アクティブリスニングでワークスタイル変革&生産性向上!

アクティブリスニングでワークスタイル変革&生産性向上!

ワークスタイル変革や生産性向上の具体策として、最近、企業の研修などで取り上げられることが多いアクティブリスニング。もともとはカウンセリングの際に用いるコミュニケーション法の一種で、相手の言葉に進んで耳を傾ける姿勢や態度を示した、聴き方のテクニックです。


アクティブリスニング(積極的傾聴)とはどのようなものか

Getty logo

アクティブリスニング(積極的傾聴)は、聴き手が話し手の立場に立って深く話を聴くことで、話し手の抱える問題を自ら解決できるように導くコミュニケーション技術です。

聴き手は話し手の話を受動的にただ聞くのではなく、話し手の言葉の中にある事実と感情を把握するように注意して聴きます。また話し手に共感し、理解しようとする態度を示すようにします。
その上で、把握した事実と感情を、自分の意見や判断を加えずにフィードバックするのが原則となっています。

ここで、アドバイスしようなどとは考えないこと、あくまで、相手を全面的に受け入れる態度が重要なのです。

アクティブリスニングの具体的な会話手法とは

アクティブリスニング、つまり「積極的に聴く」とは、具体的にどのような聴き方なのでしょうか。いくつか例を挙げてみましょう。

例えば「質問」は一般的に、自分の疑問を解決し、知りたいことを教えてもらうためのものですが、アクティブリスニングでは「話し手の話に興味を持っている、もっと知りたい」という意思を話し手に伝えつつ、話し手の話をまとめるために使います。
話の内容について「それは、○○ということですよね?」と聴き手がまとめる形で質問すれば、話し手は「話をしっかり聴いてくれている、興味を持っている」と感じますし、「確かに○○だ」「○○とは少し違う」などと、話し手自身の考えを整理し、聴き手と共有するきっかけにもなります。

また、話し手の気持ちを言葉にしてまとめ、「共感」することも重要です。聴き手が言葉の奥にある気持ちをくみ取って「つらかったですね」「うれしいですね」「驚きましたね」と形にしてあげることで、話し手は自分の状況を冷静にとらえやすくなります。

そして、ここでうまく「まとめる」ために、まずよく聴くことが重要になってくるわけです。

アクティブリスニングが生産性向上につながるわけ

Getty logo

アクティブリスニングは、端的には「問題を自ら解決するための技術」ではありますが、実践を重ねることで、目の前の問題を解決するだけでなく、職場の活性化をはかり、ワークスタイル変革や生産性向上につなげることができます。

職場では、さまざまなバックボーンや立場を背負った人が、それぞれの見解を持って働いています。上下関係や利害関係などもあり、複雑に絡み合った人間関係が構築されています。ですから、本音と建て前、評価、関係性などさまざまなことがお互いの理解を阻むことも少なくありません。

アクティブリスニングでは、たとえ「聴き手」の立場や経験が上であっても、話し手に対して話を遮ったり、批判や評価を加えたり、自らの判断、アドバイスを示すといったことはしないようにします。そうすると「話し手」の立場が下であったり、経験が浅かったりする場合でも、遠慮したり、顔色を窺ったりしながら話す必要はなくなります。

アクティブリスニングでワークスタイル変革を

このように、アクティブリスニングは問題解決に役立つだけでなく、立場を超えてお互いを理解することにつながります。
それにより、たとえ異なる意見がぶつかり合うことがあったとしても、冷静に議論できる環境が生まれ、協働して問題解決にあたることができるようになるというわけなのです。

最近では管理職の研修プログラムとしても注目されているアクティブリスニング。職場活性化のためにぜひ活かしてみてはいかがでしょうか。

資料のご請求・お問合せはこちら

関連する投稿


ワークスタイル変革で従業員のロイヤルティ・生産性向上を目指す

ワークスタイル変革で従業員のロイヤルティ・生産性向上を目指す

企業経営においてワークスタイル変革でワーク・ライフ・バランスを向上させることと、従業員のロイヤルティ・生産性向上を図ることは相反関係にあると思われがちです。しかし、これらは決して相反することがらではなく、車の両輪のように相乗効果が望めるものなのです。


ワーク・ライフ・バランス・働き改革で生産性向上 企業側のメリット

ワーク・ライフ・バランス・働き改革で生産性向上 企業側のメリット

企業の働き方改革の上で、ワーク・ライフ・バランスの向上は欠かせない取り組みです。しかしその一方で、生活を優先しては生産性向上が望めないのではないかという誤解が、推進を妨げてもいます。実際のところワーク・ライフ・バランスの向上は、従業員にとっても企業にとってもさまざまなメリットがあるのです。


