厚生労働省主催イベントレポート 〜データヘルス・予防サービス見本市2017〜

厚生労働省主催イベントレポート 〜データヘルス・予防サービス見本市2017〜

2017年12月に名古屋で、2018年1月に東京で行われたデータヘルス・予防サービス見本市2017。東京会場の様子をご紹介します。


データヘルス・予防サービス見本市とは

「データヘルス・予防サービス見本市」は、医療保険者等と予防・健康づくりのサービスを提供する事業者とのマッチングの機会を提供するイベント。今回で3回目を迎えました。

30を超える出展ブース、「予防・健康づくり 進化の実現へ」がテーマ

「予防・健康づくり 進化の実現へ」をテーマに開催された東京会場では、「データヘルス計画(データ分析・計画策定)」「予防・健康づくりのインセンティブ」「生活習慣病の重症化予防」「健康経営・職場環境の整備」「わかりやすい情報提供」「後発医薬品利用推進」のエリアに分かれ、総勢31の出展ブースが並びました。(全42事業者)

名古屋会場では約800人、東京会場では約1,100人の来場がありました。東京会場の入場者は医療保険者、企業経営者、地域・職域づくりに関係する方のみが対象になっており、会場はより本格的な熱気に包まれていました。

出展者の声

株式会社あまの創健では、「コラボヘルスによる家庭・職場の健康経営」をテーマに、家庭・職場の健康経営促進に向け、保険者と事業所との連携役を担い、課題の抽出~組合会・衛生委員会サポート~保健事業実行までをサポートしています。
ブースでは、健康経営セミナー、被扶養者受診率向上施策等のコラボヘルス事例を紹介されており、来場者投票による「出展者アワード」では、『展示・接客部門』にてグランプリを、『製品・サービス部門』にて優秀賞を獲得されました。

株式会社あまの創健トータルヘルス研究所所長の菊谷 徹さんにお話を伺いました。

「ヘルスケア分野のイベントでこれだけお客様が集まってくれる機会はなかなかないので、業界全体で盛り上げていく一端を担いたいと思っています。弊社は、保険者様が課題としている、事業所とのコラボヘルスや被扶養者の健診・保健指導に取り組んでいます。これからも、かゆいところに手が届くようなサービスを目指して邁進していきます」

オムロン ヘルスケア株式会社では、「地球上の一人ひとりの健康ですこやかな生活への貢献」を実現するために、世界共通の社会的課題である、脳・心血管疾患の発症ゼロ(=ゼロイベント)を目指す取り組みの紹介をされていました。

オムロン ヘルスケア株式会社 データヘルスケア事業本部 コネクテッドデバイス事業部 ソリューショングループ 経営基幹職の河原 伸悟さんにお話を伺いました。

「弊社は血圧計・体温計・体組織計などの健康機器を販売しています。近年のIoTのブームもあり、健康関連のデータを広く経営の指標に活かしたいと考えており、さまざまなサービスにヘルスケアを導入したりしたいという企業様からのお問い合わせが増えてきています。弊社では健康データをIoTでお使いいただけるようオープンに広げるための仕組みを提供しています。この活動は1年以上前から行っていますが、IoTのブームとともにさまざまな分野の企業様とお話をする機会が増えました。各企業様の立ち位置やサービスで課題もまったく違うので勉強になる機会が多く、新しいアイデアも広がってやりがいのある仕事と感じています」

会場では、出展事業者それぞれの健康に対する想いや取り組みが展示やセミナーから伝わってきて、健康経営やデータヘルスなどの注目度の高まりを感じることができました。

セルメスタブースのレポートはこちら

関連するキーワード


事例 健康経営

関連する投稿


ホワイト500認定企業:大塚製薬株式会社 インタビュー(後編)

ホワイト500認定企業:大塚製薬株式会社 インタビュー(後編)

2017年2月に、「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定された、大塚製薬株式会社。人事部 部長補佐で健康管理室室長の田中 静江さんにお話を伺いました。 インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


健康経営インタビュー:大塚製薬株式会社(前編)

健康経営インタビュー:大塚製薬株式会社(前編)

2017年2月に、「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定された、大塚製薬株式会社。人事部 部長補佐で健康管理室室長の田中 静江さんにお話を伺いました。 インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


健康経営銘柄・ホワイト500認定企業:塩野義製薬株式会社 インタビュー(後編)

健康経営銘柄・ホワイト500認定企業:塩野義製薬株式会社 インタビュー(後編)

2年連続で「健康経営銘柄」に選定された、塩野義製薬株式会社。人事総務部 EHS推進室長 樺木 幹雄さんにお話を伺いました。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


立ち見続出!セルメスタブースのレポート 〜データヘルス・予防サービス見本市2017〜

立ち見続出!セルメスタブースのレポート 〜データヘルス・予防サービス見本市2017〜

2017年12月に名古屋で、2018年1月に東京で行われたデータヘルス・予防サービス見本市2017に株式会社セルメスタが出展いたしました。立ち見の方もいらっしゃるほどご盛況いただいたセミナーなど、ブースの様子をご紹介します。


健康経営インタビュー:塩野義製薬株式会社(前編)

健康経営インタビュー:塩野義製薬株式会社(前編)

2年連続で「健康経営銘柄」に選定された、塩野義製薬株式会社。人事総務部 EHS推進室長 樺木 幹雄さんにお話を伺いました。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


最新の投稿


ホワイト500認定企業:大塚製薬株式会社 インタビュー(後編)

ホワイト500認定企業:大塚製薬株式会社 インタビュー(後編)

2017年2月に、「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定された、大塚製薬株式会社。人事部 部長補佐で健康管理室室長の田中 静江さんにお話を伺いました。 インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


健康経営インタビュー:大塚製薬株式会社(前編)

健康経営インタビュー:大塚製薬株式会社(前編)

2017年2月に、「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定された、大塚製薬株式会社。人事部 部長補佐で健康管理室室長の田中 静江さんにお話を伺いました。 インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


健康経営銘柄・ホワイト500認定企業:塩野義製薬株式会社 インタビュー(後編)

健康経営銘柄・ホワイト500認定企業:塩野義製薬株式会社 インタビュー(後編)

2年連続で「健康経営銘柄」に選定された、塩野義製薬株式会社。人事総務部 EHS推進室長 樺木 幹雄さんにお話を伺いました。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


自閉スペクトラム症とは メンタルヘルス・発達障害の用語集

自閉スペクトラム症とは メンタルヘルス・発達障害の用語集

自閉スペクトラム症は、自閉症、アスペルガー症候群、そのほか広汎性発達障害を含んだ総称です。発達障害のサインは幼児期から現れますが、知的障害がない場合は成人になってから本人が病院に訪れて診断を受けることもあります。周囲の理解とサポートで、本来の力がじゅうぶん発揮されるようになります。


うつ病(鬱病)とは メンタルヘルス(心の病気)の用語集

うつ病(鬱病)とは メンタルヘルス(心の病気)の用語集

うつ病(鬱病)は精神的・身体的症状を伴うメンタルヘルス疾患で、誰もがかかりうる身近な病気です。早期発見・早期対応が大切であり、また、適切な治療を行うことで多くの方が寛解します。そのためには周囲の人々がその人の変化(サイン)に気づくことが重要な鍵といえます。