こころの健診

こころの健診

メンタルヘルスやストレスなどに関する情報をお届けします。

こころの健診に関連するキーワード

ストレスチェック メンタルヘルス 職場 精神疾患 心の病気 厚生労働省 ストレス 資格 カウンセラー 鬱病
>>こころの健診に関連するキーワード一覧

こころの健診の記事一覧

職場のメンタルヘルス 管理職・管理監督者の役割とは?

職場のメンタルヘルス 管理職・管理監督者の役割とは?

昨今、安全配慮義務が指し示す“配慮すべき安全”は、メンタルヘルスも含まれるという考え方が主流になりました。また、職場のラインケアの要として、管理職・管理監督者は日常的に部下の状態を把握しておく必要があります。このように職場のメンタルヘルスケアにおける、管理職・管理監督者の役割は重要です。


ラインケアにおける管理監督者の役割:職場のメンタルヘルス対策

ラインケアにおける管理監督者の役割:職場のメンタルヘルス対策

ラインによるケアとは、職場における管理監督者による下位者へのメンタルヘルスケアです。部下の変化に気づき、不調を早期に発見し、相談を受け、必要に応じて専門家へつなげる役割が、管理監督者には求められています。また、職場のストレス要因を把握して、職場環境を改善していくことも管理監督者の重要な役割です。


統合失調症とは メンタルヘルス(精神疾患)の用語集

統合失調症とは メンタルヘルス(精神疾患)の用語集

統合失調症とは、心や考えがまとまりを欠いた状態になるメンタルヘルス疾患(精神疾患)です。自分の悪口が聞こえるといった「幻覚」や、いやがらせをされていると思い込むといった「妄想」など、特徴的な症状があります。薬や治療法の開発が進み、今では多くの人が長期的回復を期待できるようになっています。


社交不安症(SAD)とは メンタルヘルス(心の病気)の用語集

社交不安症(SAD)とは メンタルヘルス(心の病気)の用語集

社交不安症は、人前で恥ずかしい思いをすることなどを極度に恐れ、そのような状況を避けるあまり社会生活が著しく障害される心の病気(メンタルヘルス疾患)です。適切な治療を受けることで比較的簡単に改善する病気ですから、疑いがあるようなら早めに精神神経科や心療内科を受診することが肝要です。


強迫性障害(OCD)とは メンタルヘルス(心の病気)の用語集

強迫性障害(OCD)とは メンタルヘルス(心の病気)の用語集

強迫性障害は、不合理だと分かっているのに、ある考えが頭から拭えない、手洗いや戸締まりを何度も繰り返すなどの症状が出る心の病気(メンタルヘルス疾患)です。原因は不明ですが誰もがなりうる病気であり、薬物療法と認知行動療法で改善することが分かっています。


摂食障害とは メンタルヘルス(心の病気)の用語集

摂食障害とは メンタルヘルス(心の病気)の用語集

摂食障害は食事を拒む「拒食」、極端に大量の食物をとる「過食」に大別される心の病気(メンタルヘルス疾患)です。身体的要因と精神的要因が密接に関係し、体重が増えることの恐怖、自分には価値がないと思い込むなどの心理的要因から重篤な食行動の異常が出現します。低栄養がさまざまな不調につながり、死に至ることもある病気です。


ストレスチェックにおける、勘違いしやすいポイント・方法

ストレスチェックにおける、勘違いしやすいポイント・方法

「ストレスチェック制度」が施行されましたが、その概要や方法については曖昧な理解で留まっていることが多いようです。なかでも、「ストレスチェックの対象者範囲」や、「ストレスチェックはうつ病チェックではないこと」など、誤解されがちな点についてまとめました。


職場のメンタルヘルス対策 ストレスチェックの検査項目3領域とは

職場のメンタルヘルス対策 ストレスチェックの検査項目3領域とは

メンタルヘルス不調の一次予防を目的として行われるストレスチェックは、厚生労働省が提供する調査票を利用するのが一般的です。独自で作成する場合も、必ず法定の3領域が検査項目に含まれていなくてはなりません。ストレスチェックに必要なこの3領域について、それぞれの役割を解説します。


ストレスチェックの流れと手順(厚生労働省 導入ガイド準拠)

ストレスチェックの流れと手順(厚生労働省 導入ガイド準拠)

ストレスチェック実施をスタートさせるとなれば、まずはおおまかな流れを把握し、ルールを定めなくてはなりません。厚生労働省からは導入マニュアルや質問表などのガイドが提供されています。本記事はそれら資料をもとに、流れや手順をおおまかに理解できるようまとめたものです。


義務化された「ストレスチェック制度」とは?

義務化された「ストレスチェック制度」とは?

平成27年12月1日から従業員の「ストレスチェック制度」が施行され、これにより従業員数50人以上の事業場ではストレスチェックの実施が義務化しました。本記事はストレスチェック制度の大まかな理解を助けるため、概要、流れ、質問票や結果の例など、ストレスチェックの概要をまとめたものです。