ストレス対策の第1歩、メンタルヘルスの「セルフケア」とは

ストレス対策の第1歩、メンタルヘルスの「セルフケア」とは

メンタルヘルス不調のサインを見逃さずセルフケアを行うことは、さらに調子を悪くしたり、こころの病気に進行したりするのを未然に防ぐことにつながります。ストレスについて正しい知識を持ち、自分のストレスサインに気づき、自ら対処できるようセルフケアの基礎を知っておきましょう。


厚生労働省による4つのケア:セルフケアの位置づけ

Getty logo

本記事で説明するセルフケアとは、厚生労働省の「労働者の心の健康の保持増進のための指針」で示されている「4 つのケア」の1つを指します。

4つのケアとは「セルフケア(労働者自身による)」「ラインによるケア(管理監督者による)「事業場内産業保健スタッフによるケア(産業医、衛生管理者等による)」「事業場外産業保健スタッフによるケア(事業場外の機関、専門家による)」で成り立っています。

事業者は衛生委員会等をおいて「心の健康づくり計画」を策定し、4つのケアが継続的かつ計画的に行われるようにする必要があります。

<引用>e-ラーニングで学ぶ「15分でわかるセルフケア」|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

※本来的なセルフケアの意味は、文字通り「自分自身でケアをすること」であり、たとえば「虫歯にならないよう歯磨きをする」「風邪気味だから暖かい格好をする」などもセルフケアに該当します。

セルフケアの3項目

「労働者の心の健康の保持増進のための指針」では、セルフケアについて「ストレスやメンタルヘルスに対する正しい理解」「ストレスへの気づき」「ストレスへの対処」の3項目を挙げています。

事業者は管理監督者も含めた労働者に対して、これらが行えるように支援することが重要です。
働く人の一人ひとりが、「自分の健康を自分で守る」ために必要な知識や技法を身につけることが、セルフケアの基本です。

ストレスの対処 セルフケアの例

Getty logo

セルフケアにおけるストレスの対処の基本となるのは「3つのR」「ストレスコーピング」「ソーシャルサポート(社会的支援)」です。後述する「15分でわかるセルフケア」でも、これらセルフケア方法が紹介されているので、参考にしてください。

3つのR(Rest・Recreation・Relax)

心身の疲労回復には3つのRが有効です。意識的にこのための時間を作るようにし、セルフケアを行います。

<レスト(Rest)>
休息、休養、睡眠。レストすることによって、ストレスから距離をおくことができます。必要以上に抱え込まず、ときには忘れることも大切です。

<レクリエーション(Recreation)>
適度な運動、趣味娯楽や気晴らし、好きなことができる時間を大切にしましよう。日々の忙しさに追われてつい後回しにしてしまいがちですが、大切なセルフケアです。

<リラックス(Relax)>
心身の緊張を緩める方法を身につけましょう。ヨガやゆっくりした呼吸でリラックスする人もいれば、大声で歌ったり、騒いだりすることでリラックスできる人もいます。自分に合った方法を探してください。

ストレスとうまく付き合う「ストレスコーピング」

過剰なストレスがかからないよう、ストレスの基(ストレッサー)にうまく対処しようとすること・うまく付き合うことをストレスコーピングと言います。

ストレスコーピングには、自分の考え方の傾向に気付いて、ネガティブな考え方を、柔軟で合理的な考え方に変化させる「情動焦点コーピング」と、ストレッサーそのものに働きかけて問題解決を図る「問題焦点コーピング」の2つに大別できます。

ソーシャルサポート(社会的支援)

自分だけで長い間抱え込んでいると、心身の不調を招く事態になりかねません。他者に相談することで、解決の糸口を見出すことが期待てきます。

自分ではどうにもならない、対処しきれないときには、信頼できる人や専門家に相談しましょう。同僚や上司、職場の相談窓口や産業医、医療の専門家、法律の専門家、公的機関における相談窓口など、支援を求める窓口はさまざまに用意されています。

e-ラーニングで学ぶ「15分でわかるセルフケア」

厚生労働省が運営する、メンタルヘルスのポータルサイト「こころの耳」では、職場でのセルフケア教育にも活用できる“e-ラーニングで学ぶ「15分でわかるセルフケア」”を提供しています。

