~厚生労働省主催~データヘルス・予防サービス見本市2018開催迫る

最新の健康経営・データヘルスについての事例が満載!「データヘルス・予防サービス見本市2018」とは?

厚生労働省が主催する「データヘルス・予防サービス見本市」は、今年2018年に通算4回目となりました。約40もの政府機関や大学、健康経営に先進的な企業らが「健康経営」や「データヘルス」の取組み事例における様々なセミナー・出展が行われるこのイベントは、さらに進化を遂げた内容で2018年開催を迎えます。

今年は東京と大阪の2都市(昨年は東京と名古屋)を会場とし、みなさまに参加しやすい日程(10・11月)での開催となっております。また、お越し頂く皆様にごゆっくりお楽しみいただけるように、当イベントは定員を定めた「完全予約制(入場無料)」となっております。ご来場いただける方には、昨年は開催前に定員締め切りとなった会場も一部でありましたので、お早めのお申込みをお勧めいたします。

セルメスタは11月の東京会場で出展!

今回の「データヘルス・予防サービス見本市2018」では例年通りの主催者セミナーに加えて「出展者セミナー」を新設。様々な企業や組織が、健康経営とデータヘルスの取り組みに関するテクノロジーや運営方法をご紹介します。

弊社セルメスタでも11月に東京都文京区のプリズムホールで行われる東京会場にて、「出展者セミナー」を開催予定です。健康ポータルサイトのお薬手帳を使ってのジェネリック医薬品への切り替え事例を共有して、健康保険組合様のデータヘルス計画や企業様の健康経営やをサポートします。

<株式会社セルメスタセミナー詳細>
日時・場所:2018年11月20日(火) 15:45~16:30(予定) 東京会場:プリズムホール
タイトル:お薬手帳によるジェネリック切替・健保事例
内容:医療費抑制策として定着しているジェネリック切替事業。既存のジェネリック切替事業の追加施策として、健康ポータルサイト「健やか」のコンテンツおくすり手帳を活用したサービスです。
スマホによる薬局予約サービスと連携した、ひかり健康保険組合のジェネリック切替事業の取組みについてご紹介いたします。

弊社運営サイト「健康経営の広場」にて、限定イベントの主催者セミナーをレポート配信します

そして、今ご覧頂いている弊社サイト「健康経営の広場」において、厚生労働省や経済産業省が中心で行われる「主催者セミナー」の様子を順次レポート予定です。既に主催者セミナーは事前予約で埋まっている大変貴重なセミナーとなります。

残念ながら予約できなかった方や会場に足が運べない方、もう一度セミナーを復習したい方に、字面にてゆっくりとご覧いただける機会です。御社の健康経営やデータヘルスに必ず役に立つこのチャンスをぜひお見逃し無く!