「マインドフルネスセミナー」レポート(セルメスタ熊倉登壇)

「マインドフルネスセミナー」レポート(セルメスタ熊倉登壇)

2017年10月、都内で行われた株式会社ファイブグループ全店舗責任者会議にて、株式会社セルメスタ代表・熊倉利和がセミナー講師として登壇しました。今回は前編・マインドフルネスセミナーの様子をレポートします。


1.マインドフルネスとは

マインドフルネスとは、今この瞬間のみに意識を向け、雑念や思考にとらわれない状態のこと。東洋の瞑想をベースにしており、アメリカで医学的に効果が証明され、GoogleやFacebookなどの大手企業でも取り入れられているストレス対策のひとつです。

瞑想というと宗教を思い浮かべる人も多いですが、マインドフルネスには宗教的な要素はありません。マインドフルネスを行うことで、「思いやりの心が満ちる」「好奇心や親切心が旺盛になる」「心が穏やかでありながら、集中力が継続している」などの状態になり、結果的に仕事のミスが減ったり、職場の人間関係がスムーズになったりするという事例も報告されています。

本セミナーには、株式会社ファイブグループ 代表取締役社長の坂本様を筆頭におよそ200名の店舗責任者様にご参加いただきました。メモをとられたり質問をしてくださったりなど、普段聞き慣れないマインドフルネスという考え方に、みなさん意欲的に取り組んでいただきました。

2.スマートフォンアプリで自身のストレス・リラックス度を測定

セミナーの冒頭では、スマートフォンアプリの「COCOLOLO」(http://cocololo.jp/about/)を使って、参加者各自がストレス・リラックス度のチェックを行いました。

スマートフォンで気軽に自分のストレス度がわかるとあって、参加者もみな楽しそうに測定していました。

測定後は、ファイブグループのシステム「スタッポ」に寄せられた店長や職場に対するスタッフの声を紹介。
忙しくなるとついスタッフ同士がギスギスしてしまう、などのネガティブな声に対し、心のコンディションを整えることで解決の糸口が見えてくると語る熊倉。

マインドフルネスで心のコンディションを整えるため、さっそく実践に移ります。

3.座ったままでできるマインドフルネス

・背もたれは使わない
・背筋を伸ばす
・足をしっかり床につける
・手は太ももの上に置く
・目はつぶっても開けたままでもOK
・呼吸のみに意識を集中する

上記のかんたんなポイントの説明のあと、約3分のマインドフルネスがスタート。会場は水を打ったように静まり返り、参加者がみな真剣に取り組んでいることが伺えます。

3分のマインドフルネスが終わったあと、各テーブルで参加者同士が気づきをシェアしました。なかでも「いつまでこの状態を続けるのか?」という考えが浮かんだという人が多い結果に。そのほか、「仕事のことを考えてしまった」といった人も。初めてのマインドフルネスを通じて、何も考えずにじっとしていることは難しいということを改めて感じることができたようです。

そこで熊倉から、脳のデフォルト・モード・ネットワークについての説明がありました。いわゆる脳がアイドリング状態のときに、自然と思考が浮かび上がってくる状態のことです。

マインドフルネス中になにかしらの考えが浮かんでしまうことは脳の正しい機能であることを学んだうえで、もう一度マインドフルネスに挑戦してみます。

4.再度座ったままマインドフルネスに挑戦

今度は、より呼吸を意識しながらのチャレンジとなりました。
初回より長い5分のマインドフルネスを終え、再度テーブルごとに意見交換をします。

仕事中はマルチタスクで脳も疲弊し、ストレスが溜まっていくもの。そこで、マインドフルネスにより脳をアイドリング状態にして「なにもしない」時間をつくることで、感情的な疲労も減り、ストレス度が低くなると熊倉が説明します。

5.ファイブグループ瞑想の実践

最後に、ファイブグループ用に熊倉が考案した「ファイブグループ瞑想」の練習をしました。

スタッフ全員が起立し、立った状態で隣の人と手をつなぎ、先ほどのようにマインドフルネスを行うというもの。自分の呼吸に意識を向けたあと、つないだ手から両隣の人へ意識を拡大し、さらにはそれを職場全体に広げるようなイメージを持ちながら行います。

参加者からは「リラックスできた」といった意見のほか、「リラックスしすぎてこれからどう営業モードに切り替えようか迷う」といったユニークな感想も。

最後にもう一度COCOLOLOを使ってリラックス度・ストレス度を測定します。セミナー開始時よりよくなった人、変わらない人などさまざま。定期的にマインドフルネスを続けることで、安定した効果が見込めるとの熊倉の説明をもって、本セミナーは幕を閉じました。

マインドフルネスセミナーの様子を動画でチェック!

