残業に関する記事


働き方改革!残業を減らし、労働時間を短縮するポイントとは?

働き方改革!残業を減らし、労働時間を短縮するポイントとは?

残業など時間外労働の多重による、従業員への過度な負担が社会問題となっています。過労による健康被害や過労死を防ぐためには、必要以上の残業をしない風土をつくる、働き方改革が急務です。ノー残業デーの実施や、業務効率にかかる評価のプライオリティを上げるなど、労働時間を短縮する仕組みを増やして行きましょう。


労働時間削減の取り組み〜働き方改革で過度の残業をなくす

労働時間削減の取り組み〜働き方改革で過度の残業をなくす

家庭を顧みず仕事に没頭し、長時間残業するのが当たり前の時代はもはや過去となり、現代では、仕事と家庭をバランス良く調和させる「ワークライフバランス」を推進させようという動きが強まっています。ここでは、働き方改革で過度の残業をなくす取り組みのポイントについてご紹介します。