累計10万部超、糖質制限は間違い!人気著者による「食育セミナー」動画紹介

累計10万部超、糖質制限は間違い!人気著者による「食育セミナー」動画紹介

2018年7月、健康経営の一環として都内で行われた企業の従業員向け食育セミナー。食育というと親子の農業体験などをイメージしがちですが、糖質制限など日本の大人が間違った食事の知識に汚染されているのが現状。また、一般的に運動習慣のある人は4人にひとり。健康経営で運動に取り組もうとしても、運動習慣のない方にはかなりのハードル。一方で、食事は毎日だれもが必ずおこなうもの。みんなで取組める健康経営として、「お腹からやせる食べ方」など累計10万部以上の人気著者 柏原ゆきよ氏がセミナー講師として登壇しました。


1.社内向け食育セミナーの動画紹介

「お腹からやせる食べ方」など累計10万部以上の人気著者である柏原ゆきよは、現代の日本の食生活は糖質制限など間違った情報に汚染されていて非常に危険な状態といいます。同氏は、このような間違った食生活を改める方法として、日本型食生活の実践を一般社団法人 日本健康食育協会の代表理事として普及活動をおこなっています。

今回は、食育セミナー「セルメスタ 社員元氣プロジェクト~健康経営で社会が変わる!~」には、株式会社セルメスタの社員を中心に、総勢約50名の方にご参加いただきました。グループワークも取り入れ、非常に和やかなムードの中、参加者一人一人が主体的に食生活について考えてくださいました。

↓↓食育セミナーのレポートをチェック!↓↓

講演の依頼などのご依頼はこちら

<企業データ>

会社名:一般社団法人 日本健康食育協会
所在地:〒160-0006 東京都新宿区舟町8-2 石橋興業舟町ビル3階
代表理事:柏原ゆきよ

プロフィール
 一般社団法人日本健康食育協会代表理事
 一般社団法人食アスリート協会副代表理事。
 一般社団法人日本こども成育協会 アドバイザー
 管理栄養士

20年以上にわたり、「健康」と「食」をテーマに様々な業界にて研鑽を積む。
スーパーマーケット、食品製造業、外食産業、配食事業、教育事業、フィットネス事業、
美容エステ店舗開発と経営、地域医療と介護事業、企業の健康管理、歯科・薬局・ドラッグストア、
サプリメント業界、機能性食品素材開発、通販事業などにおいて、商品・サービスの企画、事業コンサルティング、新規事業やベンチャー企業立ち上げを経験。
どの分野においても「健康」と「食」が、企業成長の核となっている事に着目する一方、
管理栄養士として4万人以上の食のサポートから独自の健康理論を提唱。
人々を健康に導く為のビジネスモデルを確立し、全国で講演活動なども行う。

2007年に独立後、株式会社2社、一般社団法人4団体の創業に携わり、
複数社の顧問やアドバイザーを歴任。
2008年より定食チェーン大戸屋にて、食育プロジェクトを国内外にてスタート。
社員の意識改革から商品展開、CSR活動を連動させた健康ブランディングにて、
企業風土の醸成、健康提案企業としてのイメージ構築、
さらには顧客層の変化をもたらし、業績向上に貢献。
現在は、講演活動、企業の顧問やアドバイザーの他、
健康ビジネスを成功に導く人材の育成にも力を注いでいる。

<代理店情報>

一般社団法人日本健康食育協会、柏原ゆきよ氏による「食育セミナー」、「食実践スクール」などのお問い合わせは以下によろしくお願いします。

代理店名:株式会社 セルメスタ メディア事務局
TEL:03-3626-6510(9:00~17:00 土日祝除く)
所在地:〒130-8671 東京都墨田区石原4丁目25番12号

講演などのご依頼はこちら

関連する投稿


各エキスパートの知見と経験が交わり、健康経営のこれからが見えてきた!

各エキスパートの知見と経験が交わり、健康経営のこれからが見えてきた!

【『健康経営の広場』コミュニティ化プロジェクト キックオフ作戦ダイアログ[2019年8月6日(火) @渋谷]取材レポート】//第二回目となった今回は、健康経営の実践者、ソリューションを提供するエキスパート、情報や人材のネットワークを集約させるプラットフォーマーという各分野から選りすぐりのメンバーが参加。少数精鋭となったが、それだけにより濃密に、より踏み込んだ熱いダイアログ(対話)が展開された。


満員御礼!健康関数シンポジウムin東京 レポート

満員御礼!健康関数シンポジウムin東京 レポート

理化学研究所が中核機関となって主催された2019年4月22日に開催された健康関数シンポジウムは定員450名の大箱にもかかわらず、スグに満員締切りとなった大人気のシンポジウムです。健康経営の広場ではこのシンポジウムのプログラムを3本のダイジェスト記事でご紹介いたします。


