「健康経営®」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です。健康経営の広場の運営企業である株式会社セルメスタは同NPOの賛助会員です。

最新の投稿


労働時間削減の取り組み〜働き方改革で過度の残業をなくす

労働時間削減の取り組み〜働き方改革で過度の残業をなくす

家庭を顧みず仕事に没頭し、長時間残業するのが当たり前の時代はもはや過去となり、現代では、仕事と家庭をバランス良く調和させる「ワークライフバランス」を推進させようという動きが強まっています。ここでは、働き方改革で過度の残業をなくす取り組みのポイントについてご紹介します。


働き方改革!残業を減らし、労働時間を短縮するポイントとは?

働き方改革!残業を減らし、労働時間を短縮するポイントとは?

残業など時間外労働の多重による、従業員への過度な負担が社会問題となっています。過労による健康被害や過労死を防ぐためには、必要以上の残業をしない風土をつくる、働き方改革が急務です。ノー残業デーの実施や、業務効率にかかる評価のプライオリティを上げるなど、労働時間を短縮する仕組みを増やして行きましょう。


両立支援等助成金:介護離職防止支援コースとは 福利厚生制度でサポート

両立支援等助成金:介護離職防止支援コースとは 福利厚生制度でサポート

最近では、企業への助成金や補助金を活用した支援制度などが充実してきました。介護支援の分野でも、厚生労働省から企業へ支給され、企業は働く人たちへの福利厚生制度を整えるために利用できる助成金があります。ここではその「両立支援等助成金」の「介護離職防止支援コース」について見ていきましょう。


「マインドフルネスセミナー」レポート(セルメスタ熊倉登壇)

「マインドフルネスセミナー」レポート(セルメスタ熊倉登壇)

2017年10月、都内で行われた株式会社ファイブグループ全店舗責任者会議にて、株式会社セルメスタ代表・熊倉利和がセミナー講師として登壇しました。今回は前編・マインドフルネスセミナーの様子をレポートします。


「大人の食育セミナー」レポート(セルメスタ熊倉登壇)

「大人の食育セミナー」レポート(セルメスタ熊倉登壇)

2017年10月、都内で行われた株式会社ファイブグループ全店舗責任者会議にて、株式会社セルメスタ代表・熊倉利和がセミナー講師として登壇。前半では心のコンディションを整える「マインドフルネス」についてお話しました。今回は後編・からだのコンディションを整える食育セミナーの様子をレポートします。


「マインドフルネスセミナー」動画紹介(セルメスタ熊倉登壇)

「マインドフルネスセミナー」動画紹介(セルメスタ熊倉登壇)

2017年10月、都内で行われた株式会社ファイブグループ全店舗責任者会議にて、株式会社セルメスタ代表・熊倉利和がセミナー講師として登壇しました。セミナーの様子を動画でお届けします。


「ホワイト500」認定企業:凸版印刷株式会社 トッパングループ健康保険組合(後編)

「ホワイト500」認定企業:凸版印刷株式会社 トッパングループ健康保険組合(後編)

従業員の健康づくりやヘルスケアビジネスに力を入れている凸版印刷株式会社。人事労政本部で労政部長を務める吉田 竜二さんと、凸版印刷グループ企業78事業所が加入しているトッパングループ健康保険組合のヘルスケアチーム課長を務める梅木 稔さんにお話を伺いました。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


ラインケアにおける管理監督者の役割:職場のメンタルヘルス対策

ラインケアにおける管理監督者の役割:職場のメンタルヘルス対策

ラインによるケアとは、職場における管理監督者による下位者へのメンタルヘルスケアです。部下の変化に気づき、不調を早期に発見し、相談を受け、必要に応じて専門家へつなげる役割が、管理監督者には求められています。また、職場のストレス要因を把握して、職場環境を改善していくことも管理監督者の重要な役割です。


ワークスタイル変革でホワイト企業に!有給休暇取得促進のカギ

ワークスタイル変革でホワイト企業に!有給休暇取得促進のカギ

日本人はとくに休むのが苦手な国民性だと言われますが、今はそれを脱するためのワークスタイル変革、ホワイト企業化が推し進められつつあります。安心して休める職場づくりを実現するには、企業をあげて有給休暇取得率を高める取り組み「有給休暇取得促進」が重要事項のひとつです。


女性活躍をバックアップ! 育児支援はホワイト企業の重要ポイント

女性活躍をバックアップ! 育児支援はホワイト企業の重要ポイント

女性活躍の難しさやブラック企業の横行が叫ばれる中、育児支援はホワイト企業として社会貢献するために欠かせない取り組みとなってきています。ここでは、企業による育児支援のあり方や、具体的な支援内容について、押さえるべきポイントをご紹介していきます。


労働安全衛生について~メンタルヘルスと安全配慮義務の関係

労働安全衛生について~メンタルヘルスと安全配慮義務の関係

労働安全衛生法第三条と労働契約法第五条では、事業者(使用者)は、労働者の健康と安全について配慮しなければならないという義務とその責任(安全配慮義務)について言及しています。もちろん、メンタルヘルスもその対象です。ここでは、安全配慮義務におけるメンタルヘルスの取り扱いについてお伝えします。


アクティブリスニングでワークスタイル変革&生産性向上!