セルフケアの基礎知識である「ストレスへの気づき」と「対処」および「自発的な健康相談」を学べるようにできており、「5分でできる職場のストレスチェック」と合わせても約25分程度で完了します。ぜひ参考にしてください。

<「15分でわかるセルフケア」メニュー>

● 最短総学習時間 約15分
1. いつもと違う自分に気づこう~こんなことはありませんか?~・・・1分
2. ストレスってなに?・・・2分
3. ストレスとつき合う方法・・・5分
4. なぜ、職場のメンタルヘルスケアが必要なのか・・・3分
5. メンタルヘルス不調は防ぐことができます・・・2分
6. 国を挙げてメンタルヘルスケアを推進しています・・・2分

<引用>e-ラーニングで学ぶ「15分でわかるセルフケア」|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

<監修医師>

菊池祐二郎 医師
山王メディカルセンター 血管病センターにて診療に従事。
東京医科大学病院在籍中は主に心臓手術・血管外科を担当し、さらにその関連施設では人工透析管理に従事。心臓や血管に疾患のある患者様に元気な日常生活を送っていただけるよう、患者様お一人おひとりにもっとも適した治療法を考え、行っている。

専門:血管外科
経歴:東京医科大学卒、医学博士/前東京医科大学心臓外科医長
学会活動:日本外科学会認定外科専門医・認定医/日本循環器学会認定循環器専門医/日本脈管学会認定脈管専門医/日本抗加齢医学会認定抗加齢医学専門医

資料のご請求・お問合せはこちら

関連するキーワード


メンタルヘルス ストレス

関連する投稿


安全衛生優良企業認定で「ブラックなイメージ払拭」「就活生から大反響」

安全衛生優良企業認定で「ブラックなイメージ払拭」「就活生から大反響」

2019年2月5日に東京・渋谷で開かれた「安全衛生優良企業セミナー&発表会 2018(厚生労働省委託事業)」。Session 3では「安全衛生優良企業認定までの軌跡」をテーマに、すでに認定を受けている株式会社フィデア情報システムズ理事の近藤定義氏と、東電同窓電気株式会社監査役の目迫公雄氏が登壇し、認定を目指した狙いから具体的な対策、そしてその効果について語りました。二人の話に共通するのは、即席の対策はなく、一つ一つ改善して積み上げていくことが大事だということと、認定を受けることで企業のイメージアップやリクルート面でも大きな効果があるということです。安全衛生優良企業の認定を受けるにはどうしたらよいか、非常に内容の濃い講演でした。


[メンタルヘルス対策としてのマインドフルネス実践セミナー]動画紹介

[メンタルヘルス対策としてのマインドフルネス実践セミナー]動画紹介

健康経営、メンタルヘルス対策として、社員向けマインドフルネスセミナーが開催されました。このセミナーは健康経営優良法人認定やストレスチェックの対策の実践事例という位置づけで構成されています。これらの対策としてのマインドフルネスセミナーの様子を動画でご覧ください。


健康経営 中小企業の事例:株式会社セルメスタ(マインドフルネス編)

健康経営 中小企業の事例:株式会社セルメスタ(マインドフルネス編)

健康経営優良法人2018(中小規模法人部門)に認定された株式会社セルメスタの健康経営推進プロジェクトチームメンバー(左から進藤高光さん、佐藤琢也さん、並木一徳さん)に、社内で取り組む「マインドフルネスセミナー」についてのお話を伺いました。 インタビュアー:アスマン株式会社 代表・藤澤市郎さん


メンタルヘルスに関する資格・役職(企業内で選任する者)

メンタルヘルスに関する資格・役職(企業内で選任する者)

