩みを学んでおくことは重要です。ワーク・ライフ・バランス史は、自社の働き方を見直す重要なきっかけとなるでしょう。


ワーク・ライフ・バランス・働き改革で生産性向上 企業側のメリット

ワーク・ライフ・バランス・働き改革で生産性向上 企業側のメリット

企業の働き方改革の上で、ワーク・ライフ・バランスの向上は欠かせない取り組みです。しかしその一方で、生活を優先しては生産性向上が望めないのではないかという誤解が、推進を妨げてもいます。実際のところワーク・ライフ・バランスの向上は、従業員にとっても企業にとってもさまざまなメリットがあるのです。


ワーク・ライフ・バランスが注目される背景 ホワイト企業を目指して

ワーク・ライフ・バランスが注目される背景 ホワイト企業を目指して

ワーク・ライフ・バランスの向上、それにともなうワークスタイル改革やホワイト企業化など、近年になってさまざまなキーワードが注目されています。その背景には生き方の多様化、男女格差、少子化、超高齢化など、日本の社会構造の大きな変化があり、官民が一体となって取り組むべき課題となっています。


働き方改革のサポートに!健康経営アドバイザー制度とは

働き方改革のサポートに!健康経営アドバイザー制度とは

健康経営アドバイザー制度とは、専門家による取得を想定した資格と、その有資格者を企業に派遣するシステムからなる制度です。企業の働き方改革をサポートする役目として期待を寄せられています。専門家のアドバイスやサポートを受けて自社の働き方改革にいかしていきましょう。


健康経営でホワイト企業宣言! 「健康企業宣言」とは?

健康経営でホワイト企業宣言! 「健康企業宣言」とは?

健康企業宣言とは、従業員の健康作りに取り組む企業が宣言を行い、認定されることで名乗ることができる制度です。健康経営をこころざし、ホワイト企業化を目指す企業であれば、ぜひ認定を目指したところです。この記事では、主に東京都の場合を例にとった健康企業宣言の内容と、認定の申請手順についてお伝えします。


最新の投稿


データヘルス見本市2018 主催者セミナー:健康スコアリングの活用とコラボヘルス推進方法のすべて

データヘルス見本市2018 主催者セミナー:健康スコアリングの活用とコラボヘルス推進方法のすべて

2018年10月に大阪で開催された「データヘルス・予防サービス見本市2018」では、健康経営や健康スコアリング、特定保健指導などについてのセミナーが開催されました。健康スコアリングによる「見える化」についてのセミナーは、「健康寿命」という著書を20年前に出版したことで有名な東北大学大学院医学系研究科教授・辻一郎氏が登壇しました。いま非常に注目が集まっている健康スコアリングについての本格的なセミナーということで会場は熱気に包まれました。


健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第4回)

健康経営の名づけ親による健康経営実践セミナーの講演レポート(第4回)

2018年9月、健康経営の名づけ親:特定非営利活動活動法人健康経営研究会と大塚製薬の共催による「健康経営実践セミナー2018」が43会場で盛大に開催され、健康経営における現在の取組み状況、企業のこれからの課題、さらに実際に企業内で行なわれている取組み事例紹介を軸として4つの講演が開催されました。健康経営の広場では、このセミナーの4つの講演内容をご紹介してまいります。4つ目の講演は、全日本空輸株式会社人材戦略室労政部厚生チームリーダー・佐藤成俊氏、キャノン株式会社安全衛生部副部長の矢内美雪氏の2名が登壇し、それぞれの企業の健康経営の取り組みについての説明が行われました。


データヘルス見本市講演:お薬手帳によるジェネリック切替健保様事例

データヘルス見本市講演:お薬手帳によるジェネリック切替健保様事例

11月20日に文京区プリズムホールで行われたデータヘルス・予防サービス見本市2018。その中で一際盛り上がりを見せた出展者セミナーの様子をご紹介します。登壇者は、健保設立以来15年ほど常務理事として在任されていて保健事業に大変造詣の深い、ひかり健康保険組合常務理事の太田幸生氏、株式会社ヘルスケアマーケティングでジェネリックの担当、及び健康ポータルサイト「健やか」の開発責任者である小林剛氏、司会進行は株式会社セルメスタ代表 熊倉利和です。


働き方改革で時間外勤務は8時間以下!三共精機株式会社の健康経営

働き方改革で時間外勤務は8時間以下!三共精機株式会社の健康経営

社内の仕組みを上手に管理して、時間外勤務時間が月平均8時間以内という三共精機株式会社。社長の石川 武さんが経営理念に込めた『想い』が、まさに形になった健康経営の取り組みとなっています。そんな三共精機株式会社の具体的な施策や、取り組みを詳しくお聞きしてきました。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


問合せ殺到!ひかり健保の電子お薬手帳と健康ポイントによる後発医薬品使用の促進

問合せ殺到!ひかり健保の電子お薬手帳と健康ポイントによる後発医薬品使用の促進

11月20日のデータヘルス見本市2018東京会場で開催された「ひかり健康保険組合の後発医薬品の使用促進 事例紹介」のセミナー。後発医薬品への使用促進は健康保険組合にとって定番の保健事業ですが、ひかり健康保険組合の取組みはこれまでに無いまったく新しい取組みがスタートしています。 そこに至る背景とまったく新しい電子お薬手帳や健康ポイントによる後発医薬品の使用促進の概要について講演しました。講演終了後はひかり健康保険組合と同様の問題を抱えている健康保険組合からのお問合せが殺到しております。 この記事はデータヘルス見本市でのひかり健康保険組合の講演内容をダイジェストにした紹介動画になります。