同日に行われた「大人の食育セミナー」のレポートはこちら

セミナーのご依頼などお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

<企業データ>

会社名:株式会社 セルメスタ(Selmesta CO.,LTD.)
事業内容:1.一般用医薬品、救急医薬品セット、介護用品、防災用品、健康食品の販売
     2.郵送検診事業の受託
     3.郵送検診キットの販売
     4.インターネットを利用した各種情報提供サービス及び販売
     5.医療費抑制事業
     6.不動産管理事務の受託
所在地:〒130-8671 東京都墨田区石原4丁目25番12号
資本金:9,900万円
従業員数:約60名

会社名:株式会社ファイブグループ
事業内容:飲食事業(居酒屋・ダイニング等)の経営・企画・運営店舗プロデュース事業
所在地:〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-5-10 いちご吉祥寺ビル 7F
資本金:10,000,000円
従業員数:1,689人(正社員278名・アルバイト1,411名)

取材・講演の依頼はこちら

関連する投稿


データヘルス・予防サービス見本市2017 参加企業紹介

データヘルス・予防サービス見本市2017 参加企業紹介

2018年1月に東京で行われたデータヘルス・予防サービス見本市2017の参加企業の一部をご紹介します。(敬称略・順不同)


マインドフルネス3分間呼吸空間法(メンタルケア、ストレス解消の訓練)

マインドフルネス3分間呼吸空間法(メンタルケア、ストレス解消の訓練)

マインドフルネス3分間呼吸空間法は、マインドフルネスの手法が凝縮されたプログラムです。メンタルケアやストレス解消、抑うつ状態の改善などに効果があるとされ、社員研修の一環として取り入れるところもあります。短い時間で気軽にはじめられるため、マインドフルネスを試してみたいという人にもおすすめです。


自閉スペクトラム症とは メンタルヘルス・発達障害の用語集

自閉スペクトラム症とは メンタルヘルス・発達障害の用語集

自閉スペクトラム症は、自閉症、アスペルガー症候群、そのほか広汎性発達障害を含んだ総称です。発達障害のサインは幼児期から現れますが、知的障害がない場合は成人になってから本人が病院に訪れて診断を受けることもあります。周囲の理解とサポートで、本来の力がじゅうぶん発揮されるようになります。


うつ病(鬱病)とは メンタルヘルス(心の病気)の用語集

うつ病(鬱病)とは メンタルヘルス(心の病気)の用語集

うつ病(鬱病)は精神的・身体的症状を伴うメンタルヘルス疾患で、誰もがかかりうる身近な病気です。早期発見・早期対応が大切であり、また、適切な治療を行うことで多くの方が寛解します。そのためには周囲の人々がその人の変化(サイン)に気づくことが重要な鍵といえます。


不眠症・不眠とは メンタルヘルス(心の病気)の用語集

不眠症・不眠とは メンタルヘルス(心の病気)の用語集

不眠症とは、じゅうぶんな睡眠がとれないなどの睡眠問題が1カ月以上続き、日中に心身の不調が出現する心の病気(メンタルヘルス不調)です。不眠の原因はさまざまですが、原因を突き止めて対処することによって、ほとんどの方が確実に改善します。まずは不眠症に対する正しい知識を身につけましょう。


最新の投稿


実録!働きながらできるミネラルファスティングのビフォー・アフター(前編)

実録!働きながらできるミネラルファスティングのビフォー・アフター(前編)

株式会社ファイブグループでは、社内で健康経営推進委員会が中心となり「ファイザップ」と称したダイエットイベントで生活習慣の改善を試みています。その一環として、セルメスタ代表・熊倉がミネラルファスティングの指導をすることになりました。


食育活動の広がりを実感!「健康食育AWARD2018」

食育活動の広がりを実感!「健康食育AWARD2018」

2018年2月に開催された、「健康食育AWARD2018」。ファイナリスト8組による熱いプレゼンテーションが行われた決戦大会の様子をお伝えします。


ワークスタイル変革で従業員のロイヤルティ・生産性向上を目指す

ワークスタイル変革で従業員のロイヤルティ・生産性向上を目指す

企業経営においてワークスタイル変革でワーク・ライフ・バランスを向上させることと、従業員のロイヤルティ・生産性向上を図ることは相反関係にあると思われがちです。しかし、これらは決して相反することがらではなく、車の両輪のように相乗効果が望めるものなのです。


働き方改革、ホワイト企業の源流は?ワーク・ライフ・バランス史

働き方改革、ホワイト企業の源流は?ワーク・ライフ・バランス史

働き方改革、ホワイト企業化など、労働環境の未来へ向けた新しい取り組みが注目されていますが、これらを成功させるためにも、これまでの労働環境を取り巻く状況や、改善へ向けた歩みを学んでおくことは重要です。ワーク・ライフ・バランス史は、自社の働き方を見直す重要なきっかけとなるでしょう。


データヘルス・予防サービス見本市2017 参加企業紹介

データヘルス・予防サービス見本市2017 参加企業紹介

2018年1月に東京で行われたデータヘルス・予防サービス見本市2017の参加企業の一部をご紹介します。(敬称略・順不同)