時間が不規則な出版業でも健康経営を実現。 ユニークなアイデアと根気が成功の鍵。

時間が不規則な出版業でも健康経営を実現。 ユニークなアイデアと根気が成功の鍵。

2017年、2018年と2年連続で健康経営優良法人(中小規模法人部門)に認定された株式会社テニテオ。仕事柄どうしても働く時間が不規則になり、残業も多い出版やイベント業界において、自己主張の強い社員たちをいかにしてまとめ、健康経営を推進していったのでしょうか。ご担当者3名にお話を伺いました。 (インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和)


大阪開催!無料データヘルス/健康経営対策セミナーの開催(8/7)

大阪開催!無料データヘルス/健康経営対策セミナーの開催(8/7)

3月8日に東京で開催され100名以上の方々にご来場いただいたこのセミナー。 ご来場者の方々から高評価をいただけたため、大阪でも開催することにいたしました。 健保組合、事業所人事ご担当者向けのデータヘルス計画や健康経営の課題解決や 従業員の健康管理に役だつセミナーを開催します。 セミナーの内容は成果のでる保健指導、ウォーキング、睡眠改善、それぞれの専門家からの講演となります。


各分野のフロントランナーが集結 今、健康経営がリアルに動き出す

各分野のフロントランナーが集結 今、健康経営がリアルに動き出す

『健康経営の広場』コミュニティ化プロジェクト キックオフ作戦ダイアログ[2019年6月25日(火) @神谷町]取材レポート 健康経営を推進する企業経営者や担当者、健保組合の方はもちろん、食の専門家、ヨガ・瞑想講師、保養施設の運営者、産業医、コンサルタントなど第一線で活躍するメンバー20名以上が集まって開催された『健康経営の広場』コミュニティ化プロジェクト キックオフ作戦ダイアログ。健康経営が官主導のものから民間主導に移り、よりリアルなものへと進化を遂げようとする今、まさにキックオフに相応しい集いとなりました。


最新の投稿


各エキスパートの知見と経験が交わり、健康経営のこれからが見えてきた!

各エキスパートの知見と経験が交わり、健康経営のこれからが見えてきた!

【『健康経営の広場』コミュニティ化プロジェクト キックオフ作戦ダイアログ[2019年8月6日(火) @渋谷]取材レポート】//第二回目となった今回は、健康経営の実践者、ソリューションを提供するエキスパート、情報や人材のネットワークを集約させるプラットフォーマーという各分野から選りすぐりのメンバーが参加。少数精鋭となったが、それだけにより濃密に、より踏み込んだ熱いダイアログ(対話)が展開された。


満員御礼!健康関数シンポジウムin東京 レポート

満員御礼!健康関数シンポジウムin東京 レポート

理化学研究所が中核機関となって主催された2019年4月22日に開催された健康関数シンポジウムは定員450名の大箱にもかかわらず、スグに満員締切りとなった大人気のシンポジウムです。健康経営の広場ではこのシンポジウムのプログラムを3本のダイジェスト記事でご紹介いたします。


個人の健康度を可視化できる「健康関数」、事業化への期待と課題

個人の健康度を可視化できる「健康関数」、事業化への期待と課題

個人の健康の最大化を目標に、神戸のポートアイランドで展開する「健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス」。理化学研究所や地元自治体、研究機関を中心に、市民も協力、さらに全国から多数の企業が参加し、ヘルスケアの新しいムーブメントを起こしつつあります。その中核技術が個人の健康度を可視化する「健康関数」です。去る4月22日に「健康関数シンポジウム in東京」が開催されました。働き方改革が叫ばれる今、会場は超満員。ここでは、その模様を3回に分けてリポートします。


「健康関数」を支えるセンサー。非接触、非侵襲で未病状態を判定

「健康関数」を支えるセンサー。非接触、非侵襲で未病状態を判定

個人の健康の最大化を目標に、神戸のポートアイランドで展開する「健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス」。理化学研究所や地元自治体、研究機関を中心に、市民も協力、さらに全国から多数の企業が参加し、ヘルスケアの新しいムーブメントを起こしつつあります。その中核技術が個人の健康度を可視化する「健康関数」です。去る4月22日に「健康関数シンポジウム in東京」が開催されました。働き方改革が叫ばれる昨今、会場は超満員。ここでは、その模様を3回に分けてリポートします。


「健康関数」で個人の健康度を可視化し、健康寿命を最大化する

「健康関数」で個人の健康度を可視化し、健康寿命を最大化する

個人の健康の最大化を目標に、神戸のポートアイランドで展開する「健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス」。理化学研究所や地元自治体、研究機関を中心に、市民も協力、さらに全国から多数の企業が参加し、ヘルスケアの新しいムーブメントを起こしつつあります。その中核技術が個人の健康度を可視化する「健康関数」です。去る4月22日に「健康関数シンポジウム in東京」が開催されました。働き方改革が叫ばれる昨今、会場は超満員。ここでは、その模様を3回に分けてリポートします。