労働時間削減の取り組み〜働き方改革で過度の残業をなくす

労働時間削減の取り組み〜働き方改革で過度の残業をなくす

家庭を顧みず仕事に没頭し、長時間残業するのが当たり前の時代はもはや過去となり、現代では、仕事と家庭をバランス良く調和させる「ワークライフバランス」を推進させようという動きが強まっています。ここでは、働き方改革で過度の残業をなくす取り組みのポイントについてご紹介します。


残業を減らす働き方改革でワークライフバランス改善を!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ワークライフバランス推進の一環として、企業では労働時間削減を進める動きが高まっているわけですが、ここで「長時間労働は止めましょう」と上から言うだけでは効果が出てきません。

そこで、より効果的な労働時間削減の働きかけとして、さまざまな取り組みがなされています。最も多いのは残業を減らすための“働き方改革”です。

日本企業では、旧来「残業の多い人=がんばっている人」「残業しない人=やる気のない人」という評価がまかり通ってきました。

今なお、残業すること自体を評価するような社内風土があったり、あまつさえ定時退社に後ろめたさを感じたりする人も多いのです。

ノー残業デーは働き方改革の核となり得るか?

誰もが安心して残業せずに帰れる状況を作る。その施策のひとつにノー残業デーの導入があります。

ただ、ノー残業デーも設定するだけでは片手落ちです。確かにノー残業デー当日は残業しなくてもよい口実ができるわけですが、今まで残業でこなしていた分の業務をどうするかという対策が取られていなかったり、他の日はより一層の残業をする前提だったりでは、働き方改革が進んでいるとは言えません。

ノー残業デーに定時で帰るために、自宅に仕事を持ち帰ったり、他の日に余分に残業をしたりするのでは、トータルの労働時間の短縮は図れません。
しかしながらこういった本末転倒な事態は珍しいケースではなく、制度の本来の目的が果たされていない企業も多いのが現在の実情です。

残念ながらノー残業デー制度が働き方改革の核となり、ワークライフバランスが劇的に変わる、というものではないというのが現状です。制度があれば多少は働きやすくなる、といったところでしょう。

残業の事前申告制は労働時間削減の有効な手段

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

では、他に労働時間削減の取り組みとしては何があるのでしょうか。ノー残業デーに次いで目立つ事例は「残業の事前申告制の導入」です。

「残業の事前申告制」とは、残業をする際に、事前に上司に申告をして許可を得る必要があるという制度を指します。
これにより、管理職を経由して企業が社員の残業の有無を事前に把握し、管理する事ができます。

この制度があれば不必要な残業は申告されにくく、もし申告された場合も、許可しないといった策を施せます。また、仮に必要な残業であっても、労働時間が過重になっている従業員がいれば、仕事を分担するなどして労働時間を減らす事もできます。

まずは管理職を含めた従業員自身の意識改革を

しかし、この「残業の事前申告制の導入」も、ただ導入するだけでは万全ではありません。

管理職に労働時間削減の意識がなく、申告なしでのサービス残業まで黙認したり、暗に求めたりするようなことがあれば、制度は形骸化していきます。もちろん、部下が上司の許可を得ずにサービス残業しようとする場合も同様です。

このようなケースでは、サービス残業を「残業していない」とみなします。残業の記録が残らずその実態も把握できないとなれば、労働時間削減の面からは大きなデメリットです。

つまり、社員の労働時間削減の成否を分けるのは、どこまでこの制度を実効化し、会社の文化として定着させられるかという働き方改革にかかっています。

管理職は「正式な手続きなしに部下を残業させない」「従業員が上司の正式な許可なしに残業しようとする場合は退社させる。これらを例外なく徹底しなければなりません。

残業を減らし、労働時間を削減することは企業の利益になる

労働時間削減を実現してワークライフバランスを改善することは、なにも従業員側だけのメリットではありません。企業としてもダラダラ残業により発生していた無駄な残業代が削減でき、ハードワークによって懸念される従業員のメンタルヘルス不調の予防にもなるという大きな恩恵があります。

たとえ削減したのが残業代の発生していないサービス残業であったとしても、従業員の疲弊や不信を未然に防ぎ、健康被害による職場離脱や離職のリスクを下げることには、大いにメリットがあると言えるでしょう。

