「健康経営®」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です。健康経営の広場の運営企業である株式会社セルメスタは同NPOの賛助会員です。

健康経営の取り組みの記事一覧

ワークスタイル変革で従業員のロイヤルティ・生産性向上を目指す

ワークスタイル変革で従業員のロイヤルティ・生産性向上を目指す

企業経営においてワークスタイル変革でワーク・ライフ・バランスを向上させることと、従業員のロイヤルティ・生産性向上を図ることは相反関係にあると思われがちです。しかし、これらは決して相反することがらではなく、車の両輪のように相乗効果が望めるものなのです。


働き方改革、ホワイト企業の源流は?ワーク・ライフ・バランス史

働き方改革、ホワイト企業の源流は?ワーク・ライフ・バランス史

働き方改革、ホワイト企業化など、労働環境の未来へ向けた新しい取り組みが注目されていますが、これらを成功させるためにも、これまでの労働環境を取り巻く状況や、改善へ向けた歩みを学んでおくことは重要です。ワーク・ライフ・バランス史は、自社の働き方を見直す重要なきっかけとなるでしょう。


ワーク・ライフ・バランス・働き改革で生産性向上 企業側のメリット

ワーク・ライフ・バランス・働き改革で生産性向上 企業側のメリット

企業の働き方改革の上で、ワーク・ライフ・バランスの向上は欠かせない取り組みです。しかしその一方で、生活を優先しては生産性向上が望めないのではないかという誤解が、推進を妨げてもいます。実際のところワーク・ライフ・バランスの向上は、従業員にとっても企業にとってもさまざまなメリットがあるのです。


ワーク・ライフ・バランスが注目される背景 ホワイト企業を目指して

ワーク・ライフ・バランスが注目される背景 ホワイト企業を目指して

ワーク・ライフ・バランスの向上、それにともなうワークスタイル改革やホワイト企業化など、近年になってさまざまなキーワードが注目されています。その背景には生き方の多様化、男女格差、少子化、超高齢化など、日本の社会構造の大きな変化があり、官民が一体となって取り組むべき課題となっています。


働き方改革のサポートに!健康経営アドバイザー制度とは

働き方改革のサポートに!健康経営アドバイザー制度とは

健康経営アドバイザー制度とは、専門家による取得を想定した資格と、その有資格者を企業に派遣するシステムからなる制度です。企業の働き方改革をサポートする役目として期待を寄せられています。専門家のアドバイスやサポートを受けて自社の働き方改革にいかしていきましょう。


健康経営でホワイト企業宣言! 「健康企業宣言」とは?

健康経営でホワイト企業宣言! 「健康企業宣言」とは?

健康企業宣言とは、従業員の健康作りに取り組む企業が宣言を行い、認定されることで名乗ることができる制度です。健康経営をこころざし、ホワイト企業化を目指す企業であれば、ぜひ認定を目指したところです。この記事では、主に東京都の場合を例にとった健康企業宣言の内容と、認定の申請手順についてお伝えします。


健康経営、ホワイト企業に必須! 事業者の健康配慮義務とは?

健康経営、ホワイト企業に必須! 事業者の健康配慮義務とは?

健康経営に積極的に取り組み、ホワイト企業化を目指す企業であればぜひ押さえておきたいのが使用者の「健康配慮義務(安全配慮義務)」です。ここでの健康とはこころの健康も含まれ、労働安全衛生法第三条と労働契約法第五条には、労働者を守る義務とその内容について詳細な記載がされています。


オフィスポの背景と効果 働き方改革、ホワイト企業化の取り組み

オフィスポの背景と効果 働き方改革、ホワイト企業化の取り組み

主に業務のスキマ時間を利用して軽い運動をするオフィスポは、昨今の働き方改革やホワイト企業化へ向けて行われている、さまざまな取り組みのひとつ。運動不足解消のみならず、心のリフレッシュや、社内のコミュニケーション活性化など、さまざまなねらいで実施されています。


ダブルケアとワーク・ライフ・バランス 働き方改革で生産性向上!

ダブルケアとワーク・ライフ・バランス 働き方改革で生産性向上!

