健康診断に関する記事


健康診断だけでは受けられない?「特定保健指導」とは

健康診断だけでは受けられない?「特定保健指導」とは

40歳以上の健康保険被保険者と被扶養者を対象とし、定期健康診断に腹囲測定などの項目を追加した「生活習慣病予防健診(特定健康診査)」。この結果から、必要だと思われる方に対して、専門スタッフが毎年計画的に支援を行うことを「特定保健指導」といいます。ここでは、特定保健指導について詳しくお伝えします。


料金も違う? 生活習慣病予防健診と定期健康診断の違い

料金も違う? 生活習慣病予防健診と定期健康診断の違い

企業に常勤している方の多くは、毎年、勤務先が料金を負担する形で「定期健康診断(定期健診)」を受けているのではないでしょうか。一方最近では、35歳以上の方が対象となる「生活習慣病予防健診(特定健康診査)」という健康診断も浸透しつつあります。ここでは、この2つの健診の違いについてお伝えします。


健康診断や定期検診、人間ドックの結果に要注意! 生活習慣病とは

健康診断や定期検診、人間ドックの結果に要注意! 生活習慣病とは

健康診断や定期検診、人間ドックの結果などで、よく目にする生活習慣病とは、いったいどのような病気を指すものなのでしょうか。ここでは、生活習慣病の定義や主な疾患について説明し、さらに普段の生活で心がけておきたい予防対策などについてもお伝えします。


健康診断だけでは足りない? 生活習慣病予防と定期検診

健康診断だけでは足りない? 生活習慣病予防と定期検診

「健康診断は毎年受けているから大丈夫」と考えている方、生活習慣病に特化した定期検診は、きちんと毎年受けているでしょうか? ここでは、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診で、生活習慣病の発見や予防に役立つ「生活習慣病予防検診(特定健康診査)」についてお伝えします。