アクティブリスニングでワークスタイル変革&生産性向上!

ワークスタイル変革や生産性向上の具体策として、最近、企業の研修などで取り上げられることが多いアクティブリスニング。もともとはカウンセリングの際に用いるコミュニケーション法の一種で、相手の言葉に進んで耳を傾ける姿勢や態度を示した、聴き方のテクニックです。


ワーク・ライフ・バランスはメンタルヘルス対策など健康経営にも重要

ワーク・ライフ・バランスはメンタルヘルス対策など健康経営にも重要

ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を適切に保てる労働環境づくりは、事業者がメンタルヘルス対策などの健康経営を推し進める中で重要なポイントのひとつです。従業員の仕事に取り組む姿勢や、メンタルヘルスを健康に保つ上でも大きな影響を与えるものとして注目されています。


健康経営インタビュー:凸版印刷株式会社 トッパングループ健康保険組合(前編)

健康経営インタビュー:凸版印刷株式会社 トッパングループ健康保険組合(前編)

従業員の健康づくりやヘルスケアビジネスに力を入れている凸版印刷株式会社。人事労政本部で労政部長を務める吉田 竜二さんと、凸版印刷グループ企業78事業所が加入しているトッパングループ健康保険組合のヘルスケアチーム課長を務める梅木 稔さんにお話を伺いました。インタビュアー:株式会社セルメスタ 代表 熊倉 利和


統合失調症とは メンタルヘルス(精神疾患)の用語集

統合失調症とは メンタルヘルス(精神疾患)の用語集

統合失調症とは、心や考えがまとまりを欠いた状態になるメンタルヘルス疾患(精神疾患)です。自分の悪口が聞こえるといった「幻覚」や、いやがらせをされていると思い込むといった「妄想」など、特徴的な症状があります。薬や治療法の開発が進み、今では多くの人が長期的回復を期待できるようになっています。


強迫性障害(OCD)とは メンタルヘルス(心の病気)の用語集

強迫性障害(OCD)とは メンタルヘルス(心の病気)の用語集

強迫性障害は、不合理だと分かっているのに、ある考えが頭から拭えない、手洗いや戸締まりを何度も繰り返すなどの症状が出る心の病気(メンタルヘルス疾患)です。原因は不明ですが誰もがなりうる病気であり、薬物療法と認知行動療法で改善することが分かっています。


社交不安症(SAD)とは メンタルヘルス(心の病気)の用語集

社交不安症(SAD)とは メンタルヘルス(心の病気)の用語集

社交不安症は、人前で恥ずかしい思いをすることなどを極度に恐れ、そのような状況を避けるあまり社会生活が著しく障害される心の病気(メンタルヘルス疾患)です。適切な治療を受けることで比較的簡単に改善する病気ですから、疑いがあるようなら早めに精神神経科や心療内科を受診することが肝要です。


健康診断だけでは受けられない?「特定保健指導」とは

健康診断だけでは受けられない?「特定保健指導」とは

40歳以上の健康保険被保険者と被扶養者を対象とし、定期健康診断に腹囲測定などの項目を追加した「生活習慣病予防健診(特定健康診査)」。この結果から、必要だと思われる方に対して、専門スタッフが毎年計画的に支援を行うことを「特定保健指導」といいます。ここでは、特定保健指導について詳しくお伝えします。


摂食障害とは メンタルヘルス(心の病気)の用語集

摂食障害とは メンタルヘルス(心の病気)の用語集

摂食障害は食事を拒む「拒食」、極端に大量の食物をとる「過食」に大別される心の病気(メンタルヘルス疾患)です。身体的要因と精神的要因が密接に関係し、体重が増えることの恐怖、自分には価値がないと思い込むなどの心理的要因から重篤な食行動の異常が出現します。低栄養がさまざまな不調につながり、死に至ることもある病気です。


料金も違う? 生活習慣病予防健診と定期健康診断の違い

料金も違う? 生活習慣病予防健診と定期健康診断の違い

企業に常勤している方の多くは、毎年、勤務先が料金を負担する形で「定期健康診断(定期健診)」を受けているのではないでしょうか。一方最近では、35歳以上の方が対象となる「生活習慣病予防健診(特定健康診査)」という健康診断も浸透しつつあります。ここでは、この2つの健診の違いについてお伝えします。