ご好評につき追加開催決定! 来場者特典付 長湯Revivingプログラム発表会

ストレスは万病の元?

現代社会において、避けて通れない問題が「ストレス」です。特に社会人は、仕事のプレッシャー、家庭のプレッシャー、人間関係など、あらゆるストレス環境の中で生きています。ストレス自体は悪いものではありませんが、多すぎるストレスはもちろん良くありません。

では、ストレスを抱えすぎると何が問題なのでしょうか?実は、ストレスによって分泌される「コルチゾール」という物質が交感神経を高めてしまい、体が緊張状態になることで血流を悪くします。さらに血流悪化によって酸素やエネルギーの供給が上手くいかず、”体温低下”となり、そして身体機能自体の低下へ繋がっていきます。

たとえば、体温が1度低下すると免疫力は約4割落ちると言われ、約1.7倍も病気などになりやすくなります。また、大病でよくイメージされる「癌(ガン)」は、低体温の方がなりやすいことがわかっています。

慢性疲労によりミスが倍増!健康的な体づくりは業務効率につながる

実際に、ストレスによって大病を患う方はそう多くはないかもしれません。しかし、日常的な疲労を感じている方はとても多いのが現実です。20~60代の男女1,000人に行ったアンケートによると、「今、疲れていると感じるか」という問いに対して、「非常にあてはまる」もしくは「ややあてはまる」と答えた方が男性で76.0%、女性では85.4%という結果になりました。

また、養命酒製造株式会社が行った日常の”ミス”や”イライラ”に対するアンケートによれば、日常的に疲れを感じている「慢性疲労状態」の方は、健康な方に比べて約2.6倍もミスが多いという結果も出ています。

こういった日々の疲れも、体温を上げることによって軽減されます。健康的な体づくりや、ミスを減らす対策としても、基礎体温を上げることは重要であると言えます。

「入浴」という日本ので習慣で、健康的な体づくりができる

さきほども言ったように、免疫力を高め、疲労度を軽減するためには体温を上げるのが効果的です。しかし、一朝一夕で改善するようなものではなく、継続的なアプローチが必要となります。そこで、日本の伝統的な習慣である「入浴」という方法でアプローチできるプログラムをご用意しました。

その名も「長湯Revivingプログラム」。日本一の炭酸泉 長湯温泉では、2019年4月厚生労働省認定予定の「温泉利用型健康増進施設」クアパーク長湯がプレオープンします。このクアパーク長湯はクアハウス、レストラン、ホテル、ホテルアネックスの4施設から構成されています。

長湯温泉から「重炭酸温浴法」という方法を発信し、自然療法で免疫力の高い健康体を実現します。
さらに、一度学べば自宅で継続していただけるプログラムとなっていますので、非常に取り組みやすいプログラムとなっています。

今回はこのプロジェクトの立ち上げとなる発表会へのご案内で、ご来場者には長湯温泉の重炭酸をご家庭のお風呂でも楽しめる「長湯ホットタブ」がもれなくプレゼント!

さらに、アンケートにお答えいただいた事業主、健保組合様から抽選でクアパーク長湯の無料宿泊券がプレゼントされる特典をご用意いたしました。

社員や組合員の健康を促進し、業務効率改善をアップさせる健康経営、保健事業を実現するチャンスです。この機会をぜひお見逃しなく!

「長湯Revivingプログラム」発表会

日時:
2019年4月22日(月)
①13:30~15:00
②15:30~17:00

参加特典!
□ご来場者にもれなく長湯ホットタブ(10錠)をプレゼント
□アンケートにお答えいただいた事業主、健保組合様から抽選(2回の発表会で合計10名様)でクアパーク長湯の無料宿泊券をプレゼント!

プログラム:
□【講演】重炭酸温浴の効果について 鶴見大学 病理学講座教授 斎藤一郎先生
□長湯Revivingプログラムとは
□2019年4月厚生労働省認定予定の「温泉利用型健康増進施設」クアパーク長湯について

会場:ホテルニューオータニ 紀尾井フォーラム
東京都千代田区紀尾井町4-1ニューオータニガーデンコート1階

主催:一般社団法人重炭酸温浴健康普及促進協会
お申し込み窓口:
株式会社セルメスタ セミナー事務局
電話 03-3626-6565(平日9:00~17:00)
メール horaku60002@selmesta.co.jp