メンタルヘルスに関する資格や役割は、産業医、衛生管理者、心理職などさまざまなものがあります。特に事業場内では資格を有しかつ選任された者が、セルフケアやラインケアの支援を行い、職場のメンタルヘルスケアにおいて中心的な役割を担います。


ワーク・エンゲイジメントとは 職場のメンタルヘルスの動向

ワーク・エンゲイジメントとは 職場のメンタルヘルスの動向

職場のメンタルヘルスは、これまで不調者への対応に視点がしぼられていました。ワーク・エンゲイジメントは端的には働きがいとも言い換えられ、すべての従業員が対象となり、メンタルヘルスを増進する事で生産性や創造性を高め、組織力も向上させようという新しい考え方です。


最新の投稿


大人気な食育講師の動画セミナー:保健指導の成果が上がらない理由と解決策

大人気な食育講師の動画セミナー:保健指導の成果が上がらない理由と解決策

セルメスタの元気セミナーの大人気講座、4万人以上の食生活を改善してきた柏原先生の講演。 今回は7月11日に東京で開催された講演の内容を動画でご覧いただけるようにいたしました。前回ご都合が合わなかったり、遠方で参加できなかった方は、ぜひ、この機会に動画セミナーをご覧ください。また、前回のセミナーにご参加いただいた方には、同僚や上司、お知り合いにこの動画セミナーをご紹介いただけませんでしょうか。 より効果的な特定保健指導の実施についてお悩みの健保組合の方 ・ホワイト認定における受診勧奨や従業員の食生活の改善に向けた取組みをお考えの方など、健康経営やデータヘルス計画の最前線で従事なさっている方々にもご満足いただける内容となっております


各エキスパートの知見と経験が交わり、健康経営のこれからが見えてきた!

各エキスパートの知見と経験が交わり、健康経営のこれからが見えてきた!

【『健康経営の広場』コミュニティ化プロジェクト キックオフ作戦ダイアログ[2019年8月6日(火) @渋谷]取材レポート】//第二回目となった今回は、健康経営の実践者、ソリューションを提供するエキスパート、情報や人材のネットワークを集約させるプラットフォーマーという各分野から選りすぐりのメンバーが参加。少数精鋭となったが、それだけにより濃密に、より踏み込んだ熱いダイアログ(対話)が展開さました。


満員御礼!健康関数シンポジウムin東京 レポート

満員御礼!健康関数シンポジウムin東京 レポート

理化学研究所が中核機関となって主催された2019年4月22日に開催された健康関数シンポジウムは定員250名の大箱にもかかわらず、スグに満員締切りとなった大人気のシンポジウムです。健康経営の広場ではこのシンポジウムのプログラムを3本のダイジェスト記事でご紹介いたします。


個人の健康度を可視化できる「健康関数」、事業化への期待と課題

個人の健康度を可視化できる「健康関数」、事業化への期待と課題

個人の健康の最大化を目標に、神戸のポートアイランドで展開する「健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス」。理化学研究所や地元自治体、研究機関を中心に、市民も協力、さらに全国から多数の企業が参加し、ヘルスケアの新しいムーブメントを起こしつつあります。その中核技術が個人の健康度を可視化する「健康関数」です。去る4月22日に「健康関数シンポジウム in東京」が開催されました。働き方改革が叫ばれる今、会場は超満員。ここでは、その模様を3回に分けてリポートします。


「健康関数」を支えるセンサー。非接触、非侵襲で未病状態を判定

「健康関数」を支えるセンサー。非接触、非侵襲で未病状態を判定

個人の健康の最大化を目標に、神戸のポートアイランドで展開する「健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス」。理化学研究所や地元自治体、研究機関を中心に、市民も協力、さらに全国から多数の企業が参加し、ヘルスケアの新しいムーブメントを起こしつつあります。その中核技術が個人の健康度を可視化する「健康関数」です。去る4月22日に「健康関数シンポジウム in東京」が開催されました。働き方改革が叫ばれる昨今、会場は超満員。ここでは、その模様を3回に分けてリポートします。