ワーク・ライフ・バランスが注目される背景 ホワイト企業を目指して

ワーク・ライフ・バランスが注目される背景 ホワイト企業を目指して

ワーク・ライフ・バランスの向上、それにともなうワークスタイル改革やホワイト企業化など、近年になってさまざまなキーワードが注目されています。その背景には生き方の多様化、男女格差、少子化、超高齢化など、日本の社会構造の大きな変化があり、官民が一体となって取り組むべき課題となっています。


ダブルケアとワーク・ライフ・バランス 働き方改革で生産性向上!

ダブルケアとワーク・ライフ・バランス 働き方改革で生産性向上!

ダブルケアとは、育児と介護という2つのケアを同じ人が同時期に行うことを指します。ケアを引き受ける人の負担が非常に大きくなるため、働き方改革による生産性向上など、企業側からの対策も求められています。ここでは、ダブルケアの問題点と、解決策として注目されているワーク・ライフ・バランスについて紹介します。


最新の投稿


大人気な食育講師の動画セミナー:保健指導の成果が上がらない理由と解決策

大人気な食育講師の動画セミナー:保健指導の成果が上がらない理由と解決策

セルメスタの元気セミナーの大人気講座、4万人以上の食生活を改善してきた柏原先生の講演。 今回は7月11日に東京で開催された講演の内容を動画でご覧いただけるようにいたしました。前回ご都合が合わなかったり、遠方で参加できなかった方は、ぜひ、この機会に動画セミナーをご覧ください。また、前回のセミナーにご参加いただいた方には、同僚や上司、お知り合いにこの動画セミナーをご紹介いただけませんでしょうか。 より効果的な特定保健指導の実施についてお悩みの健保組合の方 ・ホワイト認定における受診勧奨や従業員の食生活の改善に向けた取組みをお考えの方など、健康経営やデータヘルス計画の最前線で従事なさっている方々にもご満足いただける内容となっております


各エキスパートの知見と経験が交わり、健康経営のこれからが見えてきた!

各エキスパートの知見と経験が交わり、健康経営のこれからが見えてきた!

【『健康経営の広場』コミュニティ化プロジェクト キックオフ作戦ダイアログ[2019年8月6日(火) @渋谷]取材レポート】//第二回目となった今回は、健康経営の実践者、ソリューションを提供するエキスパート、情報や人材のネットワークを集約させるプラットフォーマーという各分野から選りすぐりのメンバーが参加。少数精鋭となったが、それだけにより濃密に、より踏み込んだ熱いダイアログ(対話)が展開さました。


満員御礼!健康関数シンポジウムin東京 レポート

満員御礼!健康関数シンポジウムin東京 レポート

理化学研究所が中核機関となって主催された2019年4月22日に開催された健康関数シンポジウムは定員250名の大箱にもかかわらず、スグに満員締切りとなった大人気のシンポジウムです。健康経営の広場ではこのシンポジウムのプログラムを3本のダイジェスト記事でご紹介いたします。


個人の健康度を可視化できる「健康関数」、事業化への期待と課題

個人の健康度を可視化できる「健康関数」、事業化への期待と課題

個人の健康の最大化を目標に、神戸のポートアイランドで展開する「健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス」。理化学研究所や地元自治体、研究機関を中心に、市民も協力、さらに全国から多数の企業が参加し、ヘルスケアの新しいムーブメントを起こしつつあります。その中核技術が個人の健康度を可視化する「健康関数」です。去る4月22日に「健康関数シンポジウム in東京」が開催されました。働き方改革が叫ばれる今、会場は超満員。ここでは、その模様を3回に分けてリポートします。


「健康関数」を支えるセンサー。非接触、非侵襲で未病状態を判定

「健康関数」を支えるセンサー。非接触、非侵襲で未病状態を判定

個人の健康の最大化を目標に、神戸のポートアイランドで展開する「健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス」。理化学研究所や地元自治体、研究機関を中心に、市民も協力、さらに全国から多数の企業が参加し、ヘルスケアの新しいムーブメントを起こしつつあります。その中核技術が個人の健康度を可視化する「健康関数」です。去る4月22日に「健康関数シンポジウム in東京」が開催されました。働き方改革が叫ばれる昨今、会場は超満員。ここでは、その模様を3回に分けてリポートします。