ダブルケアとは、育児と介護という2つのケアを同じ人が同時期に行うことを指します。ケアを引き受ける人の負担が非常に大きくなるため、働き方改革による生産性向上など、企業側からの対策も求められています。ここでは、ダブルケアの問題点と、解決策として注目されているワーク・ライフ・バランスについて紹介します。


介護支援のポイントとは?福利厚生制度の充実や補助金・助成金利用を

介護支援のポイントとは?福利厚生制度の充実や補助金・助成金利用を

「企業から社員への介護支援」と聞くと、介護離職を防ぐため、企業へ一方的に負担を強いるイメージかもしれませんが、決してそうではありません。補助金・助成金制度なども上手く利用して、企業と従業員、お互いの負担がなるべく少なくなるように福利厚生制度などを利用し、環境を整えていくのが重要です。


女性活躍や働き方改革の基礎知識!休業制度の種類を知ろう

女性活躍や働き方改革の基礎知識!休業制度の種類を知ろう

女性活躍が当たり前の社会とするために、また男性も育児や家事に参加できるよう、働き方改革の一環で休業制度運用の見直しが進められています。ここでは女性活躍を促進するための休業制度を説明しています。多くの人が自分に合ったワークライフバランスを取れるようになるために、休業制度の違いを知っておきましょう。


労働時間削減の取り組み〜働き方改革で過度の残業をなくす

労働時間削減の取り組み〜働き方改革で過度の残業をなくす

家庭を顧みず仕事に没頭し、長時間残業するのが当たり前の時代はもはや過去となり、現代では、仕事と家庭をバランス良く調和させる「ワークライフバランス」を推進させようという動きが強まっています。ここでは、働き方改革で過度の残業をなくす取り組みのポイントについてご紹介します。


働き方改革!残業を減らし、労働時間を短縮するポイントとは?

働き方改革!残業を減らし、労働時間を短縮するポイントとは?

残業など時間外労働の多重による、従業員への過度な負担が社会問題となっています。過労による健康被害や過労死を防ぐためには、必要以上の残業をしない風土をつくる、働き方改革が急務です。ノー残業デーの実施や、業務効率にかかる評価のプライオリティを上げるなど、労働時間を短縮する仕組みを増やして行きましょう。


両立支援等助成金:介護離職防止支援コースとは 福利厚生制度でサポート

両立支援等助成金:介護離職防止支援コースとは 福利厚生制度でサポート

最近では、企業への助成金や補助金を活用した支援制度などが充実してきました。介護支援の分野でも、厚生労働省から企業へ支給され、企業は働く人たちへの福利厚生制度を整えるために利用できる助成金があります。ここではその「両立支援等助成金」の「介護離職防止支援コース」について見ていきましょう。


ワークスタイル変革でホワイト企業に!有給休暇取得促進のカギ

ワークスタイル変革でホワイト企業に!有給休暇取得促進のカギ

日本人はとくに休むのが苦手な国民性だと言われますが、今はそれを脱するためのワークスタイル変革、ホワイト企業化が推し進められつつあります。安心して休める職場づくりを実現するには、企業をあげて有給休暇取得率を高める取り組み「有給休暇取得促進」が重要事項のひとつです。


女性活躍をバックアップ! 育児支援はホワイト企業の重要ポイント

女性活躍をバックアップ! 育児支援はホワイト企業の重要ポイント

女性活躍の難しさやブラック企業の横行が叫ばれる中、育児支援はホワイト企業として社会貢献するために欠かせない取り組みとなってきています。ここでは、企業による育児支援のあり方や、具体的な支援内容について、押さえるべきポイントをご紹介していきます。


労働安全衛生について~メンタルヘルスと安全配慮義務の関係

労働安全衛生について~メンタルヘルスと安全配慮義務の関係

労働安全衛生法第三条と労働契約法第五条では、事業者(使用者)は、労働者の健康と安全について配慮しなければならないという義務とその責任(安全配慮義務)について言及しています。もちろん、メンタルヘルスもその対象です。ここでは、安全配慮義務におけるメンタルヘルスの取り扱いについてお伝えします。


アクティブリスニングでワークスタイル変革&生産性向上!

アクティブリスニングでワークスタイル変革&生産性向上!

ワークスタイル変革や生産性向上の具体策として、最近、企業の研修などで取り上げられることが多いアクティブリスニング。もともとはカウンセリングの際に用いるコミュニケーション法の一種で、相手の言葉に進んで耳を傾ける姿勢や態度を示した、聴き方のテクニックです。


ワーク・ライフ・バランスはメンタルヘルス対策など健康経営にも重要

ワーク・ライフ・バランスはメンタルヘルス対策など健康経営にも重要

ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を適切に保てる労働環境づくりは、事業者がメンタルヘルス対策などの健康経営を推し進める中で重要なポイントのひとつです。従業員の仕事に取り組む姿勢や、メンタルヘルスを健康に保つ上でも大きな影響を与えるものとして注目されています。