ワーク・ライフ・バランスはメンタルヘルス対策など健康経営にも重要

ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を適切に保てる労働環境づくりは、事業者がメンタルヘルス対策などの健康経営を推し進める中で重要なポイントのひとつです。従業員の仕事に取り組む姿勢や、メンタルヘルスを健康に保つ上でも大きな影響を与えるものとして注目されています。

健康診断だけでは受けられない?「特定保健指導」とは

40歳以上の健康保険被保険者と被扶養者を対象とし、定期健康診断に腹囲測定などの項目を追加した「生活習慣病予防健診(特定健康診査)」。この結果から、必要だと思われる方に対して、専門スタッフが毎年計画的に支援を行うことを「特定保健指導」といいます。ここでは、特定保健指導について詳しくお伝えします。

料金も違う? 生活習慣病予防健診と定期健康診断の違い

企業に常勤している方の多くは、毎年、勤務先が料金を負担する形で「定期健康診断(定期健診)」を受けているのではないでしょうか。一方最近では、35歳以上の方が対象となる「生活習慣病予防健診(特定健康診査)」という健康診断も浸透しつつあります。ここでは、この2つの健診の違いについてお伝えします。

生活習慣病の予防法、特定保健指導も活用してヘルスケアを

「ヘルスケアに熱心な人以外は皆予備軍と言われるし、いま健康ならそれほど深刻ではない」などと考えられがちな生活習慣病。特定保健指導を受けるように言われても、なかなか足が向かない人も多いかもしれません。ここでは、そんな生活習慣病の概要と、予防法についてご紹介します。

生活習慣病のヘルスケアを意識した外食とは?特定保健指導も重視

特定保健指導でも食事が重視されている通り、生活習慣病の方や予防したい方にとって、健康的な食事を継続するのは重要なポイント。今回は、外食時の注意点について見てみましょう。

ストレスチェックの流れと手順(厚生労働省 導入ガイド準拠)

ストレスチェック実施をスタートさせるとなれば、まずはおおまかな流れを把握し、ルールを定めなくてはなりません。厚生労働省からは導入マニュアルや質問表などのガイドが提供されています。本記事はそれら資料をもとに、流れや手順をおおまかに理解できるようまとめたものです。