資料のご請求・お問合せはこちら

関連するキーワード


残業 働き方改革

関連する投稿


働き方改革、ホワイト企業の源流は?ワーク・ライフ・バランス史

働き方改革、ホワイト企業の源流は?ワーク・ライフ・バランス史

働き方改革、ホワイト企業化など、労働環境の未来へ向けた新しい取り組みが注目されていますが、これらを成功させるためにも、これまでの労働環境を取り巻く状況や、改善へ向けた歩みを学んでおくことは重要です。ワーク・ライフ・バランス史は、自社の働き方を見直す重要なきっかけとなるでしょう。


ワーク・ライフ・バランス・働き改革で生産性向上 企業側のメリット

ワーク・ライフ・バランス・働き改革で生産性向上 企業側のメリット

企業の働き方改革の上で、ワーク・ライフ・バランスの向上は欠かせない取り組みです。しかしその一方で、生活を優先しては生産性向上が望めないのではないかという誤解が、推進を妨げてもいます。実際のところワーク・ライフ・バランスの向上は、従業員にとっても企業にとってもさまざまなメリットがあるのです。


働き方改革のサポートに!健康経営アドバイザー制度とは

働き方改革のサポートに!健康経営アドバイザー制度とは

健康経営アドバイザー制度とは、専門家による取得を想定した資格と、その有資格者を企業に派遣するシステムからなる制度です。企業の働き方改革をサポートする役目として期待を寄せられています。専門家のアドバイスやサポートを受けて自社の働き方改革にいかしていきましょう。


オフィスポの背景と効果 働き方改革、ホワイト企業化の取り組み

オフィスポの背景と効果 働き方改革、ホワイト企業化の取り組み

主に業務のスキマ時間を利用して軽い運動をするオフィスポは、昨今の働き方改革やホワイト企業化へ向けて行われている、さまざまな取り組みのひとつ。運動不足解消のみならず、心のリフレッシュや、社内のコミュニケーション活性化など、さまざまなねらいで実施されています。


ダブルケアとワーク・ライフ・バランス 働き方改革で生産性向上!

ダブルケアとワーク・ライフ・バランス 働き方改革で生産性向上!

ダブルケアとは、育児と介護という2つのケアを同じ人が同時期に行うことを指します。ケアを引き受ける人の負担が非常に大きくなるため、働き方改革による生産性向上など、企業側からの対策も求められています。ここでは、ダブルケアの問題点と、解決策として注目されているワーク・ライフ・バランスについて紹介します。


最新の投稿


実録!働きながらできるミネラルファスティングのビフォー・アフター(前編)

実録!働きながらできるミネラルファスティングのビフォー・アフター(前編)

株式会社ファイブグループでは、社内で健康経営推進委員会が中心となり「ファイザップ」と称したダイエットイベントで生活習慣の改善を試みています。その一環として、セルメスタ代表・熊倉がミネラルファスティングの指導をすることになりました。


食育活動の広がりを実感!「健康食育AWARD2018」

食育活動の広がりを実感!「健康食育AWARD2018」

2018年2月に開催された、「健康食育AWARD2018」。ファイナリスト8組による熱いプレゼンテーションが行われた決戦大会の様子をお伝えします。


ワークスタイル変革で従業員のロイヤルティ・生産性向上を目指す

ワークスタイル変革で従業員のロイヤルティ・生産性向上を目指す

企業経営においてワークスタイル変革でワーク・ライフ・バランスを向上させることと、従業員のロイヤルティ・生産性向上を図ることは相反関係にあると思われがちです。しかし、これらは決して相反することがらではなく、車の両輪のように相乗効果が望めるものなのです。


働き方改革、ホワイト企業の源流は?ワーク・ライフ・バランス史

働き方改革、ホワイト企業の源流は?ワーク・ライフ・バランス史

働き方改革、ホワイト企業化など、労働環境の未来へ向けた新しい取り組みが注目されていますが、これらを成功させるためにも、これまでの労働環境を取り巻く状況や、改善へ向けた歩みを学んでおくことは重要です。ワーク・ライフ・バランス史は、自社の働き方を見直す重要なきっかけとなるでしょう。


データヘルス・予防サービス見本市2017 参加企業紹介

データヘルス・予防サービス見本市2017 参加企業紹介

2018年1月に東京で行われたデータヘルス・予防サービス見本市2017の参加企業の一部をご紹介します。(敬称略・順不同)